エストロゲンは薬や注射で増やせるの?どんな効果がある?費用は?

1. エストロゲンとは?

エストロゲンは、女性にとって大切なホルモンのひとつです。

月経周期に深く関わるホルモンであり、妊娠・出産においても重要な役割を果たします。

また、女性の健康や美容にも影響があるホルモンなのです。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

月経周期におけるエストロゲンの役割とは?

エストロゲンは、月経周期においては「卵胞ホルモン」とも呼ばれています。

正常な月経周期を保つには、エストロゲンの分泌が必要不可欠なのです。

卵胞の成長を促す

エストロゲンは、卵巣内にある卵胞の成長を促すはたらきがあります。

子宮内膜を厚くする

子宮内膜は、受精卵が着床するところです。

エストロゲンが分泌されることで、子宮内膜に厚みをもたせる効果があります。

子宮頸管粘液を分泌させる

排卵日近くになると、女性の膣内から子宮頸管粘液が分泌されるようになります。

子宮頸管内は、普段は酸性に保たれていますが、この時期の頸管粘液は、精子が生存しやすいアルカリ性に変わります。

また、子宮頸管粘液の分泌が増えることで、性交渉をスムーズにおこなうことができます。

女性にできる準備。精子が卵子に最も届きやすい環境をつくる潤滑ゼリーとは?

排卵を促す

排卵日になると、エストロゲンの分泌はピークをむかえます。

これにより、「卵胞刺激ホルモン」というホルモンが分泌され、排卵がおこなわれます。

エストロゲンのそのほかの作用

月経周期以外にも、エストロゲンは女性のからだにさまざまな作用をもたらします。

エストロゲンは「美のホルモン」

エストロゲンは、美のホルモンとも呼ばれています。

エストロゲンが多く分泌されると、以下のような作用があります。

  • 肌がキレイになる
  • 髪がツヤツヤになる
  • 気分が上向きになったり、気持ちが前向きになる
  • 頭がすっきりして、判断力や思考力がアップする

骨を強くしたり、血流アップの効果がある

エストロゲンは、骨密度の低下を防ぐ作用があります。

また、血管の収縮をおさえ、血流の流れをよくするはたらきもあります。

2. エストロゲンを増やす方法はある?

女性にとってうれしい効果のあるエストロゲンですが、一人の女性が生涯にわたって分泌するエストロゲンの量は、わずかティースプーン1杯ほどと非常に少ないものです。

また、エストロゲンの分泌量は加齢とともに減少していきます。

しかし、エストロゲンの低下を抑えたり、分泌量を増やすことはある程度可能だと言われています。

食事で増やす

エストロゲンはホルモンのひとつなので、食事の内容によっては分泌が増えることがあります。

カボチャや卵、キャベツや大豆などの食品は、エストロゲンを増やしたり、ホルモンバランスをととのえる効果があります。

生活習慣に気をつける

睡眠時に分泌されるホルモン「メラトニン」は、自律神経をととのえる効果があります。

朝日をあびることにより、メラトニンの分泌のリズムがよくなります。

また、入浴でからだをしっかりあたためると、血流がアップしてエストロゲンの分泌が増えることがあります。

サプリを服用する

大豆イソフラボンや、プエラリアなどのサプリは、エストロゲンの分泌を増やす作用があります。

ただし、とり過ぎるとホルモンバランスが崩れる原因になります。

1日の摂取量を守るようにしましょう。

3. エストロゲンを増やす薬はある?

エストロゲンを増やす薬は、飲み薬と貼り薬、ぬり薬があります。

また、エストロゲンを増やす注射もあります。

それぞれの代表的な薬をご紹介します。

エストロゲンを増やす薬① 飲み薬

エストロゲンを増やす作用のある、飲み薬の種類をみていきましょう。

エストリール

更年期障害や子宮頸管炎、不妊症などの治療に処方されます。

副作用として、子宮からの不正出血や乳房の痛み、嘔吐、食欲不振などがあります。

プレマリン

更年期障害や排卵機能不全症、不妊症などに効果があります。

副作用として、血栓症や不正出血、食欲不振などがあります。

ジュリナ

月経の異常や不妊治療などに効果があります。

副作用として、発疹や発熱などのアレルギー症状があらわれることがあります。

ウェールナラ配合錠

月経異常や卵巣機能の低下、不妊治療などに処方されます。

副作用として、不正出血や嘔吐、アレルギー症状などがあります。

エストロゲンを増やす薬② 貼り薬

エストロゲンを増やす作用のある、張り薬の種類をみていきましょう。

効果は、飲み薬や注射よりも弱いです。

エストラダーム

下腹部か背部に1回貼り、2日に1回貼りかえます。

2枚を限度に使用可能です。

更年期障害の症状や卵巣欠落症状、不妊治療に効果があります。

副作用として、アナフィラキシーショックや接触皮膚炎、かぶれ、不眠、めまい、肝機能障害などがあります。

メノエイドコンビパッチ

主に更年期障害の治療に使用されます。

エストロゲンだけでなく、プロゲステロンの配合薬になっています。

副作用として、かぶれ、めまい、血栓症などがあります。

エストロゲンを増やす薬③ ぬり薬

エストロゲンを増やす作用のある、ぬり薬の種類をみていきましょう。

飲み薬よりも効果は弱いです。

ルエストロジェル

更年期障害の症状や卵巣欠落症状、不妊治療でも使われます。

副作用として、乳房の不快感や骨盤痛、不正出血などがあります。

ディビゲル

更年期障害や卵巣欠落症状の治療に使用されます。

副作用として、嘔吐や胸の張り、不正出血などがあります。

エストロゲンを増やす薬④ 注射

エストロゲンを増やす作用のある、注射の種類をみていきましょう。

効果は高いですが、その分副作用も強くでる傾向にあります。

プロギノンデポー

無月経や月経周期異常、月経困難症、子宮発育不全症、不妊症などに効果があります。

副作用として、不正出血や乳房痛、血栓症などがあります。

4. エストロゲンを増やす薬の注意点は?

エストロゲンを増やす薬について、注意すべき点がいくつかあります。

エストロゲンを増やす薬はどこにある?

エストロゲンを増やす薬は、病院にて医師に処方してもらう必要があります。

誰でも処方してくれるの?

エストロゲンを増やす作用のある薬は、健康な女性には処方されません。

  • 月経周期が乱れている
  • 月経がこない
  • 不妊治療
  • ホルモンバランスが崩れて体調が悪い
  • 更年期障害がある

このような場合のみ、エストロゲンを増やす薬が処方されます。

エストロゲンを増やす薬の費用は?

同じ薬でも、その用途によって費用が変わってきます。

例えば、月経が乱れていたり、更年期障害などでエストロゲンを増やす薬を処方される場合は、「病気」とみなされて保険が適用されます。

しかし、不妊治療は病気でない場合があるため、保険が適用されないこともあります。

薬は副作用がある

エストロゲンを増やす薬は、食べ物やサプリなどの方法と違い、効果は確実かつ早くあらわれます。

しかし、そのぶん副作用がでることもあります。

それぞれの薬の効果と副作用について、事前に医師からしっかりと説明を聞くようにしましょう。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る