赤ちゃんの屈折異常(近視・乱視・遠視)とは?原因・症状・治療・体験談

1. 屈折異常(近視・乱視・遠視)はこんな病気

カメラに例えたら、見ているものにピントがあわず、ピンぼけしている状態です。

遠くにピントがあわない、近くにピントがあわない、ピントが一点にあわないなどさまざまです。

2. 屈折異常(近視・乱視・遠視)の原因

目のしくみについて

目の奥には網膜と呼ばれる、外からの映像を映し出すスクリーンがあります。

網膜のスクリーンに、はっきりとした映像を映すため、少し離れたところに、目の見える側に水晶体と角膜があります。

角膜は黒目の部分で、光の入り方を調整します。

また、取り込んだ映像を網膜にはっきり映すため、水晶体と呼ばれるレンズで、光を集約します。

ものを見る距離にあわせて、水晶体を調整する毛様体筋で、レンズの厚みを調整しています。

目のピントが合う条件は?

眼軸と毛様体筋による水晶体の調整により決まります。

眼軸とは、目の表面から奥の網膜までの距離、目は球体をしているため、直径になります。

太陽の光を虫眼鏡で集めて、一番熱くなるのは、光の集まった点が小さいときです。

光の集まった点が小さくなり、それが奥の網膜に映ったとき、ピントが最もあっている、正視の状態です。

水晶体は虫眼鏡のように前後に動かせないため、水晶体についている、毛様体筋がレンズの厚みを変えて、ピントを調整しています。

目のピントがずれる理由は?

光の集まった小さな点が、網膜に当たっていない場合、ピントがずれて映像がぼやけてしまいます。

近視は光の集まった点が網膜に届いていない状態です。

遠視は網膜のさらに奥に、ピントを合わせようとしている状態です。

乱視は角膜や水晶体に歪みがあり、ピントがあわない状態です。

子どもは近視が多いの?

子どもの年齢や生活環境により変わります。

乳幼児は眼球が小さく目の直径が小さい、いわゆる眼軸が短いため、ほとんどは遠視です。

小学校に入学する頃につれて正視になり、高校生になると近視が増えます。

テレビやスマホ、パソコンのディスプレイなど近くを見ることが多くなると、近視を引き起こしやすくなります。

屈折異常(近視・乱視・遠視)は先天的なものなの?

先天的、後天的の2つに別れます。

妊娠時に逆子、帝王切開すると、角膜に乱視が起きやすいなどあります。

目の疾患など後天的なもので、屈折異常(近視・乱視・遠視)が起こることもあります。

屈折異常(近視・乱視・遠視)の症状に合わせて治療をする必要があります。

3. それぞれの屈折異常(近視・乱視・遠視)について

1. 近視

網膜の手前にピントがくる状態です。

近くのものは見えますが、遠くのものは見えにくくなります。

小学校高学年から中学生のころに始まりますが、眼鏡やコンタクトレンズで矯正が可能です。

単純近視について

別名、学校近視と呼ばれるものです。

子どもの近視の多くは、単純近視です。

学校に入ると成長期になり、目の水晶体や眼軸なども変化していきます。

成長途中により、一時的にピントが合わない状態が起きます。

徐々に正視に戻りますので心配する必要はありません。

2. 遠視

網膜よりも奥のほうにピントがくる状態です。

近くにピントが合わず、日常生活を送るのにも影響が出ます。

遠視は遠くがよく見えるの?

意外かもしれませんが、遠視は遠くも見えにくくなります。

近くも遠くを見るときも、水晶体を調整する毛様体筋に負荷がかかり、目が疲れやすくなります。

3. 乱視

ピントが一点に合わない状態です。

距離が近くても遠くても、見えにくくなります。

近視や遠視に合併して起こることもあります。

乱視の原因の多くは、角膜や水晶体の歪みです。

乱視の治し方は?

角膜乱視の場合には、コンタクトレンズで矯正できます。

ただし、角膜乱視が強度な場合、ハードコンタクトレンズで矯正します。

水晶体乱視の場合にはメガネだけ、またはコンタクトレンズを併用しての矯正となります。

4. 屈折異常(近視・乱視・遠視)を発見するには

子どもがものを見るときに、以下のような様子やしぐさがないか確認しましょう。

  • 横目で見る
  • 上目づかいで見る
  • 目を細くして見る
  • あごを上げて見る
  • 顔を傾けて見る
  • 片目をつぶって見る

様子がおかしいと思ったら、早めに眼科で確認してもらいましょう。

5. 屈折異常(近視・乱視・遠視)の治療&ホームケア

屈折異常(近視・乱視・遠視)の確認方法は?

まずは眼科で視力検査などをして、確認してもらいましょう。

乱視が入っていないか、病気の可能性はないか、精密検査をしてもらえます。

屈折異常(近視・乱視・遠視)は、痛みなどがなく自覚症状を感じるのが難しいのが特徴です。

親が子どもの様子を見て、おかしいなと感じたら、早めに検査することがたいせつです。

メガネやコンタクトレンズによる矯正

屈折異常(近視・乱視・遠視)は矯正による治療を行います。

メガネは乳児期からかけられ、ゴーグルのようなゴムバンドがついています。

コンタクトレンズは新生児から使うこともできます。

子どもの目に詳しい眼科医に相談しましょう。

手術することはあるの?

黒目の位置が左右、または上下にずれている斜視がある場合、手術することもあります。

斜視が入っていなければ、手術することは基本的にありません。

メガネやコンタクトレンズによる矯正となります。

メガネやコンタクトレンズの交換時期は?

子どもの場合、成長に合わせて目の状態も変わります。

メガネやコンタクトレンズをして、見えにくくなったら交換時期です。

交換する目安は視力検査で確認する、眼科の先生に確認してもらいましょう。

メガネやコンタクトレンズをすると近視になるの?

メガネやコンタクトレンズをすると近視になるから、してはいけない、といわれることがあります。

しかし、実際にはそのようなことはありません。

度の合わないメガネやコンタクトレンズを使い続けている、日常生活の過ごし方の問題が原因で、視力が落ちる場合がほとんどです。

屈折異常(近視・乱視・遠視)の予防や改善は?

現代はテレビやゲーム、スマホなど目を酷使することが多くなっています。

可能なかぎり、目を酷使するような環境を控えることが、たいせつです。

ほかにも姿勢の悪さも、屈折異常(近視・乱視・遠視)の原因になります。

生活環境を見直すことで、屈折異常(近視・乱視・遠視)の予防や改善することもできます。

近所の眼科の病院を
探す・口コミを見る

6. 先輩ママの「うちの子の屈折異常(近視・乱視・遠視)体験談」

福島県・1才の男の子・MWママより

生後半年を過ぎたころから、ふとしたはずみに息子の目の黒目が中央に寄って、いわゆる"寄り目"になっている気がしました。

眼科で相談したら、光を当ててみて「今のところ問題ないと思いますよ」とのことでした。

今後様子を見てどうしても気になったらもう一度受診しようと思っています。

引用元:時々寄り目になってる?問題ないと言われました

京都府・6才の男の子・ようこママより

息子は1720gの低出生体重児でした。

未熟児網膜症の検査ではとくに心配はありませんでしたが、だんだん左目のまぶたが腫れたように目にかぶさります。

10ヵ月ごろに眼瞼下垂と診断されました。

右目にアイパッチをして、左目を使うように訓練を始めましたが、嫌がってよくぐずります。

3才で眼瞼下垂の手術をしました。

2泊3日の入院で、術後は瞼も上がり、目元がすっきりしました。

その後はまっすぐ見るようになりましたが、今度は遠視と判明し、眼鏡をかけ始めました。

眼鏡はフレームの頑丈なのを選ぶのですが、下を向いて落としたり、お友だちとぶつかってはずれたり、頻繁に壊れます。

そのたびに出費がイタイ!

視力が変わっても、成長しても買い替えなので大変です。

引用元:遠視で眼鏡をかけていますが、よく壊すので出費がイタイ