子どものぜんそく様気管支炎の原因と対策は?

1. ぜんそく様気管支炎とは?

気管支炎の一種で、「ぜんそく性気管支炎」ともいいます。

気管支の粘膜が腫れ、息を吐くときに空気を送り出す部分が狭くなることで、ぜんそくのときの喘鳴に似た音がするため、この名がついています。

息を吐くとき、ゼイゼイヒーヒーという音が聞こえるのが特徴です。

2. ぜんそく様気管支炎の原因

風邪が長引いたときや、気温の変化によって起こります。

風邪を引くことで気管支の粘膜が腫れ、管が細くなるので喘鳴に似た音が出ます。

ぜんそくはアレルギーが大きく関与して起こるのに対し、ぜんそく様気管支炎はアレルギーの関与が小さくなります。

3. ぜんそく様気管支炎の対処法

特効薬などはなく、一週間程度で治る病気なので安静にして治癒に努めます。

まずは原因である風邪を治すことが肝心です。

体を休め、水分と栄養をしっかり摂って免疫力を高めましょう。

ゼロゼロしているときは、たんが切れやすくなるよう、水分を多めに摂らせます。

気管支炎を治すために

気管支の粘膜が傷ついているので、あまり負担にならない食事や水分摂取を心がけたり、部屋の湿度を上げて気管支を労わりましょう。

処方された薬は医師の指導の下、用法・用量を守って使います。

一週間ほどで症状が落ち着いてきますが、しっかりと治すことが大切です。

4. ぜんそく様気管支炎の予防

ぜんそく様気管支炎では、風邪にかからないことが予防のポイントです。

特に冬場は注意が必要です。

以下のことに気をつけ、予防に努めましょう。

風邪を引かないために

  • 人混みや人の多い場所はなるべく避ける
  • マスクを常に着用する
  • 外出から帰ったら手洗いうがいを徹底する
  • 加湿器などで室内の湿度を調整する

ぜんそく様気管支炎を予防するためには、風邪などの感染症にかからないことが大切です。

ぜんそく専門の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬