赤ちゃんの涙嚢炎・鼻涙管閉塞とは?原因・症状・治療・ケア・体験談

1. 涙嚢炎・鼻涙管閉塞はこんな病気

涙は目だけに出るのではなく、涙管から涙嚢にたまり鼻涙管を通り、鼻の奥に流れます。

涙嚢が炎症を起こすと、涙嚢炎を引き起こします。

涙嚢の先にある鼻涙管の幅が狭いと、鼻涙管閉塞を引き起こします。

結果として、涙がうまく流れずに、目に涙や目やにが増える病気です。

涙嚢炎は「るいのうえん」、鼻涙管閉塞は「びるいかんへいそく」と読みます。

2. 涙嚢炎・鼻涙管閉塞の原因

涙はどうやって流れるの?

涙は目の右上、左上に涙腺があり、ここで涙が作られます。

上まぶたの内側に、外排泄管と呼ばれる小さな穴があり、ここから涙が出ます。

たまった涙は目の内側にある、上涙点と下涙点の小さな穴から吸収されます。

上涙点から上涙小管、下涙点から上涙小管を通り、涙嚢と呼ばれる袋状の部分に涙がたまります。

涙嚢から鼻涙管を通り、鼻の奥に流れていきます。

泣くと鼻水が出る理由

鼻涙管を通った涙が、鼻の中にたくさん流れるためです。

涙は毎日1リットル作られ、ほとんどは鼻の奥に流れ込んでいます。

本来は鼻の奥に流れるため、鼻水は出ません。

しかし、泣くことにより大量の涙が出ると前にも流れ込み、鼻水となって出てくるからです。

涙嚢炎の原因は?

涙嚢の細菌感染が原因になっています。

急性で起こる急性涙嚢炎があります。

また、何度も涙嚢炎を引き起こすと、慢性化して慢性涙嚢炎になることがあります。

鼻涙管閉塞の原因は?

生まれつき鼻涙管が詰まっていることが原因で起こります。

先天性鼻涙管閉塞と呼ぶこともあります。

新生児100人に1人に見られます。

涙嚢そして鼻涙管は、左右2つあります。

片側に鼻涙管閉塞が起きていれば、片側の目に涙や目やにを発症します。

3. 涙嚢炎・鼻涙管閉塞の症状

涙嚢炎の症状

涙を排出することができなくなり、泣いてもいないのに目に涙や目やにがたくさんできます。

涙嚢に膿がたまる、痛みが出ます。

また、涙嚢のある周辺が赤く腫れるといった症状が出ます。

鼻涙管閉塞の症状

涙が鼻涙管を通して流れないため、目に涙や目やにがたくさんできます。

また、涙が原因でまぶたがただれる、眼瞼炎(がんけんえん)を引き起こすこともあります。

目の周辺が不衛生になるため、涙嚢炎などといった炎症を引き起こす可能性が高まります。

4. 涙嚢炎・鼻涙管閉塞の治療&ホームケア

涙嚢炎の場合、抗生物質の入った目薬や内服薬を使って治療します。

鼻涙管閉塞の場合、ブジーと呼ばれる非常に細い金属の棒を通して、鼻涙管を広げます。

ブジーを使っても改善されない場合、手術によって治療することもあります。

鼻涙管閉塞の症状が軽い場合、涙嚢のある部分を軽くマッサージすることで改善することもあります。

また、成長とともに自然治癒することもあるため、ブジーや手術を行わずに経過観察することもあります。

近所の眼科の病院を
探す・口コミを見る

5. 先輩ママの「うちの子の涙嚢炎・鼻涙管閉塞体験談」

群馬県・11ヵ月の男の子・さゆりんごママより

生後2~3日から、右目だけ目やにが多いなと思いました。

先生に相談すると「とくに問題なし。鼻涙管閉塞でも10日ほどで自然に治ります」と言われました。

退院後も目やにはスッキリしなかったのですが、鼻涙管マッサージをしたら、数日でよくなりました。

引用元:目やにが多かったけどマッサージで治りました

大阪府・1才5ヵ月の男の子・はるゆきママより

生後すぐ、目やにがひどいなあと思いました。

1週間健診で「自然と治ることも多いので、目薬で様子を見ましょう。

治らなければブジーを通します」と言われてとても心配でした。

しかし、目薬をさして様子を見ていたら、2ヵ月ぐらいで気にならなくなりました。

ブジーをしなくて済み、よかったです。

引用元:治らなかったらブジーと言われていたので、治って安心