赤ちゃんのおむつかぶれとは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. おむつかぶれとは?

おむつかぶれは、非アレルギー性接触皮膚炎の一種です。

排せつ物や汗などの刺激によって、おむつをあてている部分に炎症が起こります。

症状がひどくなるとかゆみ・痛みが起こり、機嫌が悪くなることもしばしばです。

2. おむつかぶれの原因

排せつ物による刺激

排せつ物に含まれる酵素とアンモニアの刺激で、おむつかぶれが起こります。

おむつの中の蒸れ

赤ちゃんは、大人よりもたくさん汗をかきます。

長時間おむつを替えなかったときや夏場などは、おむつの中がすぐに高温多湿になってしまいます。

その結果、肌の角質がふやけてしまい、少しの刺激でもダメージを受けることがあります。

おしりを拭くことによる刺激

しっかり汚れを拭こうとして強くこすったり、何度もこすったりするのも危険です。

肌をこすりすぎると、目に見えない小さい傷ができ、そこから炎症が起こることがあります。

サイズの合わないおむつの使用

サイズの小さいおむつやおむつカバーを無理に使うと、肌が圧迫されてこすれてしまいます。

さらに湿気がこもりやすくなり、おむつかぶれにつながります。

カンジダによるおむつかぶれ(乳児寄生菌性紅斑)

カビの一種・カンジダが原因で、おむつかぶれが起こることもあります。

カンジダによるおむつかぶれは、乳児寄生菌性紅斑とよばれ、普通のおむつかぶれとは区別されます。

長時間おむつを替えなかったり抵抗力が落ちたりすると、カンジダに感染しやすくなります。

3. おむつかぶれのおもな症状

おむつ替え中や入浴中に激しく泣いたり、おむつの周辺をしきりに触ったりするときは、おむつかぶれの疑いがあります。

おむつかぶれのおもな症状は、以下のとおりです。

  • 皮膚が赤くなる
  • 赤く小さい発疹ができる
  • かゆみやヒリヒリした痛みが起こり、機嫌が悪くなる
  • ただれてジュクジュクになる
  • 皮膚が真っ赤に腫れる

おむつかぶれが起こりやすい場所

おむつかぶれは、普段おむつが当たる部分だけにできます。

  • おしり
  • 肛門周辺
  • 外陰部
  • 股のくぼみ

おむつかぶれが起こりやすい条件

新生児

新生児は排せつの回数が多く肌が敏感なので、特に注意が必要です。

下痢を起こしているとき

下痢の便は回数が多くゆるいため、広範囲に広がってしまいます。

また普段の便より肌への刺激が強く、下痢を起こすとすぐおむつかぶれになる赤ちゃんも多いです。

汗の量が増えたとき

暑い季節や発熱時は、いつもより汗が多くなります。

汗をかいたままにしておくと、おむつの中が蒸れやすくなります。

乳児寄生菌性紅斑に注意!

カビの一種・カンジダ菌が原因で、おむつかぶれになることもあります。

カンジダ菌によるおむつかぶれは乳児寄生菌性紅斑とよばれ、普通のおむつかぶれと区別されます。

丸く赤い湿疹ができ、その周囲の皮膚が白っぽくカサカサになるのが特徴です。

乳児寄生菌性紅斑の原因

おむつの使用状況が悪いと、高温多湿を好むカンジダ菌が増殖しやすくなります。

またステロイド軟膏を使いすぎると免疫機能が低下し、カンジダ菌への抵抗力が落ちてしまいます。

4. おむつかぶれのホームケア

おむつかぶれを悪化させないためには、こまめにおむつを替えることが重要です。

授乳後・寝起きはおむつをチェックし、汚れに気付いたらすぐ替えましょう。

排便後は、シャワーなどでおしりを洗う

排便後のおしりの汚れは、シャワーなどで洗い流しましょう。

シャワーを浴びるのが難しければ、霧吹きを使うのがおすすめです。

汚れがそれほどひどくなければ、ぬるま湯を含ませたコットンなどでやさしく拭きましょう。

強く拭いたり何度も拭いたりすると、摩擦で肌をいためる恐れがあります。

おむつをつける前に、十分肌を乾かす

新しいおむつをつける前に、肌をしっかり乾かしましょう。

肌が湿ったままおむつをつけると、湿気がこもってしまいます。

排せつしていなくても、こまめにおむつを替える

おむつの中に長時間汗がこもると、おむつかぶれのリスクが上がります。

汗をかきやすい夏場などは、おむつ替えの回数を増やしましょう。

赤ちゃんの肌に合うおむつを選ぶ

おむつのメーカーによっては、肌に合わないこともあります。

軽いおむつかぶれの場合、おむつのメーカーを替えると改善することもあります。

紙おむつと布おむつ、どっちが良い?

新しい布おむつは柔らかいですが、何度も洗濯すると繊維が硬くなって肌を傷つけやすくなります。

一方、最近の紙おむつは品質がよく、通気性や肌触りも昔と比べてかなり良くなりました。

そのため、現在では「紙おむつ・布おむつだからかぶれやすい」ということはありません。

おむつかぶれになりやすいかどうかは、肌質やおむつの使用状況に大きく左右されます。

赤ちゃんの体格に合うおむつを選ぶ

赤ちゃんの体格は、ひとりひとり違います。

体重・月齢が同じでも、最適なおむつのサイズが違うことがあります。

以下のようなサインがみられたら、ワンサイズ大きいおむつに変えましょう。

  • おむつを外した後に跡が残る
  • おむつとお腹の間に、指1本分の余裕がない
  • 一番外側の線でテープをとめていてもおむつがきつい

ベビーカー・ベビーシートに乗せっぱなしにしない

ベビーカー・ベビーシートに長時間乗せっぱなしにすると、おむつの中に熱がこもりやすくなります。

また、シートとの摩擦で肌が傷つきやすくなります。

おむつ替えのためにも、こまめに休憩をとりましょう。

ワセリンによるおむつかぶれ予防

ワセリンには、肌を摩擦や汚れから守るはたらきがあります。

薬と違って角質層へは浸透せず、肌にフタをして乾燥を防ぐ効果もあります。

肌を清潔にしてからワセリンを薄く塗ると、おむつかぶれを予防できます。

ただ、使い方を間違えると逆効果になるので、以下の点に注意してください。

厚塗りは避ける

ワセリンはべたつくため、塗りすぎると落ちにくくなります。

落ちにくいワセリンを落とそうとして強くこすると、せっかく保護した皮膚が傷ついてしまいます。

また、べたつきが原因でおむつの繊維がつきやすくなります。

長時間塗りっぱなしにしない

長時間ワセリンを塗ったままにしておくと汗腺がふさがれ、皮膚呼吸がさまたげられます。

おむつ替えのたびに塗りなおすのは避け、短時間でも「何も塗らない時間」を作りましょう。

すでに症状が出ている部分には塗らない

ワセリンそのものには、消炎効果はありません。

すでにおむつかぶれになっている部分に塗っても意味がなく、かえって悪化させるおそれもあります。

保護のため薬の上からワセリンを塗ることもありますが、まずお医者さんに相談したほうが安心です。

赤ちゃんの肌を守る乳幼児専用のミルクローションとは?

5. 病院での治療法

2~3日のホームケアでも改善しない場合やただれが起こった場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

症状が軽ければ非ステロイド軟膏、症状が強ければステロイド軟膏が処方されます。

「ステロイド剤は怖い」という人がいますが、用法・用量を守って使えば危険はありません。

乳児寄生菌性紅斑の場合

カンジダによる乳児寄生菌性紅斑の場合、抗真菌作用のある軟膏が処方されます。

ステロイド軟膏を使うと悪化することがあるので、自己判断で使うのは避けましょう。

赤ちゃんの肌を守る乳幼児専用のミルクローションとは?

近所の皮膚科の病院を
探す・口コミを見る

6. おむつかぶれに関する体験談

東京都・1才1ヵ月の女の子・ちっちママより

新生児のころから、うんちがきれいにふけていなかったらしく、ところどころが赤くただれてしまいました。

病院で「石けんは1日1回でいいから、それ以外はお湯で洗って、乾かしてからおむつをつけて」とアンダーム軟膏を出されました。

きれいに洗うようにしたら、すぐツルツルに。

初めての子だったからよくわからなかっだけど、おしりのふき方を産院で教えてほしかったな。

引用元:おしりのふき方がイマイチでおむつかぶれになっちゃった