水ぼうそうは一度かかったら大丈夫?それとも何回もかかるの?

1. 水ぼうそうってどんな病気?

幼い子どもがかかるイメージがある水ぼうそうですが、いったいどんな病気なのでしょうか。

水ぼうそうはウイルス性の病気

水ぼうそうは、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することで、発症する病気です。

ウイルスは感染力が強いので、免疫を持たないと、ほぼ確実にうつると言われています。

どんな症状が出るのか

ウイルスに感染すると、1週間~10日ほどの潜伏期間があります。

37℃ほどの軽い発熱が2~3日あり、同時に赤い発疹が体全体に出る

39℃以上の、高熱が出ることもあります。

しばらくすると赤い発疹は水ぶくれになる

発疹や水ぶくれはかゆみが強いので、かき壊してしまうことがあります。

水ぶくれの中には、水ぼうそうのウイルスが入っています。

潰してしまうと周囲に感染を広げてしまうので、注意が必要です。

かき壊してしまうと、あとが残ることもあります。

水ぶくれが茶色いかさぶたになる

すべての水ぶくれが、かさぶたになると治癒となります。

発疹の全てがかさぶたにならなければ、保育や学校に行くことはできません。

2. 水ぼうそうは一度かかれば大丈夫?何回もかかる?

水ぼうそうそのものは、一度かかれば免疫が形成されるので、再びかかることはありません。

しかし、体に入ったウイルスが、神経節と呼ばれる部位に隠れていることがあります。

この隠れたウイルスは、何年でも残ることができて、抵抗力が落ちたときなどに、再び活動をして病気を引き起こすことがあります。

その病気が帯状疱疹です。

3. 帯状疱疹ってどんな病気?

水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活動することで発症します。

帯状疱疹の症状は

最も特徴的なのは体の左右どちらかに、帯状の水泡が出ます。

水泡はかなりの痛みをともないます。

帯状疱疹は、体の免疫が落ちる以外は、高齢者に多い病気です。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬