副鼻腔炎の治療はどうすればいいの?手術?治療方法・費用・期間

1. 副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎は、副鼻腔(鼻の穴の中にある空洞)に炎症が起こる病気です。

鼻の穴と副鼻腔の間の管が腫れ、副鼻腔に膿や分泌物がたまります。

「蓄膿症」と呼ばれることも多いです。

おもな症状

  • 黄色もしくは緑色の、粘り気のある鼻水
  • 鼻水
  • いびき
  • せき・たん
  • 鼻から生臭いにおいがする
  • 発熱
  • 頭痛
  • 機嫌が悪くなる(乳幼児の場合)

子どもは副鼻腔炎になりやすいですが、治りも早いです。

症状が3ヶ月以上続く慢性副鼻腔炎でも、たいていは思春期ごろまでに治ります。

2. 副鼻腔炎の検査方法

レントゲン検査

鼻周辺のレントゲン写真を撮ると、通常副鼻腔炎は黒く写ります。

副鼻腔炎の場合は、粘膜の腫れやたまった膿が白く写ります。

CT検査

レントゲン検査だけではっきり診断できない場合、CT検査を行うこともあります。

内視鏡検査

粘膜の腫れや鼻水の様子、ポリープの有無を調べます。

細菌検査

鼻に麵棒を入れて鼻の組織や粘液を採取し、病原体となる細菌の有無を調べます。

3. 副鼻腔炎のおもな治療方法

鼻水の吸引

まず、たまった鼻水を機械で吸引します。

その後、鼻の穴の中に薬を吹き付けてきれいにします。

ネプライザー治療

抗菌剤・ステロイド剤入りの薬を、口や鼻から吸い込みます。

薬液を霧状にして吸い込むので、有効成分が副鼻腔にダイレクトに届きます。

投薬量が少ないので、副作用も起こりにくいです。

服薬治療

内服薬は、おもに以下のものが使用されます。

  • 抗生物質
  • 去痰薬
  • 鼻粘膜用の消炎剤
  • 粘液溶解薬(鼻水をさらさらにする薬)
  • マクロライド系抗生物質(慢性副鼻腔炎の場合)

手術はする?

子どもの副鼻腔炎の場合、基本的に手術は必要ありません。

ただし、鼻たけ(ポリープ)ができた場合は切除手術を行うことがあります。

局所麻酔もしくは全身麻酔による内視鏡手術が一般的です。

マイクロデブリッター

近年、ポリープを削りながら膿などを吸引する「マイクロデブリッター」が登場しました。

これにより手術の安全性が高まり、患者への負担も少なくなります。

4. 治療にかかる期間のめやす

急性副鼻腔炎なら、治療開始後1~2週間で治ります。

アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくが原因の場合、そちらも同時に治す必要があります。

鼻たけの手術をした場合

病状や手術方法によって、日帰り手術から1週間前後の入院が必要な場合までさまざまです。

術後1~2週間は鼻の中に血液のかたまりや粘液がたまりやすいので、定期的に清掃します。

5. 治療費用は高い?

各種検査・処置・投薬については、健康保険や子ども医療費助成制度が適用されます。

子ども医療費助成制度は多くの自治体で実施しているので、お住まいの自治体の情報を確認しましょう。

鼻たけの手術をした場合

手術費用は、片方で数千円~1万円くらいになります。

入院が必要な場合は、入院費用が加算されます。

さらに、術後の処置(鼻洗浄など)の費用もプラスされます。

近所の耳鼻科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬