赤ちゃんの乳児湿疹とは?原因・症状・治療・ケア・体験談

1. 乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹とは?

乳児湿疹とは

赤ちゃんのほとんどが経験すると言われている乳児湿疹。

乳児湿疹は、生後2週間から1歳くらいまでにできる湿疹のことを指します。

湿疹のタイプは赤いポツポツや黄色のかさぶたのようなものなど、様々なものがあります。

どれも原因は異なり、原因によって個別の呼び方があります。

乳児湿疹の種類

  • 乳児脂漏性湿疹
  • 新生児ニキビ
  • おむつかぶれ
  • あせも
  • アトピー性皮膚炎

他にもまだありますが、ほとんどの乳児湿疹はこれらに当てはまります。

その中でも乳児脂漏性湿疹は、とても多くの赤ちゃんが経験します。

それでは乳児脂漏性湿疹は、どのような症状なのでしょうか。

乳児脂漏性湿疹の症状

生後3ヶ月ごろまでに現れ、ほとんどの場合、1ヶ月程度で自然に治癒します。

湿疹が現れやすい部位は、顔や頭部、中でも額によく見られます。

湿疹は黄色や白色で、かさぶたやふけのようなイメージで現れます。

かゆみはないことが多く、赤ちゃんがかきむしってしまうことはほぼありません。

しかしもし患部が炎症を起こしたり、ジュクジュクして膿んでしまったりした場合は、早急に病院へ行きましょう。

2. 乳児脂漏性湿疹の原因

皮脂の過剰分泌

乳児脂漏性湿疹は、過剰分泌された皮脂が原因です。

皮脂が毛穴に詰まってしまうと、湿疹が引き起こされます。

なぜ皮脂が過剰に?

赤ちゃんはもともと新陳代謝が盛んです。

その新陳代謝による皮脂の分泌と、出産前にお母さんからもらった女性ホルモンの影響で皮脂の過剰分泌が起こります。

3. 乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹の予防法

乳児脂漏性湿疹を含めた乳児湿疹を予防するには、肌を清潔を保つことを第一にしてください。

汗はこまめに処理

赤ちゃんはすぐに汗をかくので、特に肌着や寝具には注意をしてください。

頻繁に着替えをしてあげたり、シーツをこまめに取り替えてあげましょう。

かいてしまった汗は、濡れたガーゼで拭きとることをおすすめします。

食事や授乳後

口の周りはもちろんのこと、首まわりや顎、手などを拭きましょう。

汚れは極力残しておきたくないので、こちらも濡れたガーゼでの拭きとりがお勧めです。

お風呂ではしっかり洗う

1日1回は石けんで洗いましょう。

身体はもちろんのこと、顔も石けんで洗います。

この際、石けんはよく泡立てて優しく泡で洗ってください。

お湯で石けんを流す時は、神経質になりすぎずに洗い落としましょう。

保湿も必要

皮脂で保湿されているようにも思えますが、お風呂上がりには特に保湿をしましょう。

保湿されずに肌が乾燥してしまうと、肌は皮脂を分泌して保湿しようとします。

ですから、皮脂を分泌しようとする前に、赤ちゃん用の保湿剤で保湿をすることが大事です。

赤ちゃんの肌を守る乳幼児専用のミルクローションとは?

爪をこまめに短く丸く切る

乳児脂漏性湿疹には、あまりかゆみはありません。

しかし他の乳児湿疹ではかゆみがあるものもあります。

赤ちゃんはかゆみを我慢できないので、爪でかいてしまうことがあります。

ですので、爪でかいたときに傷ができないよう、短く丸く切っておきましょう。

4. 乳児湿疹のホームケア

乳児脂漏性湿疹を含めた乳児湿疹が現れた時も、やはり清潔第一です。

汗や汚れ、入浴に注意し、爪をしっかり切っておくことが大事です。

5. 乳児脂漏性湿疹特有のホームケア

乳児脂漏性湿疹は、かさぶたやふけのように見えるので、無理矢理はがしてしまおうとする人も多くいます。

しかしそれでは湿疹の症状が悪化してしまうので、絶対に避けてください。

お風呂前のベビーオイルがおすすめ

お風呂に入る10分ほど前に、湿疹へベビーオイルを塗っておきましょう。

直接塗っても良いですが、赤ちゃんが嫌がらなければ、コットンにベビーオイルを含ませ、コットンを湿疹の目立つ部位に置いておきます。

そしてその後お風呂に入ります。

すると湿疹とベビーオイルがなじみ、いつも通りに洗うだけで湿疹がぽろぽろと取れていきます。

この際、湿疹を無理矢理剥がすことは避けてください。

1週間ほど続けていくと、湿疹が減っていきます。

ベビーオイルがない時には、オリーブオイルやワセリンで代用可能です。

赤ちゃんの肌を守る乳幼児専用のミルクローションとは?

お風呂後には必ず保湿を

お風呂後の保湿は、乳児脂漏性湿疹のホームケアではとても大事なケアになります。

しっかりと保湿をして、皮脂の過剰分泌を少しでも減らしましょう。

6. 乳児湿疹の治療法は?

乳児脂漏性湿疹を含めた乳児湿疹は、基本的に自然治癒がほとんどです。

基本的にはホームケアで大丈夫です。

病院は行くべき?

湿疹が通常の症状であれば、病院へ行く必要はありません。

しかし湿疹の部位が膿んでしまってくるようなら、病院へ行きましょう。

かゆみがある時にも病院へ行くほうが良いでしょう。

行くなら何科?

まずはかかりつけの小児科でも良いですが、緊急性が高い場合には皮膚科のほうが安心です。

膿はひどくなればなるほど、ばい菌による感染が気になります。

ですので、休診日なども加味して、できるだけ早い受診ができる科へ行くようにしてください。

どんな治療?

その場で何か治療ということはほぼなく、薬の処方が多くなります。

非ステロイド軟膏や弱いステロイド軟膏などが処方されます。

近所の皮膚科の病院を
探す・口コミを見る

7. 先輩ママの「うちの子の乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹体験談」

神奈川県・1才11ヵ月の女の子・桃ちゃんのママより

生まれてから1ヵ月半のときです。

鼻の両サイドや、耳の穴のまわりにブツブツができて、黄色い汁が出てグジュグジュに。

化膿しているかもしれないと心配になりました。

月齢も低いのでドキドキだったのですが、先生に「脂漏性湿疹になる子は多いよ」と言われて、ちょっと安心。

ステロイド系の塗り薬を出され、数回使ったらよくなりました。

引用元:低月齢だと脂漏性湿疹にかかりやすいんだね

愛知県・2才7ヵ月の女の子・ほのママ

1ヵ月のこと、娘のまゆ毛や髪の地肌に、びっしりと湿疹ができました。

黄色いかさぶたが張り付いて、普通に洗っでも取れず、とても心配でした。

育児書にベビーオイルでふやかすとよいと書いてあったので試してみると、頑固なかさぶたが取れて、数日できれいになりました。

引用元:まゆ毛や髪の地肌にもびっしりと湿疹ができました

参考:病院で処方される薬