突発性発疹は一度かかったら大丈夫?それとも何回もかかる?

1. 突発性発疹の原因は?

ウイルス性発疹症の一種

突発性発疹は、ウイルス性発疹症の一種です。

ヒトヘルペスウイルスに感染することで、突発性発疹は発症します。

ウイルスは2種類

突発性発疹の原因となるヒトヘルペスウイルスは、2種類あります。

ヒトヘルペスウイルス6型

日本では、1歳までの赤ちゃんの約70%が、ヒトヘルペスウイルス6型が原因の突発性発疹を発症します。

ヒトヘルペスウイルス6型が原因の場合は、3日ほど40度近い高熱が続き、熱が下がると全身に赤い発疹が出ます。

ママからもらった免疫がきれる、生後6カ月から2歳までの間に発症することが多いです。

ヒトヘルペスウイルス7型

ヒトヘルペスウイルス6型が原因の突発性発疹を発症した後、3~4歳の子どもに再び似た症状が出ることがあります。

これは、ヒトヘルペスウイルス7型が原因の突発性発疹を発症したからです。

ヒトヘルペスウイルス7型による突発性発疹では、発疹が出ないこともあり、風邪と診断されることもあるそうです。

ですが、治療が必要な病気ではありませんので、突発性発疹が発症したことに気づかなくても、問題はありません。

2. 突発性発疹の感染経路は?

飛沫あるいは経口感染する

突発性発疹の原因となるヒトヘルペスウイルスは、ウイルスを保有する人から人へ、飛沫あるいは経口感染します。

赤ちゃんがママからもらった免疫が弱くなるタイミングで、親から感染することが多いです。

ですが、乳児期から保育園に登園している子どもが、突発性発疹を発症している子どもと接触することで、うつることがあります。

とはいえ、ヒトヘルペスウイルスの保有者に接触したすべての赤ちゃんが、突発性発疹を発症するわけではありません。

3. 突発性発疹は何度もかかるの?

再発することはない

ヒトヘルペスウイルス6型並びに7型が原因で突発性発疹を発症した場合、同じウイルスが原因で再発することはありません。

2種類の突発性発疹を発症することはある

ですが、突発性発疹の原因となるヒトヘルペスウイルスには、6型と7型があります。

そのため、型の異なる突発性発疹を1回ずつ経験することはあります。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬