赤ちゃんの弱視とは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. 弱視はこんな病気

弱視とは、メガメやコンタクトレンズで矯正しても、視力が上がらない状態です。

弱視の基準となる視力は、とくに定義されていません。

目安として子どもの視力が0.1以下の場合、弱視の可能性が考えられます。

0.1以下の視力であっても、メガネやコンタクトレンズをつけて、0.3や0.5など、視力が上がれば弱視ではありません。

2. 2つの弱視の種類

弱視の種類はいくつかありますが、大きく分けると2つに別れます。

子どもの弱視がどちらに別れるかにより、改善するか変わります。

1. 機能的弱視

医学的弱視と呼ぶこともあります。

目そのものに問題はないものの、目から受けた視覚刺激をうまく受け取れなかったことで起こります。

結果として視力が発達できず、弱視になった状態です。

視力の発達する0~6才の間に、目の病気やケガが原因で、弱視になることもあります。

2. 器質的弱視

社会的弱視、教育的弱視と呼ぶこともあります。

目そのものに問題があり、視力が出ない状態です。

治療をしても視力回復を望むことができません。

停止力(ロービジョン)教育や社会的な配慮が必要となります。

子どもが弱視とわかったら

機能的弱視も器質的弱視も、早期発見と早期治療がたいせつです。

8才までに目の発育が完成するため、それより前に対処できれば、弱視を改善できる見込みが高くなります。

とくに、機能的弱視は、早く見つけて両方の目で見るようにする治療や訓練が有効です。

3. 弱視の原因とは?

子どもの視力は平均どのくらいあるの?

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、0.01程度しかありません。

五感と呼ばれる感覚のうち、聴覚、味覚、嗅覚、触覚は、大人と変わらない機能を持っています。

使い方がうまくできないだけで、大人と同じ本来の機能が備わっているといわれています。

しかし、五感のうち視力だけは、他と比べて発達に時間がかかります。

3才になると視力は0.6〜08、5才になると1.0が見えるようになり、8才になると視覚の機能が完成するといわれています。

弱視は遺伝するの?

弱視の原因は大きくわけて、病気やケガが原因と、脳の見る力の未発達が原因の2つあります。

親が目の病気をしたことが原因で、弱視が遺伝することはあるといわれています。

しかし、脳の見る力が未発達な場合に関しての遺伝は、まだはっきりとしていません。

4. 病気や症状が原因の弱視は?

おもな原因として、以下になります。

斜視

黒目の位置が中心になく、上下や左右にずれている状態です。

斜視になると、片目だけで見るようになります。

使わなくなった目は、退化して弱視になることがあります。

屈折異常、不同視

遠くも近くもピントが合わない症状です。

ピントを合わせられない目は、徐々に使わなくなり、弱視になります。

左右で極端に視力が違う場合、注意が必要です。

視覚刺激の遮断

視覚の発達は、多くのものを見ることで脳に刺激が加わり、視力が上がります。

しかし、まぶたが開きにくい眼瞼下垂、白内障や眼帯で、視覚情報が遮断されると、視覚刺激が発達しません。

結果として弱視になるおそれが高くなります。

目の病気

眼圧が高い先天緑内障、網膜に悪性腫瘍ができる網膜芽細胞腫など、目の病気が原因で弱視になります。

5. 子どもの弱視を発見するには?

弱視は痛みなどの自覚がないため、子どもが気づくことはできません。

しかし、日常生活の子どもの様子を見て、弱視を発見することもできます。

早期に発見して治療すれば、弱視を改善できる確率は高くなります。

ものを見るときの目の様子や、しぐさを確認しましょう。

横目で見る

ほかにも上目づかいで見る、あごを上げて見る、首や顔を傾けている場合、注意しましょう。

黒目の位置がずれている、斜視の可能性が考えられます。

目を細くして見る

ほかにも片目をつぶって見る場合、注意しましょう。

遠近のピントが合わない、左右の視力が極端に違っている可能性があります。

6. 弱視の治療&ホームケア

目の病気の有無も含めて、弱視の診断をするため、眼科で診てもらいましょう。

弱視の治療は、早ければ早いほど、改善する見込みがあります。

弱視と判断されたら、以下の治療やホームケアを行います。

1. 健眼遮断

斜視、不同視などの場合は、健眼遮断で訓練します。

正常な目に眼帯のようなアイパッチを、1日数時間つけます。

弱視の見えにくい目で見ることで、視力回復を行います。

2. 眼鏡やコンタクトレンズで矯正

遠くも近くもピントが合いにくい屈折異常などは、矯正を行います。

3. 手術

斜視で黒目の位置がずれている場合、手術を行い元の位置に戻します。

手術後は、健眼遮断やメガネなどをして、治療を続けます。

4. ロービジョン教育

弱視の症状が重く、視力回復できない場合、ルーペや読書拡大器、単眼鏡を使いこなせるようにします。

場合によっては、盲学校や専門施設への進学も検討しましょう。

眼科医に相談し、残った視力の有効活用を手助けしましょう。

近所の眼科の病院を
探す・口コミを見る

7. 先輩ママの「うちの子の弱視体験談」

tontororiさんより

うちの子とよく似たケースなので、親御さんの不安はわが事のように感じます。

わが家の場合は3歳で片目が0.02しかないことが判りました。

最初に受診した眼科では「見える方の目を絶対に怪我しないように」と言われ、足元から床に吸い込まれるような感覚に陥りました。

落ち込む私にご近所のおばさんが、有名な眼科医がいるから諦めないでと教えてくれ、そこの病院に行ってみました。

半端な数でない患者さんを診てきた先生が「僕のところでも二例めですね」と唸られた時、やっぱりだめかと思いました。

検査そのものは眼底写真のみで、視神経を見て一目瞭然でしたから。

でもそこの先生は「矯正の可能性に賭けてみましょうか?」と優しく言ってくださり、三年近く矯正を続けました。

アイパッチを見える方の目に貼り、眼鏡をかけて、一日最低6時間は弱い方の目の筋肉を使うという訓練です。

結果としては、眼鏡をかけて0.2まで見えた時点で、終了となりました。

私も子供も、やれるだけのことはやったので、悔いはありませんでした。

先生やスタッフの方々には、よく三年間頑張ったねと労っていただき、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

片目だけが弱視の場合、子供自身にはそれが普通の視界なので、周囲が気づくのは難しいと思います。

だからご自分を責めないでくださいね。

わが家の場合、治療終了のめどは、効果が横ばいになってそれ以上伸びない、と、先生と親が判断した時でした。

また先生は、幼い子供にとって辛い訓練であり、ほんの少し視力を上げるための眼鏡もストレスになり得る、とおっしゃいました。

うちの子は今でも毎年片目だけ「D」の検査結果を学校から貰ってきますが、本人も「またこれ」と屈託がありません。

長々と書いてしまいましたが、一経験談としてお読みいただけたら幸いです。

引用元:教えてgoo

5才の娘さんを持つmmyykkさんより

娘(五歳)が強度の遠視で三歳から眼鏡をかけています。

私も最初は「眼鏡しなきゃダメなのか、、、」と涙も出たし、とてもネガティブに思っていたのですが、子供の遠視についていろいろ調べてみたら早期に発見できて眼鏡で矯正できることが本当に良かったと思える今日この頃です。

取り扱いも三歳の時から自分できちんと出来ています。 (起きたらかける、風呂や寝る時はケースにしまう、汚れを拭く等)

娘は四歳からスイミングとアイススケートをしています。

スイミングは度の入ったゴーグルを使用、スケートは眼鏡をつけたままやっています。

幼稚園での体操の時間にはドッジボール、でんぐりがえし、鉄棒などありますがこの時もかけています。

かけっこも速いし眼鏡っ子でもかなりの体育会系です。

眼鏡でよく見えるようになってからの方が活発になりました。

サッカーをしてる眼鏡の男の子(五歳)はバンドで固定してやっています。

ご近所に眼鏡をかけているお子さんがいたらいろいろ聞いてみるのもいいと思います。

眼鏡っ子は先生やお友達、そのママ達にもすぐに名前を覚えてもらえるので親子共々お友達もたくさんできました。

最初はとまどいましたが 慣れてしまえば、大丈夫。

これからの成長の為には大事な治療なんだと割り切って、お子さんがきちんと眼鏡をかけられるよう眼鏡かっこいいねなど声掛けしてあげて下さい。

うちは女児ですがアニメのコナン君と一緒だ!と喜んでいますよ。

引用元:教えてgoo