子どもが細気管支炎のときお風呂に入れていい?家族にうつる?

1. 細気管支炎はうつるの?

細気管支炎はうつらない

細気管支炎は、原因のウイルスが気管や気管支、細気管支に侵入し、そこで炎症を起こしたことで発症する病気です。

そのため、細気管支炎自体が他の人にうつることはありません。

原因のウイルスに感染することはある

細気管支炎の症状が治まっても、その原因のウイルスの排出が続くことがあります。

その場合には、家族が細気管支炎の原因だったウイルスに感染する可能性はあります。

2. 細気管支炎のときもお風呂に入れていい?

熱がなければ基本はOK

細気管支炎に限らず、せきをしている子どもをお風呂に入れるかどうかを見極めるポイントは、熱があるかないかです。

平熱のときには、基本的に入浴させてあげましょう。

特に細気管支炎で鼻詰まりが起きていたり、痰が絡んでいるときには、お風呂に入れることで症状が楽になることがあります。

せきで寝不足のときはNG

とはいえ、熱がなくても、せきがひどくてよく眠れていない場合は、お風呂に入れてはいけません。

入浴は、考えている以上に、子どもの体力を消耗させます。

シャワー浴や清拭にして、身体を清潔に保ってあげましょう。

3. 細気管支炎のときの入浴のポイント

湯冷めさせない

細気管支炎の子どもを入浴させるときには、あらかじめ浴室や脱衣所を暖めておきます。

お風呂上りも手早く拭いて、すぐにバスローブなどにくるみ、汗がひくまで冷えないように配慮しましょう。

子どもの汗がひいてから、パジャマや洋服に着替えさせます。

暖かい日中に入浴させると、湯冷めしにくくなります。

水分補給をしっかりする

のどを水分で湿らせると、浄化作用が活発になり、痰がきれやすくなります。

お風呂上りには、白湯や麦茶などを、少しずつ飲ませてあげましょう。

冷たいジュースなどは、のどを刺激するので与えてはいけません。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬