子どものばね指の原因は?どういうしくみで起こるの?

1. 子どものばね指の原因は?

そのほとんどが先天性

ばね指とは、指の根元の腱に炎症が起こり、関節が曲がったまま、まっすぐに伸ばせず、指がスムーズに動かない状態をいいます。

子どものばね指が起こる原因は先天性と考えられており、90%が親指に発症します。

子どもの指の軟骨組織が固まってしまうという特徴から、「剛直指」といわれることも多いです。

2. 子どものばね指が起こるしくみ

腱鞘に炎症が起こる

人間の指は、腱によって曲げ伸ばしができ、その周りにある鞘が、指を曲げる際に腱が浮き上がらないようにしています。

その鞘はチューブ状になっており、腱を通すトンネルになっています。

この腱や鞘に炎症が起こって腫れることで、厚くなったり、硬くなったりすると、腱鞘の動きが悪くなります。

これを無理に動かそうとすることで、ばね指を発症します。

子どものばね指のしくみ

大人のばね指の場合は、指の使い過ぎによって、腱鞘に炎症を起こすことで発症します。

ですが子どものばね指の多くは先天性のもので、何らかの原因により、腱自体が腫れて異常なほど太くなることで起こっています。

炎症が起こっているわけではないので、子どもはばね指でも痛みを感じることは、ほぼありません。

子供でも、外傷など後天的な原因でばね指を発症した時には、痛みを訴えることもあります。

3. 病院で相談してみよう

小児科か整形外科を受診

子どものばね指のほとんどは、6歳までに自然治癒するといわれています。

ですが、もし我が子のばね指が心配なら、小児科か整形外科を受診して、一度お医者さまに相談しておきましょう。

3歳までは経過観察をして、日常生活に支障が出ているようなら、装具療法や手術などの治療を検討するのがおすすめです。