女性ホルモンのバランスが乱れるとどのような症状が出るの?対策は?

1. 女性ホルモンはバランスが大切!

女性ホルモンは、いろいろな種類があります。

それぞれのホルモンが重要な役割を持っており、女性の月経周期や妊娠・出産においてなくてはならないものです。

女性ホルモンは、分泌のバランスが非常に大切です。

どれか1つの分泌量が少なくなると、残りのホルモン分泌にも影響がでることがあります。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

2. 女性ホルモン① エストロゲン

「女性ホルモン」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが「エストロゲン」という人も多いでしょう。

エストロゲンは、女性の月経周期や妊娠・出産、健康、美容などあらゆる面で非常に重要な役割をはたします。

エストロゲンを増やすためのサプリなども数多く販売されており、まさに女性ホルモンの代表格と言っても過言ではありません。

エストロゲンの役割

エストロゲンは、月経周期でいうと「卵胞ホルモン」とも呼ばれます。

卵巣から分泌されるホルモンで、基礎体温でいうと、低温期に分泌されるホルモンです。

エストロゲンは、月経周期において重要な役割をはたします。

  • 卵胞の成長を促す
  • 子宮内膜を厚くする
  • 頸管粘液の分泌を助け、精子が子宮頸管内を通りやすくする
  • 排卵を促す

この作用は、エストロゲンが正常に分泌されることではたらきます。

エストロゲンの分泌が少なくなると、これらのはたらきが悪くなることがあります。

卵胞の成長を促す

エストロゲンは卵胞の成長を促す役割があります。

子宮内膜を厚くする

エストロゲンは、受精卵が着床しやすくするため、子宮内膜を厚くする役割もあります。

子宮頸管粘液を分泌する

子宮頸管は、普段は酸性に保たれています。

排卵日近くになると、アルカリ性の精子が生きやすい環境をととのえるため、アルカリ性の子宮頸管粘液を分泌します。

女性にできる準備。精子が卵子に最も届きやすい環境をつくる潤滑ゼリーとは?

排卵を促す

エストロゲンは、排卵日になると分泌のピークを迎えます。

分泌がピークに達すると、排卵を促す別のホルモン「黄体形成ホルモン」が分泌されます。

エストロゲンは、排卵を促す役割ももっています。

エストロゲンのそのほかの作用とは?

エストロゲンが分泌されると、女性にとって嬉しい作用があります。

エストロゲンは別名「美のホルモン」

エストロゲンは、別名「美のホルモン」と言われています。

これは、エストロゲンに以下のような作用があるからです。

  • 肌がきれいになる
  • 髪がツヤツヤになる
  • 丸みをおびた、女性らしい体つきになる
  • 気分が上向きになり、積極的になる
  • 脳内神経伝達物質(セロトニン)の分泌が多くなり、頭の回転が早くなる

血管や骨が強くなる作用も

エストロゲンには、骨密度の低下を抑えるはたらきがあります。

これにより、骨が強くなる作用があります。

また、血管の収縮を抑えるはたらきもあるため、血液の循環もよくなります。

3. 女性ホルモン② プロゲステロン

プロゲステロンは、エストロゲンと対になるホルモンで、卵巣からされます。

女性の月経周期や妊娠・出産において非常に重要な役割を果たします。

プロゲステロンの分泌のメカニズムは?

排卵の過程

卵子は、卵胞という膜に包まれています。

卵胞は、基礎体温の低温期の時期に、エストロゲンやFSH(卵胞刺激ホルモン)などの影響を受けて徐々に成長していきます。

卵胞の直径が約2cmになると、卵胞をやぶって卵子が飛び出し、卵管にとり込まれます。

これが排卵です。

卵巣に残された卵胞からプロゲステロンが分泌される

排卵後、卵胞は卵巣に残されたままになります。

しかし、残された卵胞はそのまま黄体化します。

黄体化した卵胞から、プロゲステロンが分泌されはじめるのです。

プロゲステロンの役割

プロゲステロンは、月経周期では「黄体ホルモン」とも呼ばれます。

月経周期における黄体ホルモンの作用は、以下の通りです。

  • 子宮内膜を維持する
  • 基礎体温を上げる
  • 妊娠初期の胎児の成長を助ける

プロゲステロンが分泌が少ないと、これらのはたらきが弱まります。

子宮内膜がじゅうぶん維持されないまま生理がきてしまったり、基礎体温が上がりにくくなったります。

また、流産しやすくなることがあります。

子宮内膜を維持する

プロゲステロンは、低温期の時期にエストロゲンによって厚くなった子宮内膜を維持する役割があります。

精子と卵子は卵管で受精し、細胞分裂をくり返しながら子宮へと移動します。

受精から着床までにかかる日数は、約9日間とも言われています。

この間に、受精卵が着床しやすいよう、ふかふかの子宮内膜を維持する必要があるのです。

基礎体温をあげる

プロゲステロンが分泌されると、基礎体温が上がります。

基礎体温では高温期と呼ばれる時期になります。

0.3~0.5℃くらいのわずかな差なので、小数点第二位まではかることができる基礎体温計でしか体温の変化が分かりません。

妊娠初期の胎児の成長を助ける

赤ちゃんに栄養を送る胎盤は、妊娠4か月頃に完成します。

それまでの間、胎児はプロゲステロンに助けられて成長していきます。

4. 女性ホルモン③ 卵胞刺激ホルモン

体内には「性腺刺激ホルモン」という、精巣や卵巣に刺激を与え、卵子や精子の発育を促したり、調整するためのホルモンがあります。

この性腺刺激ホルモンの一種に、卵胞刺激ホルモンがあります。

卵胞刺激ホルモンは、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌を受け、脳の下垂体から分泌されます。

卵胞刺激ホルモンの役割とは?

卵胞刺激ホルモンの役割は、その名の通り卵胞の成熟を促すことです。

また、エストロゲンの分泌を促進する作用もあります。

卵胞刺激ホルモン値が低い場合は?

卵胞刺激ホルモンの数値が低い場合、様々な症状があらわれます。

無月経

無月経とは、月経周期が90日以上の場合をさします。

卵胞刺激ホルモンの値が低いと、卵胞が育ちにくくなるため、月経周期も長くなる傾向にあります。

高プロラクチン血症

プロラクチンとは、産後に多く分泌されるホルモンで、母乳の分泌を促進するはたらきがあります。

プロラクチンが多く分泌されている間は、エストロゲンや性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられます。

高プロラクチン血症とは、産後でない時期でもプロラクチンが多く分泌されている状態です。

卵胞刺激ホルモンが高い場合は?

卵巣の機能が弱っていると、卵胞刺激ホルモンを多く分泌して卵胞を成熟させようとします。

卵胞刺激ホルモンの値が高いということは、卵巣が弱まり、排卵に影響が出ており不妊の原因になることがあるのです。

こうした症状は、更年期の女性に多くみられますが、最近は30~40代の若い女性にもみられることが分かってきました。

卵胞刺激ホルモンの値が高い場合、以下のような症状があらわれることがあります。

  • 早期閉経
  • 卵巣機能の低下
  • 排卵障害

5. 女性ホルモン④ 黄体形成ホルモン

黄体形成ホルモンは、性腺刺激ホルモンのひとつで脳の下垂体から分泌されます。

黄体形成ホルモンの役割とは?

黄体形成ホルモンは、排卵を促し、卵胞を黄体化する作用があります。

また、プロゲステロンが分泌を促進する作用もあります。

黄体形成ホルモンの値が低い場合は?

黄体形成ホルモンの分泌が低い場合、以下のような症状があらわれることがあります。

  • 無月経
  • 高プロラクチン血症

黄体形成ホルモンの値が高い場合は?

黄体形成ホルモンの値が高い場合、排卵障害の可能性があります。

多嚢胞性卵巣症候群

卵巣内に小さな卵胞がいくつもできてしまい、どれも育ち切らずに排卵されない病気です。

卵胞が育ちにくくなる

卵胞が育ちにくくなると、卵子の質が低下したり、排卵がうまくおこなわれないことがあります。

6. 女性ホルモン⑤ 性腺刺激ホルモン放出ホルモン

性腺刺激ホルモン放出ホルモンとは、視床下部から分泌されるホルモンです。

性腺刺激ホルモン放出ホルモンの役割は?

脳の下垂体からゴナドトロピン(卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン)の分泌を促します。

性腺刺激ホルモン放出ホルモンがうまく分泌されないとどうなる?

性腺刺激ホルモン放出ホルモンは、すべての女性ホルモンをコントロールしていると言えます。

女性ホルモンの分泌の順序は?

まず、視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、脳の下垂体に「卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンを分泌せよ」と命令が下されます。

卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンが脳の下垂体から分泌されると、次に卵巣が反応します。

最後に、卵巣からエストロゲンやプロゲステロンが分泌されるのです。

性腺刺激ホルモン放出ホルモンはとても大切!

性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌が少なくなると、その他の女性ホルモンの分泌がうまくいかなくなります。

その結果、月経に異常が出たり、妊娠しにくくなってしまいます。

7. 女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなるの?

これまで述べたように、女性ホルモンはさまざまな種類があり、すべてのホルモンがバランスよく分泌されることで成り立っています。

女性ホルモンのバランスが崩れると様々な症状があらわれることがあります。

月経異常になる

女性ホルモンバランスが崩れると、まず影響が出るのは月経です。

無月経、稀発月経

月経周期が38日以上と長い場合をさします。

頻発月経

月経周期が24日以内と短い場合をさします。

無排卵

月経があるのに、排卵されていない状態です。

不妊の原因になる

女性ホルモンのバランスが崩れると、卵胞の成熟や排卵、着床がうまくいかなくなります。

これにより、不妊の原因になることがあります。

体調が悪くなる

女性ホルモンは、バランスを保つことで女性の健康を維持しています。

バランスが崩れてしまうと、さまざまな体調不良を起こすことがあります。

8. 女性ホルモンのバランスが崩れたときの対策は?

女性ホルモンのバランスが崩れたときは、まず生活習慣を見直してみましょう。/p>

特にストレスは厳禁です。

症状が改善されない場合は、婦人科を受診しましょう。

生活習慣の見直し

バランスのとれた栄養

ホルモンバランスをととのえるには、バランスのとれた食事をとることが大切です。

1日三食しっかりと食べ、たんぱく質やビタミン、ミネラルをしっかりとるようにしましょう。

早寝早起きをする

夜更かしや睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが乱れる原因になることがあります。

遅くとも0時には就寝し、朝はできるだけ早起きを心がけましょう。

適度な運動をする

運動をすると、体内の血流がアップします。

血流がアップすることで、脳や卵巣、子宮などに血液がじゅうぶんにいきわたり、ホルモンの分泌がうまくいくようになります。

ストレスをためない

脳の視床下部は、ストレスに非常に弱い器官です。

ストレスの影響をダイレクトに受けてしまうと、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌がうまくいかなくなります。

これにより、すべての女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因になります。

ストレスはその日のうちに解消するようにしましょう。

婦人科を受診する

生活習慣やストレス解消をしても、月経異常や不妊症などの症状が改善されない場合は、婦人科を受診しましょう。

ホルモン補充療法をすることで、症状が改善することがあります。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る