細気管支炎の治療ってどうするの?治療の期間・費用・薬は?

1. 細気管支炎の原因は?

原因はウイルス感染

細気管支炎は、ウイルスに感染し、細気管支や気管、気管支などの下気道で炎症が起こる病気です。

細気管支炎の原因となるウイルスには、RSウイルスやインフルエンザウイルス、ヒトメタニューモウイルス、アデノウイルスなどがあります。

2. 細気管支炎の治療法は?

治療は対症療法

細気管支炎を発症する原因はウイルスなので、根本的な治療ができる特効薬はありません。

せきやのどの腫れ、呼吸の苦しさなどの症状を和らげる、対症療法が行われます。

気管支拡張剤の吸入や、せき止めやのどの炎症を抑える薬の投薬、酸素の投与などが行われることが多いです。

重症化すると入院加療を行う

細気管支炎は、生後6カ月未満の赤ちゃんにもみられる病気です。

月齢の低い乳児が発症すると、重症化することが多いです。

重症化して呼吸困難に陥ったり、低酸素血症を起こしているときには、入院して人工呼吸器を装着し、呼吸管理をすることもあります。

急にのどが腫れて、気道が詰まってしまうと、命に関わることもありますので、体調の変化は注意して観察しましょう。

3. 細気管支炎の治療期間は?

ほとんどは3~5日で回復

細気管支炎を発症し自宅安静にしていれば、ほとんどは3~5日で回復します。

ですが、せきとゼイゼイという喘鳴は、2~4週間残ることもあります。

入院加療も1~2週間が目安

呼吸困難のために入院した場合、酸素吸入や点滴治療の他、人工呼吸器を装着することもあります。

それでも、入院して1~2週間で回復するケースがほとんどです。

退院の時期は、お医者さまに確認しましょう。

4. 細気管支炎の治療にかかる費用は?

通常の病気と同じ

細気管支炎の診察と治療には、健康保険が適用されます。

また、乳幼児医療費助成制度も併用できるので、自己負担額は少なく済みます。

細気管支炎の治療のために入院しても同じですが、個室の差額ベッド代や食事代、病衣のレンタル料などの実費は必要です。

5. 細気管支炎の治療で使う薬は?

細気管支炎の治療で使われる薬

気管支を広げるために使われる薬は、ベネトリン吸入剤やメプチン吸入剤、セレベント吸入剤、ホクナリンテープなどです。

合わせて、せき止めやのどの炎症を抑える薬が処方されることもあります。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬