突発性発疹になったら保育園に行けない?いつから行けるの?

1. 突発性発疹はどんな病気

ウイルス性発疹症の一つ

突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルス6型あるいは7型に感染することで起こる、ウイルス性発疹症の一つです。

突発性発疹は、一度かかると再発することはありませんが、2種類のウイルスに感染し、一度ずつ経験する子どももいます。

突発性発疹の症状

突発性発疹の原因となるヒトヘルペスウイルスに感染すると、突然40度近い高熱が出ます。

高熱は3~4日続きますが、咳や鼻水などはみられず、赤ちゃんも機嫌よく過ごすことが多いです。

熱が下がると、お腹や背中から全身に、赤い発疹が広がります。

突発性発疹になった子どもが、下痢や熱性けいれんを起こすケースもあります。

突発性発疹が起こる時期

突発性発疹の原因は、ヒトヘルペスウイルス6型であることが多く、その場合はママからもらった免疫が弱くなる生後6カ月から1歳前後でほとんどの子どもが発症します。

ヒトヘルペスウイルス7型が原因の場合は、3~4歳ころに発症することが多いです。

2. 突発性発疹になったら保育園は?

熱がある時は登園停止

突発性発疹は、40度近い高熱を伴います。

子どもの熱が高い時には、保育園に行くことはできません。

熱が下がった後は保育園による

日本小児科学会は、「症状が回復したら登園可能」という見解を発表しています。

その解釈でいうと、熱が下がれば発疹が出ていても、保育園の登園は可能ということになります。

突発性発疹にかかった場合、登園を再開する目安は、保育園によっても異なるようです。

子どもが通っている保育園に問い合わせ、その指示に従いましょう。

3. 保育園にはいつから行けるの?

感染リスクがなくなってからが望ましい

突発性発疹は高熱を出すことから始まり、赤い発疹が消失することで完治とみなします。

高熱は3~4日続き、熱が下がると赤い発疹が出て、その発疹も2~4日でなくなります。

この高熱が出て発疹が消失までの約1週間は、突発性発疹の原因であるヒトヘルペスウイルスを感染させやすい期間です。

保育園には、ヒトヘルペスウイルスに感染していない赤ちゃんがいることが多いので、感染リスクがなくなってから登園させるのがベストです。

保育園に行かせてよいかどうかは、必ずお医者さまと保育園に確認するようにしましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬