食中毒の原因は?どういうしくみで起こるの?

1. 食中毒の原因は?

細菌性とウイルスが多い

子どもが食中毒にかかる原因は、細菌やウイルス、それらがつくる毒素が、食べ物や飲み物に混入することです。

細菌による食中毒

食中毒の原因菌はいろいろあり、感染ルートが異なります。

サルモネラ菌

汚染された水や食べ物から、感染します。

ビブリオ菌

魚介類や塩漬け食品から、感染します。

ボツリヌス菌

ハムやソーセージ、缶詰、密封食品などから、感染します。

ハチミツも密封食品なので、1歳未満の赤ちゃんに食べさせてはいけません。

ブドウ球菌

魚介類や肉の加工食品から、感染します。

キャンピロバクター菌

ペットのふんや生肉、鶏卵、井戸水などから、感染します。

O-157

牛のふんや適切に処理していない牛肉・牛乳などの乳製品から、感染します。

人から人への感染もあります。

ウイルスによる食中毒

ウイルス性の食中毒の原因は、ノロウイルスがほとんどです。

ノロウイルスは二枚貝から感染することが多いとされ、人から人への感染力も強いです。

夏に発症しやすい細菌性食中毒とは違い、冬に流行します。

2. 食中毒が起こるしくみ

細菌性食中毒が起こるしくみ

細菌性食中毒は、感染型と毒素型に分かれ、発症のしくみにも違いがあります。

感染型

食べ物や飲み物の摂取によって体内に侵入した細菌が増殖し、腸管の表面や細胞内に入り込むことで発症します。

原因菌によって、潜伏期間が異なります。

毒素型

食べ物や飲み物の中で細菌が増殖して毒素を出し、それを体内に取り込むことで発症します。

そのため、感染型より潜伏期間が短いです。

3. 食中毒なら病院を受診しよう

脱水症状の改善が大切

子どもは嘔吐や下痢をくり返すと、脱水症状を起こすことが多いです。

また、細菌性食中毒の中でもO-157に子どもが感染すると、合併症を起こしやすいです。

もし、5回以上下痢をする、嘔吐をくり返す、皮膚がカサカサする、汗をかかないなどの症状がある場合は、すぐに病院に連れて行きましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る