胃食道逆流症の治療ってどうするの?治療の期間・費用・薬は?

1. 胃食道逆流症ってどんな病気?

胃から食道に逆流する

胃食道逆流症とは、食道から胃に入った内容物や胃酸が、食道または口の中に戻ってしまう病気です。

胃が十分に発達していない赤ちゃんだけでなく、14歳以下の小児もかかりやすいといわれています。

胃食道逆流症の原因

赤ちゃんが胃食道逆流症を発症する原因は、胃から食道への逆流を防いでくれる、食道括約筋が未熟なことです。

小児に発症する原因としては、胃や食道の動きが悪いこと、肥満などで腹圧が上昇すること、食べ過ぎたこと、ストレスや食事で胃酸が増えたことなどがあげられます。

2. 胃食道逆流症の治療法は?

乳児は経過観察が基本

授乳中の赤ちゃんに胃食道逆流症がみられたときには、授乳する姿勢や授乳後のゲップについてアドバイスされるだけで、特に治療は行わないことが多いです。

粉ミルクを飲んでいる場合、とろみをつけて飲ませるだけで、吐く回数が減ることもあります。

幼児の治療

幼児の場合は、夜中に逆流が起こらないように、寝かせるときに頭を15cmほど高くすることを勧められます。

就寝時間の2~3時間前からものは食べさせない、炭酸飲料やカフェイン入りの飲み物は飲ませない、チョコレートを食べさせないことでも、症状は治まります。

また、抗コリン作用のある薬を飲んでいる幼児は、服用を止めることで治まることがあります。

それでも症状が治まらないときには、投薬治療や胃に噴門をつくる外科手術を行うこともあります。

3. 胃食道逆流症の治療期間は?

早期発見なら完治も早い

乳幼児の胃食道逆流症は早期に発見し、生活習慣を見直したり、場合によっては服薬すると、1週間程度で完治することが多いです。

ですが、胃食道逆流症の治療をせずに放置すると、胃の逆流防止機能が働かず、いつまでも嘔吐をくり返すことになります。

4. 胃食道逆流症の治療にかかる費用は?

通常の病気と同じ

胃食道逆流症の診察と治療には、健康保険が適用されます。

さらに、乳幼児医療費助成制度も併用できます。

乳幼児といっても、その対象年齢は地方自治体ごとで異なり、0歳から中学校を卒業するまでのところもあれば、高校生や22歳まで対象のところもあります。

医療費は入院費も含めて、自己負担額の全額あるいは一部が助成されます。

乳幼児医療費助成制度の内容については、居住している自治体に問い合わせてください。

いずれにせよ、自己負担額はそれほど高くなりません。

手術を受けた場合

ごくまれに、胃食道逆流症の治療のため、噴門形成術を受ける子どもがいます。

この場合も、健康保険と乳幼児医療費助成制度が適用されるので、高額な医療費を請求されることはないでしょう。

5. 胃食道逆流症の治療で使われる薬は?

治療で使われる薬

ある程度大きくなった子どもの場合、投薬治療を行うことがあります。

胃酸を中和する「制酸薬」の他、胃酸の産生を抑制する「H2ブロッカー」や「プロトンインヒビター」、消化管の動きを改善する薬などが処方されることが多いです。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る