子どもの逆さまつげの原因は?どういうしくみで起こるの?

1. 子どもの逆さまつげの原因とは?

顔に脂肪が多いことが原因

逆さまつげとは、本来上に向かって生える上まつげや、下に向かって生える下まつげが、逆方向に生えた状態のことをいいます。

子どもに逆さまつげが多いのは、顔の筋肉が十分に発達しておらず、脂肪が多いので、眼球よりまぶたが高くなり、まつげが目に入りやすいからです。

そのため、成長とともに改善され、1~2歳になるころには、逆さまつげが自然に治る子どもがほとんどです。

2. 子どもの逆さまつげが起こるしくみ

逆さまつげの状態によって異なる

子どもの逆さまつげには3つのタイプがあり、起こるしくみも異なります。

睫毛内反

睫毛内反は、まぶたの筋肉が少ない、赤ちゃんから幼児に多い状態です。

眼球よりもまぶたの方が高く、まつげが下を向いてしまうことで起こります。

3歳くらいまでの子どもによく起こり、目の炎症を抑える点眼薬を使いながら、経過観察することが多いです。

睫毛乱生

一部のまつげだけが、生まれつき眼球を向いて生えていることで起こります。

ほんの数本のまつげが眼球に触れることで、不快感や痛みがあらわれます。

3歳ころまでは、顔の筋肉の成長を待ちますが、改善されない場合は手術を勧められることが多いです。

眼瞼内反

眼瞼内反は、皮下脂肪の多い子どもや大人によく見られる状態です。

生まれつきまぶたが湾曲していたり、まぶたの脂肪のつき方に問題があり、まつげが眼球に触れることで起こります。

子どもが成長して顔の筋肉が発達し、脂肪が少なくなることで改善されることが多いので、経過観察することになります。

眼科の診察を受けよう

子どもが逆さまつげだとわかったら、一度眼科を受診することをおすすめします。

赤ちゃんのまつげは柔らかいですが、成長すると硬くなります。

逆さまつげのタイプによっては炎症がひどくなることがあるので、一度調べて、治療法をお医者さまと相談しておきましょう。