水ぼうそうになったら保育園には行けない?いつから行ける?

1. 水ぼうそうとは?

水ぼうそう(水痘)は、子どもがかかる病気として知られています。

水ぼうそうは水痘・帯状疱疹ウイルスにかかることで、症状が出ます。

2. 水ぼうそうはどんな症状が出るのか?

水ぼうそうで最も特徴的なのは、かゆみをともなった発疹が出ることです。

まず発熱と発疹が出る

潜伏期間は2~3週間です。

発熱は37度ほどが2~3日続き、赤い発疹が出てきます。

発疹はかゆみをともないます。

数時間後に赤い発疹が水ぶくれにかわる

水ぶくれになる時に、最もかゆみが強くなります。

かゆいからといって、かいてしまうと水ぶくを破れてしまいます。

水ぶくれの中には、水ぼうそうウイルスが入っていますので、飛び散ることでウイルスが拡散してしまいます。

かき壊すと、あとに残ることがありますので、小さなお子さんは特に注意が必要です。

水ぶくれがかさぶたに変わる

1週間~10日ほどで、水ぶくれが徐々に茶色いかさぶたに変わります。

発疹がすべてかさぶたになると、水ぼうそうは完治となります。

2. 保育園には行けますか?

子どもが具合悪くなってしまうことは、とても心配です。

そして働いているママにとっては、会社を何日間休まなければいけないのか、気になるところです。

しかし、水ぼうそうはウイルスの感染力が強く、ほかの子どもに感染を広げてしまう可能性が高いため、完治するまでは登園することはできません。

3. 保育園に行けるのはいつから?

完治まで1週間〜2週間

学校保健法では、病気に対する出席停止日数がきちんと定められており、保育園もこれを守らなければなりません。

水痘(水ぼうそう)の場合は、すべての発疹が痂皮(かさぶた)化するまでと決まっています。

かさぶたになるまでで、おおよそ1週間~2週間ですが、症状によってはさらに長引くこともあります。

自己判断での登園はNG

水ぼうそうの症状は、かゆみのある発疹と軽い熱だけで全身状態には大きな問題が出ない病気です。

こんなに元気なら、発疹が少しぐらいあっても大丈夫ではないかと、思いがちです。

しかし、発疹や水ぶくれがつぶれると、そこからウイルスが飛び散り、多くの子どもにうつしてしまう可能性があるのです。

そのため保育園によっては、医師の治癒証明書を提出するところもあります。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬