赤ちゃんの接触性皮膚炎とは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. 接触性皮膚炎はこんな病気

何らかの外的刺激に皮膚が接触してかぶれた状態の総称で、「かぶれ」とも呼ばれます。

おもな症状

  • 鱗屑(皮膚が鱗のようにぽろぽろはがれる)
  • 紅斑(赤いブツブツ)
  • 丘疹(皮膚が凸凹に盛り上がる)
  • 水疱(水ぶくれ)

多くの場合患部と他の部分の境目がはっきりしており、かゆみ・痛みをともないます。

刺激性接触皮膚炎

接触性皮膚炎のうち、原因物質そのものの刺激・毒性によって発症するものを「刺激性接触皮膚炎」といいます。

アレルギーの有無にかかわらず、誰でも発症することがあります。

原因物質との接触を避けて適切に治療すれば、症状は軽快します。

急性刺激性接触皮膚炎

刺激の強い物質が原因となり、短時間の接触で発症します。

おもな原因物質は、以下のとおりです。

  • 毒性のある植物・虫
  • アルカリ・酸などの化学物質
  • 有機溶剤
  • 灯油・ガソリン

慢性刺激性接触皮膚炎

刺激が弱い物質は、短時間の接触ならほぼ無害です。

しかし、長時間の接触や頻繁な接触によって発症することがあります。

おもな原因物質は、以下のとおりです。

  • おむつ及び排せつ物(おむつかぶれ)
  • よだれ・涙
  • 食べ物・果汁
  • 石鹸・シャンプー・洗剤類
  • 衣類による締め付け・こすれ など

アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー反応によって起こる接触性皮膚炎です。

アレルゲン(アレルギーの原因となるもの)が皮膚に触れると、その部分に症状があらわれます。

接触後数時間~数日で発症し、症状が数日続きます。

おもな原因物質は、以下のとおりです。

  • 金属(衣類・ベルトの金具やアクセサリーなど)
  • ゴム
  • 化粧品・薬品
  • 植物(ウルシ、マンゴーなど)
  • 革製品

光接触皮膚炎

湿布薬などの原因物質が皮膚に接触し、その後光が当たったところだけに発症します。

原因物質との接触から数週間後に発症する場合もあるので、注意が必要です。

2. 自家感作性皮膚炎に注意!

接触性皮膚炎が悪化すると、他の場所に散布疹(小さいブツブツ)が出ることがあります。

これを自家感作性皮膚炎と呼び、患部で活性化したリンパ球が他の部位に影響して起こります。

また、かきこわしなどによる細菌感染が原因となることもあります。

重症化すると、夜も眠れないほど強いかゆみが起こります。

3. 接触性皮膚炎の治療

原因がはっきりしている場合は。まず原因物質との接触を中止します。

症状が軽い場合

症状が軽い場合は水で十分洗い流し、かゆみ止めを塗ります。

原因物質との接触を避けつつ、患部を清潔に保ちます。

症状が重い場合

痛み・かゆみが強い場合や紅斑・丘疹などの症状が強い場合は、早めに皮膚科を受診します。

原因がわからない場合は、パッチテストや問診などで原因を調べます。

病院で処方される薬

外用薬(塗り薬)

症状に応じて、抗ヒスタミン剤やステロイド剤入りの外用薬を使用します。

軽いおむつかぶれなどには、保湿剤を使うこともあります。

自家感作性皮膚炎などで患部がジクジクしている場合は、亜鉛華単軟膏も有効です。

内服薬(飲み薬)

症状が強い場合は、抗ヒスタミン剤やステロイド剤入りの内服薬を使うことがあります。

4. 接触性皮膚炎のホームケア

患部を清潔に保つ

患部を不潔にしておくと、雑菌が繁殖して症状が悪化しやすくなります。

入浴時はぬるめのお湯でやさしく洗い、清潔に保ちましょう。

成分の強い石鹸の使用や、タオルなどでごしごしこするのは避けましょう。

かきこわしを防ぐために

小さい子どもはかゆみを我慢できず、「かいちゃダメ」と言ってもかいてしまうものです。

起きているときは我慢できても、寝ている間に無意識にかいてしまうこともあります。

かゆみを我慢させるより、かゆみそのものをできる限り抑えることが大切です。

患部を冷やす

かゆみがひどい場合や患部が熱を持っている場合は、氷水などで冷やすと症状がやわらぎます。

保冷剤や氷水入りのビニール袋をやわらかいガーゼなどでくるみ、患部に当てて冷やしましょう。

タオルなど目の粗い布を使うと、かえって患部を刺激することがあります。

爪は短く切る

爪が伸びていると、引っかいて傷をつけやすくなります。

また、爪に付いた雑菌によって細菌感染を起こすリスクが上がります。

爪はできるだけ短く切り、伸びていないかこまめにチェックしましょう。

5. 接触性皮膚炎の予防法

毒性・刺激の強い物質に触れない

いたずらや事故を防ぐため、強い洗剤や灯油などは子どもの手の届かないところに保管しましょう。

ある程度大きくなると、お手伝いなどでこれらの物質に触れることがあるかもしれません。

その際はゴム手袋などを使って極力皮膚に触れないようにし、子どもだけでの使用は避けましょう。

金属類を極力皮膚に触れさせない

アレルギーは、ある日突然発症します。

夏場など汗をかきやすい時期は、特に金属類にかぶれやすくなります。

外遊びの際は露出を控える

外遊びのときに、うっかり毒性のある植物や虫に触れてしまうことがあります。

特に公園遊びやアウトドアの際は、できるだけ肌の露出を控えましょう。

おむつかぶれを防ぐ

おむつを長時間つけたままにすると、湿気と熱がこもりやすくなります。

また排せつ物が肌に長時間触れるため、雑菌が繁殖してかぶれやすくなります。

こまめにおむつ替えをして、肌を清潔に保ちましょう。

入浴・おむつ替えの際はしばらく何もつけない時間を設け、肌への負担を少しでも減らしましょう。

汗や食べこぼしはこまめに拭き取る

汗・涙・食べこぼしなどはそのままにせず、こまめに拭き取りましょう。

涙の跡や食べこぼしなどは、時間がたつと固まって拭き取りにくくなります。

無理に拭き取ろうとしてこすると皮膚を傷つけるので、早めに拭き取りましょう。

衣類の選び方

子どもの皮膚はデリケートなので、衣類の刺激でダメージを受けることもあります。

衣類のタグを嫌がる場合は、きれいに切り取ってあげましょう。

衣類による接触性皮膚炎を防ぐためには、以下のような服がおすすめです。

  • コットン素材の服
  • 締め付けが少ない服
  • 金属製ボタン・ジッパーが直接肌に当たらない服
  • 袖口などにゴムが入っておらず、開口部にゆとりがある服

肌を保湿する

乾燥肌になると、肌のバリア機能が低下して接触性皮膚炎を起こしやすくなります。

乾燥しやすい時期だけでなく、1年を通じてしっかり肌を保湿しましょう。

入浴・シャワー後に水分を拭き取り、完全に乾燥する前に保湿剤を薄く塗りましょう。

抵抗力を落とさない

普段は大丈夫でも、抵抗力が落ちたときに接触性皮膚炎になることがあります。

日頃の栄養バランスや生活リズムに注意し、抵抗力を落とさないよう心がけましょう。

近所の皮膚科の病院を
探す・口コミを見る

6. 先輩ママの「うちの子の接触性皮膚炎体験談」

宮城県・1才9ヵ月の女の子・マメちゃんママより

娘は指しやぶりのくせがあり、6ヵ月ごろからよだれが多くなったせいもあって、囗からあごにかけて真っ赤にただれてしまいました。

アズノールとミルドベート軟膏をこすらないように塗るように言われましたが、指しゃぶりが止まらず、数カ月間よだれ負けしたままの状態でした。

引用元:よだれのせいで口のまわりがただれて痛そうに。

投稿者名非公開

息子が生後4か月になった頃には、おむつの触れる場所にびっしりと赤い湿疹が広がるおむつかぶれになってしまい、オロオロしました。

おむつが濡れたらできるだけ早く交換し、濡れたまま放置しておいたことなんてほとんどないのに、そんなにひどい状態になってしまったことにもショックでした。

病院へ連れていくと、赤ちゃんにはよくあることなので気にしないようにと言われ、気分を持ち直しました。

ステロイド系の軟膏を処方され、薬が強すぎて心配だったのですが、短期間なら問題ないと言われたので塗ることにしました。

軟膏を塗ると、あんなに広がっていた赤いおむつかぶれがウソのように、すぐに湿疹がひいていきました。

治ってからは、今まで以上におむつ替えのあとお尻をしっかり乾かすようにし、それ以降はおむつかぶれに悩まされることはありませんでした。

引用元:赤いおむつかぶれが広がり軟膏で治しました

参考:病院で処方される薬