結膜炎の治療ってどうするの?治療の期間・費用・薬は?

1. 結膜炎とは

結膜(まぶたの裏にある半透明の膜)や白目が充血し、さまざまな症状が起こります。

おもな症状は、以下のとおりです。

  • 白目・結膜の充血
  • 目やにや涙が増える
  • 目のかゆみ
  • 目の異物感(目がゴロゴロする)
  • まぶたの裏側の発疹
  • まぶたの腫れ
  • 光に敏感になる
  • 発熱を伴う(咽頭結膜熱など)

結膜炎の種類

細菌性結膜炎

ブドウ球菌やインフルエンザ菌などが原因で起こります。

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎には、さまざまな種類があります。

  • 流行性角結膜炎(はやり目)
  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • 急性出血性結膜炎(アポロ熱)
  • ヘルペス性結膜炎

アレルギー性結膜炎

花粉・ハウスダスト・ペットの毛など、さまざまなアレルゲンによって起こります。

2. 結膜炎の検査方法

まず問診を行い、必要に応じて迅速検査キットを使用します。

目やのどを綿棒でこすって組織を採取し、キットを使って病原体の有無を調べます。

迅速キットで診断できない場合は、目やに・結膜の組織培養や血液検査などで診断します。

3. 結膜炎の治療方法

細菌性結膜炎

タリビッド・クラビットをはじめとする抗菌剤入り点眼薬が有効です。

抗菌剤入り点眼薬を使用すれば、おおむね数日で治ります。

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎の多くは特効薬がなく、対症療法がメインになります。

流行性角結膜炎(はやり目)や咽頭結膜熱(プール熱)なら、発症後10日前後でほぼ軽快します。

急性出血性結膜炎やヘルペス性結膜炎の場合、発症後1週間前後でほぼ軽快します。

ウイルス性結膜炎の治療に使う薬

症状に応じて、二フラン・ブロナックなどの抗炎症点眼薬を使用します。

症状が重い場合は、フルメトロンなどのステロイド点眼薬を使うこともあります。

二次感染予防のために、抗菌剤入り点眼薬を併用することが多いです。

咽頭結膜熱

のどの炎症や発熱などを伴うので、必要に応じて解熱鎮痛剤・うがい薬などを併用します。

ヘルペス性結膜炎

I.D.U.などの抗ヘルペスウイルス点眼薬を使用します。

目のまわりに水疱がある場合は、ヘルペス治療用の軟膏を使用します。

現在ヘルペスウイルスの検出方法がなく、症状の現れ方次第では積極的に治療できないこともあります。

アレルギー性結膜炎

アレルゲンとの接触を避けるとともに、点眼薬で症状を抑えます。

抗アレルギー点眼薬

アレルギーに関係する化学伝達物質のはたらきを抑えます。

抗ヒスタミン点眼薬

充血やかゆみの原因物質・ヒスタミンの分泌を抑えます。

ステロイド点眼薬

症状が強い場合は、ステロイド点眼薬を使用します。

3. 結膜炎の治療費のめやす

結膜炎の治療には、健康保険が適用されます。

3割負担の場合、診察・薬剤費を合わせて2000~3000円前後となることが多いようです。

多くの自治体で実施している子ども医療費助成制度を利用すれば、さらに安くなるでしょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る