ウイルス性胃腸炎になったら保育園に行けない?いつから行ける?

1. ウイルス性胃腸炎とは?

ウイルス性胃腸炎は、原因となるウイルスに感染して起こる「おなかの風邪」です。

ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスといったものが原因ウイルスです。

はじめの2~3日は嘔吐や熱、その後下痢となり、1週間ほどで回復に向かう病気です。

2. ウイルス性胃腸炎にかかったら保育園はお休み?

働いているママにとって、子どもの急な病気は緊急事態ですよね。

いきなり仕事を休むわけにもいかず、できれば保育園に行かせたいと思うかもしれません。

しかし、ウイルス性胃腸炎は非常に感染力が強いため、集団感染を防ぐためにもできればお休みした方がよいでしょう。

こんなときはどうする?

朝、登園前に嘔吐!吐きけも続いている

ウイルス性胃腸炎はかかり始めが最も症状がひどくなります。

特にロタウイルスやロタウイルスでは、最初の6時間が最も嘔吐・吐きけが強くなります。

数十分ごとに嘔吐することも多いので、こういった場合は保育園はお休みしましょう。

保育園から帰ってきて嘔吐。翌朝には元気

実は、意外と多いのがこちらのケース。

嘔吐が始まってから半日ほど経つと、「あれはなんだったの?」と思うほど元気になってしまうこともあります。

ただし、これは治ったのではなく症状が落ち着いただけ。

できれば、かかり始めの2~3日間は家で安静に過ごしましょう。

嘔吐も下痢もほとんどなし。元気が有り余っている

嘔吐は一度きり、または吐きけのみで嘔吐せず、といったケースもあります。

小児科などでウイルス性胃腸炎と診断されても、症状がほとんど出ない子どももいます。

二次感染の恐れが低いようで病院からもOKといわれたら、保育園に行っても良いでしょう。

3. ウイルス性胃腸炎は出席停止になる?

ウイルス性胃腸炎は嘔吐や下痢といった強い症状が出ますが、出席停止になる疾病には指定されていません。

ただし、乳幼児がかかりやすい病気なので、保育園によっては「登園はしないで」といわれることもあります。

なおりかけで登園するときは

症状が落ち着き、下痢などの心配もなくなったら登園しても問題ありません。

以下のことに気をつけて登園させましょう。

  • マスクを着用させる(飛まつ感染を防ぐ)
  • 着替えや、汚れたものを密封できるビニール袋などを用意
  • 食事やトイレなど、園と対応を相談しておく

4. いつから保育園に行けるの?

ウイルス性胃腸炎は1週間ほどで症状が落ち着きます。

嘔吐や吐きけがなく、おむつやパンツからあふれるような下痢をしなくなったら、登園しても良いでしょう。

普段の食事に戻せているなら、給食も通常通りで良いでしょう。

1ヶ月ほどはウイルスが体の中にいるので、二次感染に注意して過ごしましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬