エストロゲンとは?生理・排卵・妊娠・不妊とはどんな関係があるの?

1. エストロゲンとは?

エストロゲンは女性ホルモンのひとつです。

月経や妊娠、美容や健康など、女性のからだにとって大変重要な役割を果たすホルモンです。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

エストロゲンの分泌のメカニズムは?

脳の視床下部から脳の下垂体を刺激するホルモンが分泌されると、下垂体が反応して卵胞刺激ホルモンを分泌します。

卵胞刺激ホルモンが分泌されると、卵巣が反応します。

すると、卵巣の中で眠っている卵胞が成長を始めます。

エストロゲンは、この卵胞の成長をサポートするために卵巣から分泌されるのです。

2. 月経周期における、エストロゲンの役割

エストロゲンは、月経周期でいうと「卵胞ホルモン」とも呼ばれます。

エストロゲンは、月経周期において重要な役割をはたします。

  • 卵胞の成長を促す
  • 子宮内膜を厚くする
  • 頸管粘液の分泌を助け、精子が子宮頸管内を通りやすくする
  • 排卵を促す

卵胞の成長を促す

先ほども述べたように、エストロゲンは卵胞の成長を促す役割があります。

子宮内膜を厚くする

エストロゲンは、受精卵が着床しやすくするため、子宮内膜を厚くする役割もあります。

排卵日近くになると、頸管粘液を分泌させる

膣と子宮の間には「子宮頸管」と呼ばれる器官があります。

子宮頸管は酸性に保たれている

子宮頸管内は、普段は酸性に保たれています。

膣から侵入してくる雑菌を殺すためです。

排卵日近くになると、アルカリ性の頸管粘液が分泌される

排卵日近くになると、子宮頸管からアルカリ性の頸管粘液が分泌されます。

精子はアルカリ性なので、排卵日近くに分泌される頸管粘液の中だと、生き残りやすくなります。

エストロゲンは、アルカリ性の頸管粘液を分泌させる役割があります。

女性にできる準備。精子が卵子に最も届きやすい環境をつくる潤滑ゼリーとは?

排卵を促す

エストロゲンは、排卵日になると分泌のピークを迎えます。

分泌がピークに達すると、排卵を促す別のホルモン「黄体形成ホルモン」が分泌されます。

エストロゲンは、排卵を促す役割ももっています。

3. エストロゲンのそのほかの作用とは?

月経周期において重要な役割をもつエストロゲンですが、そのほかにもいろいろな作用があります。

エストロゲンは別名「美のホルモン」

エストロゲンは、別名「美のホルモン」と言われています。

これは、エストロゲンに以下のような作用があるからです。

  • 肌がきれいになる
  • 髪がツヤツヤになる
  • 丸みをおびた、女性らしい体つきになる
  • 気分が上向きになり、積極的になる
  • 脳内神経伝達物質(セロトニン)の分泌が多くなり、気分がすっきりしたり頭の回転が早くなる

血管や骨が強くなる作用も

エストロゲンには、骨密度の低下を抑えるはたらきがあります。

これにより、骨が強くなる作用があります。

また、血管の収縮を抑えるはたらきもあるため、血液の循環もよくなります。

4. エストロゲンと生理の関係とは?

エストロゲンと生理周期(月経周期)は、切っても切れない関係にあります。

エストロゲンが分泌されないと、排卵がおこなわれず生理がきません。

エストロゲンの分泌は、生理周期において一定のリズムで増えたり減ったりします。

基礎体温とエストロゲン

健康な女性の基礎体温は、低温期と高温期に分かれます。

どちらも約2週間前後で推移していきます。

低温期にはエストロゲンが分泌される

エストロゲンは低温期に多く分泌されます。

この期間に卵胞の成長を促したり、子宮内膜を厚くしていきます。

高温期にはプロゲステロンが分泌される

排卵のあと、基礎体温は高温期に入ります。

高温期に入るとエストロゲンの分泌は徐々に減少し、生理がはじまる数日前になると激減します。

エストロゲンは、生理開始日から約3日後に分泌され始める

生理前に激減したエストロゲンは、生理開始日から約3日後から徐々に分泌されはじめます。

排卵日になると、エストロゲンの分泌はピークに

排卵日になると、エストロゲンの分泌はピークをむかえます。

これにより、卵巣が刺激されて排卵がおこなわれるのです。

5. エストロゲンと排卵の関係は?

エストロゲンは排卵を促すホルモンです。

しかし、直接排卵を促しているわけではありません。

そもそも排卵とは?

排卵とは、卵巣内でじゅうぶんに成熟した卵胞を突き破り、中にある卵子が飛び出すことをいいます。

排卵を直接促すのは「黄体形成ホルモン」

排卵を直接促すのは「黄体形成ホルモン」と呼ばれるホルモンです。

黄体形成ホルモンの分泌の過程

黄体形成ホルモンは、脳の下垂体から分泌されるホルモンです。

排卵日近くになると、エストロゲンの分泌はピークになります。

これを受けて、脳の視床下部が「黄体形成ホルモンを分泌しなさい」と命令し、下垂体から黄体形成ホルモンが分泌されるのです。

黄体形成ホルモンが分泌されると

黄体形成ホルモンが分泌されると、成熟した卵胞を排卵させる準備に入ります。

分泌がピークを迎えたあと、卵胞の中にある卵子が飛び出すのです。

排卵検査薬は、黄体形成ホルモンのピークを感知する

おおよその排卵日を知るためのツールである「排卵検査薬」は、黄体形成ホルモンを感知するしくみになっています。

黄体形成ホルモンは、分泌される期間が約48~72時間と短いものです。

このため、分泌のピークは急におとずれます。

排卵検査薬で陽性が出た場合、約36時間以内に排卵すると言われています。

エストロゲンは排卵を助ける役割がある

排卵を直接促すのは黄体形成ホルモンですが、エストロゲンがじゅうぶんに分泌されないと黄体形成ホルモンも分泌されないことがあります。

エストロゲンは排卵を助けるホルモンなのです。

6. 妊娠すると、エストロゲンの分泌はどうなる?

妊娠しなかった場合、エストロゲンの分泌は急激に減少し生理がはじまります。

しかし、妊娠した場合、プロゲステロンとともにエストロゲンの分泌も徐々に増えていきます。

妊娠中のエストロゲンの役割とは?

エストロゲンは、妊娠中にも重要な役割があります。

子宮を大きくする

子宮内膜に着床した受精卵は、細胞分裂をくり返し日に日に大きくなっていきます。

それに合わせて、子宮も大きくなる必要があります。

エストロゲンは、子宮を大きくするはたらきがあります。

乳腺を発達させる

妊娠すると、母体は赤ちゃんに母乳を与える準備に入ります。

エストロゲンは、乳腺を発達させる役割ももっています。

乳腺は妊娠初期から徐々に発達し、産後2~3日にはピークを迎え母乳が分泌されるようになります。

産後、エストロゲンの分泌は急激に減少する

赤ちゃんが生まれると、産後2日目くらいからエストロゲンの分泌は急激に減少します。

このため、産後は以下のような症状が起こりやすくなります。

  • 肌が荒れる
  • 髪の毛がぬける
  • 気分がふさぎこむ
  • 産後うつになりやすくなる

産後、いつからエストロゲンは分泌される?

産後に分泌される「プロラクチン」というホルモンは、エストロゲンの分泌を抑制します。

プロラクチンのはたらきは?

プロラクチンは、母乳を分泌させるために必要なホルモンです。

プロラクチンが分泌されている間、エストロゲンは分泌されにくくなります。

エストロゲンが分泌されないと卵胞が成熟できないため、排卵が起こらず生理も止まります。

授乳中もエストロゲンは分泌される?

授乳中でも、微量ながらエストロゲンは分泌されています。

まだ母乳を与えているのにもかかわらず、生理がはじまるのはこのためです。

しかし、授乳中のエストロゲンの分泌のリズムは、まだ整っていない場合が多いです。

授乳中の生理は、不規則なケースが多いでしょう。

ミルク育児の場合、生理は早くはじまる?

母乳の分泌は、赤ちゃんに吸われなければ増えることはありません。

赤ちゃんに吸われなくなると、母乳は自然に止まります。

このため、ミルク育児の場合は産後2か月ほどで生理がはじまる人が多いでしょう。

7. エストロゲンと不妊の関係とは?

エストロゲンがじゅうぶんに分泌されないことで、不妊になる場合があります。

エストロゲンがじゅうぶんに分泌されないとどうなる?

エストロゲンは、女性が妊娠するためになくてはならないホルモンです。

卵胞がじゅうぶんに成熟できない

エストロゲンの分泌が不十分だと、卵胞がじゅうぶんに成熟できないことがあります。

これにより、以下の症状があらわれることがあります。

◆ 無排卵月経

月経があるのに排卵がおこなわれていない状態

◆ 稀発月経

月経周期が39日以上と長くなる

◆ 無月経

月経周期が39日以上と長くなる

◆ 頻発月経

月経周期が24日以内と短くなる

◆ 子宮内膜がじゅうぶんに厚くならない

妊娠しやすい子宮内膜の厚さは、約10mmと言われています。

エストロゲンの分泌が少ない場合、子宮内膜にじゅうぶんな厚みがなくなり、受精卵が着床しにくくなります。

子宮頸管粘液の分泌が極端に少なくなる

エストロゲンの分泌が少ない場合、排卵前に分泌される子宮頸管粘液の分泌が極端に少なくなることがあります。

子宮頸管粘液は、精子が生きやすい環境をつくりだしたり、性交をスムーズにおこなうはたらきがあります。

子宮頸管粘液の分泌が少ないと、不妊の原因になることがあるのです。

エストロゲンの検査は?

不妊におけるエストロゲンの検査は、血液検査にて測定されます。

エストロゲンは3種類ある

エストロゲンは、「エストロン」「エストラジオール」「エストリオール」の3種類があります。

不妊の検査では、エストラジオールを測定する

エストラジオールはエストロゲンを代表する成分です。

不妊の検査では、血液中のエストラジオール値を測るのが一般的です。

エストラジオールを測定すると何が分かるの?

エストラジオール(エストロゲン)値を測定することによって、卵巣機能の状態や更年期・閉経の可能性などがわかります。

また、排卵日前に測定することで、エストロゲンのピークを知ることができます。

これにより、おおよその排卵日を知ることができるのです。

エストロゲンが不足している場合の治療は?

検査により、エストロゲンが不足している場合、ホルモン補充療法による治療がおこなわれます。

症状に応じて、内服薬や貼り薬、注射などで治療を進めていきます。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る