赤ちゃんの滲出性中耳炎とは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. 滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)はこんな病気

中耳炎は、鼓膜の奥にある中耳にウイルス・細菌が感染して炎症を起こす病気です。

中耳に滲出液がたまり、耳がつまったような感じになるのが滲出性中耳炎です。

痛みや熱などの症状がなく気付きにくいですが、放置すると難聴の原因になるおそれがあります。

子どもは中耳炎になりやすい

子どもの耳管は短く水平で、のど・鼻にいる病原体が耳に移動しやすい構造になっています。

また、子どもは大人に比べて抵抗力が弱いです。

そのため、子どもは大人より中耳炎になりやすいのです。

2. 滲出性中耳炎のおもな症状

耳の聞こえが悪い

以下のような兆候が見られたら、耳の聞こえが悪いかもしれません。

  • 呼びかけになかなか答えない
  • しょっちゅう「えっ?」と聞き返す
  • 話し声が妙に大きい
  • テレビなどの音を大きくしたがる
  • 機嫌が悪い
  • 落ち着きが無い(話を集中して聞くことが難しい)

耳が詰まったような感じがする

ある程度大きい子なら、以下のような症状を訴えることがあります。

  • 耳が詰まったような感じがする
  • 耳の中でガサガサ音がする
  • 自分の声が耳に響く

耳の軽い痛み・耳鳴り

滲出性中耳炎では、急性中耳炎のような強い痛みや発熱は起こりません。

しかし、ある程度大きい子ではときどき耳の軽い痛みや耳鳴りを訴える場合があります。

また、耳を気にして頻繁に触る場合もあります。

3. 滲出性中耳炎になりやすいケース

急性中耳炎の後

急性中耳炎が治りきらず、滲出性中耳炎に移行することがあります。

他に持病がある

鼻の病気

アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎などで頻繁に鼻水・鼻づまりがある場合は、注意が必要です。

鼻水が多いことで、病原体を含んだ鼻水が耳に流れやすくなります。

また、鼻の通りが悪いと中耳につまった浸出液が排出されにくくなります。

のどの病気

咽頭炎やぜんそくなどの症状がある場合も、注意が必要です。

せきをすることでのどの病原体が中耳に移動し、中耳炎を起こすことがあります。

アデノイド増殖症

アデノイドは、鼻とのどの間にあるリンパ組織です。

このアデノイドが極端に大きくなると、アデノイド増殖症と呼ばれます。

アデノイド増殖症になると耳管がふさがれてしまい、滲出性中耳炎のリスクが上がります。

風邪をひきやすい

風邪の原因となるウイルス・細菌は、しばしば中耳炎の原因にもなります。

しょっちゅう風邪をひいていると、その分中耳炎になるリスクも上がります。

耳管機能不全

耳管はふだん閉じられており、必要なときだけ開く構造になっています。

しかし、耳管機能不全(耳管狭窄症・耳管開放症)の場合は耳管の開閉がうまくいかなくなります。

耳管機能不全があると滲出液が排出されにくいため、滲出性中耳炎になりやすくなります。

耳管が狭い

生まれつき耳管が狭い人は、中耳炎を起こしやすいです。

4. 滲出性中耳炎の検査方法

鼓膜の目視検査

滲出性中耳炎の場合、鼓膜の奥に暗く濁った色の液体がたまります。

聴力検査

滲出性中耳炎では聴力に影響が出ることが多く、鼓膜の検査と併せて聴力検査が行われます。

ティンパノメトリー

耳の中に器具を入れて気圧を変化させ、鼓膜の動き方を調べます。

耳管機能検査

治療の方針を決めるために、耳管機能の検査を行うことがあります。

専用の機械が必要なので、すべての耳鼻咽喉科で行われるわけではありません。

レントゲン検査

慢性副鼻腔炎などの病気がある場合、根本的治療のためにレントゲン検査を行うことがあります。

5. 滲出性中耳炎の治療方法

投薬治療

症状が軽い場合、投薬治療だけで様子を見ることがあります。

また、鼓膜切開後は再発防止のために薬を使用します。

どちらの場合もすぐには効果は現れず、2~3ヶ月は根気よく続ける必要があります。

耳管通気

鼻から耳管に空気を送り込み、耳管内を換気します。

ポリツェル通気

小さい子どもの場合、痛みのないポリツェル通気がよく行われます。

ゴムでできたポリツェル球の先を鼻の穴に入れ、鼻腔から耳管に空気を送ります。

カテーテル通気

細長いカテーテルを鼻にさし込み、直接耳管に空気を送ります。

痛みをともなうため、子どもに使用されることは少ないようです。

鼓膜切開・チューブ留置術

鼓膜切開

鼓膜に穴を開け、滲出液を排出させます。

滲出液は粘度が高くそのままでは排出されにくいので、切開後に吸引・洗浄します。

チュービング

鼓膜にあけた穴は自然に閉じますが、そのままにしておくと再度滲出液がたまる場合があります。

鼓膜切開だけで改善しない場合は、鼓膜の穴に小さいチューブをはめて中耳腔の換気をします。

このチューブは数ヶ月はめたままにしますが、聴力に影響することはありません。

通常チューブの挿入は外来で行いますが、小さい子どもなどは全身麻酔することもあります。

チューブのメンテナンス

チューブを入れると、症状がかなり軽くなります。

しかし、定期的に通院して鼓膜やチューブの様子をチェックする必要があります。

通院を怠ると、耳垢や滲出液のかたまりがチューブに詰まって機能を果たさなくなることがあります。

原因となる病気の治療

鼻の病気

アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎などがある場合は、以下のような方法で治療します。

  • 鼻洗浄(鼻うがい)
  • 鼻水の吸引
  • ネブライザー(薬剤吸入法)
  • 投薬治療

マクロライド系抗菌薬の少量長期投与を行い、鼻の繊毛の働きを高めます。

このほか、鼻水を切れやすくする薬を使うこともあります。

アデノイド増殖症

重症のアデノイド増殖症の場合、切除手術を行うことがあります。

6. 滲出性中耳炎のホームケア

必要以上に耳を触らない

指やタオルなどについた雑菌が患部に感染することがあるので、耳をいじらないようにしましょう。

もし耳だれ(滲出液)が出てきても、耳の外側を拭くだけにとどめましょう。

入浴してもいい?

熱がなく体調がよければ、入浴しても問題ありません。

ただし、耳に水や石鹸の泡が入らないよう注意しましょう。

鼻をきちんとかむ

ある程度大きい子どもには、片方ずつゆっくり鼻をかむことを覚えましょう。

自分で鼻をかめない子どもの場合は、鼻吸い器で鼻水を取ってあげましょう。

鼻をすすると中耳炎に悪影響を及ぼすので、鼻すすりの癖がつかないよう注意しましょう。

7. 滲出性中耳炎の予防

風邪をひかない

急性中耳炎・滲出性中耳炎は、風邪が原因で発症することが多いです。

そのため、中耳炎予防のためには日ごろの風邪予防が重要です。

こまめな手洗い・うがいの習慣をつけ、生活リズムを崩さないようにしましょう。

子どもの受動喫煙を避ける

タバコの副流煙が鼻・のどの粘膜を傷つけ、中耳炎のリスクを上げることがわかっています。

家族に喫煙者がいる場合は禁煙してもらうか、子どもの前で吸わないようにしてもらいましょう。

近所の耳鼻科の病院を
探す・口コミを見る

8. 先輩ママの「うちの子の滲出性中耳炎体験談」

大阪府・2才の男の子・ケンたんママより

1才2ヵ月のとき、急に左の耳を触りながら大泣きするので、これはおかしいと耳鼻科へ行きました。

中耳炎を起こしていて、風邪薬と点耳薬、抗菌薬を処方され、おふろでの洗髪はしばらく避けるようにと言われました。

帰宅後、38.5度の発熱があり、ぐずぐずが続きました。

下痢のときなどと違って機嫌が悪いのが大変でした。

その後も風邪で鼻水が詰まると、中耳炎を起こしやすいので気をつけています。

引用元:中耳炎による熱が下がらず機嫌が悪くて大変でした

広島県・6才の男の子・たけちゃんわたちゃんのママより

息子は風邪をひいたあと鼻水が続くことが多いのですが、1才4ヵ月のときに滲出性中耳炎と診断されました。

耳の聞こえも悪いようで、言葉の発達が心配でした。

鼻水が症状を悪化させるので、まめに耳鼻科で処置してもらうのが大変でした。

本人は痛がったりもせず、自覚症状はないようです。

一度は完治と言われましたが、繰り返すので、5才10ヵ月でチューブ留置術を受けて、様子を見ています。

引用元:滲出性中耳炎で聴力が低下。チューブを留置しています