水ぼうそうでプールやお風呂に入ってもいい?兄弟や友達にうつる?

1. 水ぼうそう(水痘)とは

水ぼうそうは、子どもがかかる病気として知られています。

原因は水痘・帯状疱疹ウイルスで、感染すると1~2週間の潜伏期間を経て、症状が出ます。

ウイルスの感染力は、はしか並みに強いので、症状が出たら治癒するまで学校や保育園は、出席停止となります。

水ぼうそうの症状

潜伏期間を過ぎると、次の症状が出ます。

発熱と赤いボツボツした発疹

37~38度の熱が2~3日続き、虫刺されのような赤い発疹が出ます。

水ぶくれになる

発疹は数時間すると、水ぶくれになります。

水ぶくれの中には、水ぼうそうのウイルスが入っていますから、潰してしまうと、ウイルスを広げてしまうことにもなります。

かゆみが一番強くなりますが、かき壊してしまうとあとに残ることがあるので、特に小さなお子さんには注意が必要です。

最後はかさぶたになる

水ぶくれは1週間~10日をかけて、かさぶたになります。

すべてがかさぶたになると、治癒となります。

2. 水ぼうそうの感染経路

ウイルスの感染力が強いため、症状に気付いた時はウイルスの飛散も始まっています。

感染経路は次の通りです。

空気感染

空気中に飛んでいるウイルスを吸い込んでしまうことで、感染します。

接触感染

手や指にウイルスが付着している状態で、口や食べ物に触ることで、体内にウイルスを取り入れてしまいます。

飛沫感染

感染している人のクシャミや咳、会話によってウイルスが飛び、それを吸い込むなどして感染します。

クシャミや咳は数メートル先までウイルスが飛ぶこともあります。

水ぼうそうは感染力の強さだけでなく、発症に気付いても、症状が出る前からウイルスの飛散が始まっているため、なかなか防ぐことが難しく、それが感染拡大に繋がっています。

3. 水ぼうそうはお風呂でうつるの?

水ぶくれに気を付ける

水痘・帯状疱疹ウイルスは、水の中でうつることは、ほとんどありません。

しかし水ぶくれをつぶしてしまうと、中に入っていたウイルスが飛び散ります。

それによって空気感染をする可能性は高いです。

入浴は兄弟で一緒に入ることは避けたほうがいいです。

自分で体が洗えない、一人でお風呂に入ることがまだ危ない年齢の場合は、水ぶくれをつぶさないように気を付ければ、一緒に入ることができます。

優しく洗うことが大事

水ぼうそうの場合は、体を清潔にするのはとても大事なことです。

体を洗うときは泡をしっかり泡立てて、泡で優しく洗うようにすると、水ぶくれをつぶすことなく洗えます。

4. 水ぼうそう後のプールはいつから?

水ぶくれがすべてかさぶたになり、医師の治癒証明をもらったら、登園や登校は許可されます。

夏場の場合、プールにはいつ頃から入れるのでしょうか。

目安はかさぶたがとれたら

ほかに感染を広げないためには、かさぶたがしっかりとれてからがいいです。

かさぶた状態の場合、肌にダメージや傷が残っている場合もあります。

また治癒直後では、抵抗力が落ちたままなどの心配もあります。

傷がきちんと治れば、かさぶたが自然に落ちますので、プールでも感染などを心配することなく楽しむことができます。

もちろんプールに入る場合は、担任の先生に相談するのを忘れないでください。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬