水いぼができてもプールやお風呂に入っていい?兄弟や友達にうつる?

1. 水いぼってどんな病気?

1. 水いぼは感染症の一つ

水いぼとは、伝染性軟属腫ウィルスによる感染症です。

2~5mm程度の小さないぼで、水が入っているように見えます。

2. 水いぼの患者

水いぼの患者のほとんどは、小学校入学前までの幼児です。

いわゆる未就学児が水いぼに感染しやすいとされています。

2. 水いぼはうつる?

水いぼは感染症ですので、うつります。

ただし感染力の強いウイルスではありません。

ですから「どんなときに感染するのか」わかっていれば防ぐことができます。

1. お風呂やプールに入るのは?

水いぼになっていても、お風呂やプールに入ることは問題ありません。

しかしプールに関しては、施設ごとにルールがありますのでそちらに従いましょう。

幼稚園・保育園によっては、「医師が入って良いとした場合に限りプールOK」ということもあります。

付随したルールもしっかり確認しましょう。

2. 感染症なのに大丈夫?

水いぼは感染症ですが、水中で感染するものではありません。

そのため、お風呂やプールに入ること自体は問題ないのです。

3. 肌やタオル、ビート板などに注意

水いぼの感染ルートは、接触感染です。

そのため、水いぼへの直接接触や、タオルやビート板の共有は避けなければなりません。

3. 水いぼは兄弟姉妹や友達に感染する?

1. 年齢に注意

水いぼは小学校入学前までに免疫ができていることがほとんどです。

そのため兄弟姉妹や友達が小学生以上である場合、感染する可能性は低いと考えて良いでしょう。

2. 兄弟姉妹はお風呂が怖い

お風呂は肌が触れ合いやすい場です。

ですから、兄弟姉妹への感染はお風呂が多くなっています。

兄弟姉妹が未就学児である場合、水いぼにかかっている子と一緒にお風呂に入るのは避けましょう。

難しい場合には仕方ありませんが、ほぼ確実にお互いに感染し合うことになります。

3. 友達はプールに注意

仲の良い友達同士でプールに入る場合、やはり肌の触れ合いが多くなります。

水いぼになっている時は、未就学児の友達と一緒にプールに入ることは避けたほうが良いでしょう。

近所の皮膚科の病院を
探す・口コミを見る