とびひ(伝染性膿痂疹)の治療とは?治療の期間・費用・薬は?

1. とびひは黄色ブドウ球菌が原因

黄色ブドウ球菌は、私たちの肌表面に存在する、常在菌です。

普段は共存共栄の関係でいます。

ところが、肌に傷がつくことにより、黄色ブドウ球菌が肌の下に入り、炎症を起こして水ぶくれができます。

水ぶくれの中には、黄色ブドウ球菌が存在します。

爪で引っかいて潰すことで、爪に黄色ブドウ球菌が付着し、他の肌に触れることで、とびひを起こします。

2. とびひが発症する時期はいつなの?

夏場にとびひが多く発症します。

夏になると汗で肌が蒸れて、黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなります。

また、蒸れることであせもなども発生し、かゆみを伴います。

汗で不衛生な状態のまま、かゆさを紛らわすため、爪で肌を引っかくことで、結果としてとびひが起こります。

3. とびひが多く発症する年齢はいつなの?

汗をかきやすい乳幼児に多く発症します。

毎年夏になると、とびひに悩まされる子どももいます。

しかし、アトピー性皮膚炎などにより肌の状態が悪いと、大人でもとびひになります。

また、とびひは他の人に感染する恐れがあります。

4. とびひの治療について

とびひになったらどこで診てもらうの?

皮膚科で診てもらうことで、とびひかどうかを確認できます。

とびひに似ている別の症状もあるため、シッカリ治療するためにも、皮膚科で診てもらいましょう。

とびひに使われる薬について

とびひの症状に応じて、薬が異なります。

抗生剤や抗菌剤が含まれる軟膏、そして飲み薬の2種類があります。

軟膏のみ、または飲み薬と併用して治療することもあります。

軟膏は、ゲンタシン軟膏、アクアチム軟膏、フレジンシオ軟膏などがあり、症状にあわせて使い分けます。

とびひの治療費について

治療費に関して保険適用をしても、それほどかかりません。

自治体によっては、乳幼児医療費助成制度を使うことで、費用負担がほとんどなくなることもあります。

自治体により対象年齢や費用負担の割合が変わるため、確認することをおすすめします。

とびひの治療期間について

シッカリと薬による治療を行えば、1週間前後で完治します。

治療を続けても完治しない場合、耐性菌により薬の効果があらわれないこともあります。

思うようにとびひが治らない場合には、使用する薬を変えてもらうことをおすすめします。

5. とびひの治療で大切なこと

爪を短く切る

子どもはかゆいと我慢できず、とびひ部分をかいてしまい、さらにとびひを広げることになります。

肌を傷つけないように、爪は短く切っておきましょう。

ガーゼでとびひ部分を覆う

とびひ部分を露出させると、かいてしまう、または他の人に感染する恐れがあります。

可能なかぎり、とびひ部分をガーゼで覆うようにします。

タオルや衣服に注意する

お風呂に入れる場合、タオルを共有すると、黄色ブドウ球菌が付着して感染源を広げてしまいます。

タオルは共有せず、脱いだ服も触れないように、スグに洗濯機に入れましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る