赤ちゃんのカンジダ皮膚炎とは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. カンジダ皮膚炎ってどんな病気?

真菌(カビ)の一種・カンジダ菌が皮膚の上で繁殖し、炎症を起こす病気です。

「乳児寄生菌性紅斑」などと呼ばれることもあります。

症状はおむつかぶれやあせもに似ており、おむつかぶれの一種として扱われることもあります。

ただし、普通のおむつかぶれとは対処法が異なるので注意しましょう。

2. カンジダ皮膚炎の原因

本来、カンジダ菌はヒトの皮膚や便にいる常在菌です。

健康な大人の皮膚には、カンジダ菌による炎症は起こりません。

赤ちゃんはカンジダ皮膚炎になりやすい

カンジダ菌を含むカビの多くは、高温多湿の環境を好みます。

赤ちゃんは体温が高く、大人よりたくさん汗をかきます。

さらに赤ちゃんは抵抗力が弱いため、カンジダ皮膚炎になりやすいのです。

また、下痢などの便にいるカンジダ菌が肛門周辺に感染することもあります。

3. カンジダ皮膚炎のおもな症状

カンジダ皮膚炎ができやすい部位

おむつの内側や汗がたまりやすい部分によく発症します。

  • 股、おしり
  • 背中
  • わきの下
  • 関節の内側

おもな症状

  • 皮膚の赤み
  • 膿を持った赤い湿疹
  • 腫れ
  • かゆみ
  • ただれ

カンジダ皮膚炎特有の症状

カンジダ皮膚炎は普通のおむつかぶれと区別しにくく、お医者さんでも判断できないことがあります。

以下のような症状があれば、カンジダ皮膚炎の可能性が高いです。

  • 患部の周囲から皮がむけ、カサカサになる
  • 患部とそれ以外の部分との境目がはっきりしている
  • おむつの外まで症状が広がることがある
  • 皮膚のくびれ・しわの中まで症状が出る

おむつかぶれと同時に発症することも

場合によっては、普通のおむつかぶれとカンジダ皮膚炎を同時に発症することもあります。

判断に迷ったら、お医者さんに相談するのが一番です。

4. カンジダ皮膚炎のホームケア

おむつ替え・着替えはこまめに

長時間おむつが汚れたまま・汗をかいたままにしておくと、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。

おむつの汚れに気づいたら、できるだけ早く替えましょう。

汗をかいたらシャワーなどで洗い流し、清潔な服に着替えましょう。

便の汚れを落とすときは…

しっかり落とそうとしてウエットティッシュなどでごしごしこすると、肌をいためてしまいます。

シャワーなどで汚れをやさしく洗い流し、タオルで軽く押さえるように水分を拭き取りましょう。

シャワーが使えないときは、ぬるま湯で濡らしたティッシュなどでやさしく拭き取りましょう。

霧吹きなどに水を入れ、おしりやティッシュに吹きかけて使うのもおすすめです。

肌が湿ったままでおむつをつけない

肌に湿気が残っているうちに新しいおむつや服を身につけると、熱と湿気がこもってしまいます。

おもらしが心配で早くおむつをつけたいかもしれませんが、その前にしっかり肌を乾かしましょう。

カンジダ菌は乾燥に弱いので、乾かすことで繁殖を抑えられます。

入浴後に肌を保湿する

肌が乾燥してカサカサになると、バリア機能が落ちてしまいます。

入浴後に水分を拭き取ったら、保湿剤やワセリンを薄く塗って乾燥を防ぎましょう。

ワセリンの塗りっぱなしはNG!

ワセリンは肌のフタのような役割を果たし、乾燥や排せつ物などの刺激から肌を守ってくれます。

ただし、長時間塗ったままにしておくと皮膚呼吸がさまたげられてしまいます。

ある程度時間が経ったら、ワセリンをきれいに洗い流しましょう。

病み上がりなどは特に注意

普段は大丈夫でも、病み上がりなどで抵抗力が落ちたときに発症することがあります。

また、発熱時はたくさん汗をかくのでカンジダ菌が繁殖しやすくなります。

しつこい風邪などで長期間抗生物質を使い続けた場合も、カンジダ菌への抵抗力は弱まります。

自己判断でのステロイド剤使用はNG!

おむつかぶれやあせもの治療には、しばしばステロイド入りの塗り薬が処方されます。

しかし、ステロイド剤を長期間塗り続けると皮膚の抵抗力が落ちてしまいます。

するとカンジダ菌の活動がますます活発になり、症状が悪化してしまいます。

過去に使ったステロイド剤が手元にあっても、自己判断での使用は避けましょう。

5. 病院での治療

基本的に、カンジダ皮膚炎が自然に治ることはありません。

以下のような場合は、すぐに皮膚科か小児科を受診しましょう。

  • 2~3日のホームケアでも良くならない
  • おむつかぶれ用の薬を塗っても効かない、または悪化した
  • カンジダ皮膚炎か普通のおむつかぶれか判断できない

カンジダ皮膚炎の検査方法

ピンセットなどでむけた皮膚を少し取り、顕微鏡でチェックします。

カンジダ菌が確認されれば、カンジダ皮膚炎と診断されます。

抗真菌薬による治療がメイン

カンジダ皮膚炎は、抗真菌作用のある塗り薬で治療します。

炎症を抑えるために、亜鉛華軟膏などを併用することもあります。

あらかじめ患部を清潔にしてから十分に乾かし、うすく薬を塗りましょう。

治療にかかる期間はどのくらい?

きちんと薬の用法・用量を守って使用すれば、たいてい1~2週間ほどでおさまります。

ただし、再発を繰り返す場合は完治までに半年ほどかかることもあります。

普通のおむつかぶれと同時に発症したら…

普通のおむつかぶれとカンジダ皮膚炎を併発した場合、カンジダ皮膚炎の治療を優先します。

それまでおむつかぶれ用の薬を使っていた場合は、すぐに中止しましょう。

おむつかぶれの治療はどうする?

カンジダ皮膚炎が治ったら、おむつかぶれの治療を再開します。

カンジダ皮膚炎の薬をおむつかぶれに塗ると悪化することがあるので、注意しましょう。

自己判断で薬の使用を中止しない

症状がおさまったように見えても、カンジダ菌が皮膚にたくさん残っていることがあります。

お医者さんの指示があるまでは、油断せず薬を使いましょう。

6. カンジダ皮膚炎はうつる?

カンジダ皮膚炎は真菌(カビ)が原因ですが、お風呂やプールで感染することは基本的にありません。

ただし、入浴によって体があたたまるとカンジダ菌の活動が活発になります。

抵抗力が落ちていると、活発になったカンジダ菌が原因で発症することがあります。

バスタオルなどの使いまわしは避ける

たとえばママがカンジダ膣炎になった場合、使用したタオルに大量のカンジダ菌がつくことがあります。

このタオルで赤ちゃんの体を拭くと、赤ちゃんの体にカンジダ菌が大量につくおそれがあります。

カンジダ菌による性器トラブルは男性にも起こり得るので、パパも油断は禁物です。

家族間であっても、体を洗うタオルやバスタオルの使いまわしは避けましょう。

妊娠中のママがカンジダ膣炎になると…

妊娠中のママは抵抗力が落ちるので、カンジダ膣炎になりやすくなります。

赤ちゃんが産道を通るときにカンジダ菌に感染すると、カンジダ皮膚炎になることがあります。

また、カンジダ菌によって赤ちゃんが鵞口瘡(がこうそう)になることもあります。

妊娠中のカンジダ膣炎に気付いたら、早めに治しましょう。

近所の皮膚科の病院を
探す・口コミを見る

7. カンジダ皮膚炎に関する体験談

埼玉県・4才の女の子・うっしーママより

1才になったばかりのころ。

お股がかぶれたようになって、暴れ回るくらい泣いて痛がり、おむつ替えを嫌がります。

お股が奥のほうまで真っ赤っかで、あせもや股ずれでないとわかりました。

小児科でカンジダと診断され、ラミシールクリームを処方されました。

痛がるのでおしりはふかずに、ぬるま湯で洗ったり脱脂綿でそうっとふいたりして、塗り薬をつけると3日ほどで治りました。

引用元:カンジダで、おむつ替えを嫌がるほど、お股が真っ赤っかに