赤ちゃんの水いぼ(伝染性軟属腫)とは?原因・症状・治療・体験談

1. 水いぼはこんな病気

幼児期までに多く見られる感染症

中に水が入っているように見える、水いぼ。

正式名称は、伝染性軟属腫と言います。

伝染性軟属腫という名称からも分かる通り、ウイルス性の感染症です。

ほとんど患者は0歳から幼児期までで、特に3歳~10歳の児童に多くみられます。

小学校入学後には、ほとんど見かけなくなります。

水いぼにかかる季節

水いぼはいつでもかかります。

しかし肌の触れ合う機会が増える時期に、より患者が増えます。

そのため、夏が一番かかりやすい時期と言えます。

水いぼの症状

水いぼの現れ方

水いぼの直径は、1~3mm程度のとても小さいものです。

しかし最初は小さいいぼでも、放っておくと大きくなってしまこともあります。

また、いぼの量が増加してしまうこともあります。

柔らかい場所に注意

水いぼのできる場所は、首やわきの下、ひじ・ひざの裏側などです。

柔らかい皮膚にできやすいと言われています。

水いぼによる痛み・痒み

痛みはありません。

痒みも初期はないことが多いですが、治りかけに強烈な痒みが出ることがあります。

2. 水いぼの原因とは?感染ルートは?

原因ウイルス

水いぼは、ポックスウイルス科の伝染性軟属腫ウイルスが原因です。

このウイルスが皮膚に感染すると、水いぼの症状が現れます。

感染ルート

水いぼは接触感染なので、水いぼと接触することで感染します。

また、水いぼと接触したタオルや洋服、手などを介することでも広がります。

そのためプールでの感染や、レスリングのような皮膚が接触しやすいスポーツでの感染が多くなっています。

感染力は弱い

麻疹やインフルエンザのような感染力はありません。

そのため保育園・幼稚園・学校を閉鎖しなくてはならないような大流行にはなりません。

水いぼが破れるとどうなる?

水いぼが破れることで、水いぼのウイルスが飛び散ります。

周囲の人への感染よりも、飛び散ったウイルスで水いぼが増えることに注意が必要です。

3. 水いぼの感染を予防するには?

傷のない皮膚

水いぼの原因ウイルスは、皮膚に傷がないと体内に入り込むことができません。

そのため、アトピー性皮膚炎や乳児湿疹などを発症していると、水いぼにもかかりやすくなります。

痒みがある場合、子どもはかきむしってしまうため、目に見えないほどの小さな傷ができるからです。

少しても痒みがあるようなら、必ず病院へ行きましょう。

肌の乾燥を減らす

肌が乾燥していると、肌のバリア機能が落ちてしまいます。

その結果、水いぼに感染しやすくなります。

そのため水いぼ予防としては、保湿が大事な要素といます。

また、プールの塩素も皮膚を乾燥させやすいので、プール後には必ず保湿をしましょう。

水いぼにワクチンはある?

水いぼにはワクチンが存在しません。

そのため、傷をできるだけなくすこと、保湿をすることがとても大事です。

4. 水いぼの治し方・ホームケア

自然治癒まで待つ?

水いぼが自然治癒するまでは3ヶ月から1年と、とても長期間になります。

免疫が獲得できるまで水いぼは治りませんが、自然治癒した場合には、その後一生かかることはありません。

ですから、免疫獲得のためには自然治癒が一番良いのです。

そのため小児科では自然治癒をおすすめすることが多い状況です。

しかし自然治癒にはとても長期間かかる、という大きなデメリットがあります。

病院へ行くタイミング

水いぼは自然治癒が可能ですが、病院(小児科ではなく皮膚科)へ行く必要があることもあります。

そのタイミングは以下の2つです。

1. 水いぼが5個以上

病院へ行くタイミングは簡単です。

水いぼが5個以上になったら、病院へ行きましょう。

もしもそれ以上の数になってから水いぼに気づいた場合には、すぐに病院へ行くことが大事です。

水いぼの治療には痛みが伴うことが多いので、できるだけいぼの数が少ない間に治療をしましょう。

2. 皮膚が弱い子ども

皮膚が弱い子ども、特にアトピー性皮膚炎を患っている子どもは、水いぼの増加スピードがとても速い傾向があります。

そのため、水いぼを見つけたらすぐ、かかりつけの病院へ行きましょう。

水いぼのホームケア

とにかく掻かない

水いぼは掻かないようにし、水いぼ内部のウイルスが飛び散らないようにすることが大事です。

飛び散ってしまうと水いぼの数が増えてしまうので、自然治癒は難しくなります。

清潔を保ち、保湿をする

皮膚を清潔にし、保湿をすることで水いぼの拡大を防ぎます。

タオルの共有は避ける

水いぼがいつの間にか破けて、タオルにウイルスが付着していることがあります。

タオルの共有はしないようにしましょう。

5. 水いぼの治療方法

水いぼの治療方法にはいくつかあります。

また、基本的に水いぼの治療は皮膚科で行うものと思っていてください。

水いぼを除去する

皮膚科では、ウイルスに感染してできた水いぼを取り除いてしまう治療方法が採用されやすいです。

どれも痛みや痒みが伴います。

  • ピンセットで水いぼを取る
  • 液体窒素で水いぼの皮膚を壊死させる
  • 硝酸銀で水いぼのウイルスを不活性化する

この3つがよく知られています。

水いぼの数が少なければ、ピンセットで取る方法が一番確実です。

漢方薬を内服する方法

漢方薬のヨクイニンを内服する治療方法です。

しかし最低でも2~3ヶ月は漢方薬の内服する必要があります。

6. 水いぼ時のお風呂やプール、登園は?

1. お風呂

水いぼに感染していても、お風呂に入ってかまいません。

ただしお風呂からあがった時にタオルを共有することは避けましょう。

また、兄弟姉妹がいる場合、その子が小学生未満であるならば水いぼに感染しやすいので、一緒にお風呂に入るのは避けたほうが良いでしょう。

2. プール

水いぼがあっても、プールに入って大丈夫です。

ただしスイミングスクールでのプール入水であるならば、その施設のルールに従いましょう。

3. 保育園・幼稚園

保育園・幼稚園への登園は問題ありません。

ただし水いぼがあることを園へ必ず報告しましょう。

水いぼがあることによって、園での対応を変える必要があることもあります。

後々のトラブルを避けるためにも、報告は欠かせません。

7. 水いぼの家族内での感染は?

1. 兄弟姉妹

兄弟姉妹への感染は、肌やタオルでの接触がない限り、基本的にはありません。

しかしやはり肌の接触を避けるのは、なかなか難しいでしょう。

特にお風呂は、できる限り一緒に入らないほうが良いです。

2. 大人

大人が水いぼに感染することはあまり考えられません。

水いぼの免疫は、小学校入学するころまでにできあがるからです。

子どもが水いぼになっていても、気にせず一緒にお風呂に入ってあげましょう。

近所の皮膚科の病院を
探す・口コミを見る

8. 先輩ママの「うちの子の水いぼ体験談」

埼玉県・1才7ヵ月の男の子・さーたんより

6ヵ月のときに、背中にぽつぽつとできものができました。

お医者さんには水いぼと言われました。

ピンセットでつ一つ取っていくのですが、痛そうでこちらまでつらくなります。

1回では取りきれず、数力月後にまたできて取ってもらうことの繰り返しでした。

自然にできなくなると説明されたのですが、どのくらい待てばいいのか、それまで取り続けるのかと不安でしたが、結局1才で水いぼとサヨナラできました。

引用元:水いぼをピンセットで取っていくのは痛い!