子どもが突発性発疹のときお風呂に入れていい?

1. 突発性発疹でもお風呂に入れていい?

熱が高い時は入れてはいけない

突発性発疹は、40度近い高熱が最初の症状としてあらわれます。

子どもは汗をかくので、1日1回はお風呂に入れてあげたいところですが、熱が38度を超える時には、入浴は避けましょう。

お風呂に入るだけでも、子どもは体力を消耗するので、体調が悪化する可能性があります。

熱が下がれば入れても大丈夫

突発性発疹は、熱が下がると、全身に赤い発疹が出ます。

ですが、この発疹にはかゆみがないことが多いです。

子どもの熱が下がり、機嫌よくしているなら、お風呂に入れて大丈夫です。

お湯の温度が熱くなり過ぎないよう、気をつけましょう。

2. 突発性発疹の子どもをお風呂に入れる目安とは?

子どもの様子を観察しよう

突発性発疹が疑われる子どもをお風呂に入れるかどうかを迷ったら、まず体調を観察しましょう。

体温が38度未満で、ひどい下痢がなく、食欲があり、機嫌が悪くなければ、お風呂に入れても問題ありません。

ただ、湯船につかると体力を消耗することがあるので、心配な時はシャワー浴にしたり、清拭してあげるという方法もあります。

3. 突発性発疹の子どもをお風呂に入れるときの注意点

湯冷めさせない

突発性発疹の子どもをお風呂に入れるときには、体温が下がらないように、あらかじめ浴室や脱衣所を暖めておくことが大事です。

お風呂から上がった後も、身体を素早く拭いて、水分をとってあげましょう。

また、身体がほてった状態のままで洋服やパジャマを着せると、かえって汗をかき、湯冷めの原因になるので、注意が必要です。

突発性発疹の子どもは抵抗力が落ちているので、タオルは家族と共用せず、清潔なものを使ってあげましょう。

水分補給もしっかりと

突発性発疹の子どもがお風呂から上がったら、水分補給をさせてあげましょう。

飲ませるのは白湯や麦茶、母乳、ミルクなどです。

一度にたくさん飲ませるのではなく、少しずつ飲ませてあげましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬