赤ちゃんの急性中耳炎とは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. 急性中耳炎はこんな病気

ウイルス・細菌が耳管を通って鼓膜の奥の中耳に感染し、炎症を起こした状態が急性中耳炎です。

急性中耳炎の原因

急性中耳炎を引き起こすおもな病原体は、以下のとおりです。

  • 風邪の原因ウイルス・細菌
  • 肺炎球菌
  • インフルエンザウイルス

風邪やインフルエンザなどから急性中耳炎に移行することが多く、注意が必要です。

子どもが中耳炎になりやすいのはなぜ?

2歳以下の子どもの耳管は、太く短く水平な形状になっています。

そのためのど・鼻から病原体が侵入しやすく、また抵抗力も弱いため中耳炎になりやすいのです。

2. 急性中耳炎の症状

発熱

乳幼児の急性中耳炎の多くは、急な発熱から始まります。

発熱は1~3日ほど続き、38~39℃の高熱が出ることもあります。

ただし、まったく熱が出ないケースもあります。

鼓膜の腫れ・痛み

中耳にたまった膿が鼓膜を圧迫し、鼓膜の腫れ・痛みが起こります。

痛みの程度はさまざまですが、発熱すると中耳の神経が過敏になり痛みが強まります。

言葉で痛みを表現できない乳幼児の場合、以下のサインに注意しましょう。

  • 激しく泣くか、不機嫌な状態が続く
  • 頻繁に耳を触る
  • 大人が耳を触ろうとすると嫌がる
  • 首を振る
  • 呼びかけや音への反応が悪くなる

ある程度言葉で表現できる年齢なら、「耳が詰まってる」などと言うこともあります。

耳だれ

鼓膜が自然に破れ、たまった膿が耳の外に出てきます。

耳だれが出ると痛みが軽くなり、熱も下がります。

軽くなったからと放置すると再発することがあるので、必ず病院を受診しましょう。

3. 急性中耳炎になったら、何科を受診すべき?

中耳炎の診断は小児科でも可能ですが、治療には耳鼻科のほうが適しています。

小児科で中耳炎と診断されたら、耳鼻科を紹介してもらえることもあります。

鼓膜が真っ赤に腫れているので、耳の中を見ればすぐに診断できます。

夜間なら、市販の鎮痛剤で対処可能

中耳炎の場合、夜中に痛みが起こることが多いです。

夜間などすぐに受診できない場合は、アセトアミノフェン入りの子ども用鎮痛剤を飲ませましょう。

また、上半身を起こして耳を冷やすといくぶん痛みがやわらぎます。

翌日、できるだけ早く耳鼻科か小児科を受診しましょう。

小児救急でんわ相談

以下のような場合は、小児救急でんわ相談(#8000)で相談してみましょう。

  • 持病や薬アレルギーがあり、市販の鎮痛剤を飲ませるのが不安
  • 中耳炎以外にも、気になる症状がある

4. 急性中耳炎の治療法

薬物治療

抗生物質

必要に応じて、内服・点耳タイプの抗生物質を使用します。

ただしウイルスには抗生物質が効かず、また抗生物質に対して耐性をもつ細菌が増えています。

そのため、近年は重症でない限り抗生物質を使用しない病院が増えています。

解熱鎮痛剤

眠れないほど強い痛みや熱がある場合、解熱鎮痛剤を使用します。

整腸剤

中耳炎のとき処方される薬のなかには、胃腸に負担をかけるものがあります。

副作用が心配な薬を使う場合は、整腸剤を併用します。

鼻洗浄・耳洗浄

鼻洗浄(鼻うがい)

急性中耳炎のときは、風邪や鼻炎で鼻水が出ていることが多いです。

生理食塩水などを鼻に流し込んで鼻洗浄を行い、たまった鼻水を洗い流します。

また、鼻水を吸引してもらうこともあります。

耳洗浄

耳だれが多い場合は、耳洗浄を行います。

注射器などで耳に生理食塩水を入れ、耳だれを洗い流します。

鼓膜切開

症状が重い場合、針などで鼓膜に穴をあけて膿を吸い出します。

膿を出してしまうと腫れがおさまり、症状も軽くなります。

鼓膜はしばらくすると自然に治るので、聴力に影響することはありません。

約1週間後に再受診して、異常がないかチェックします。

鼓膜切開は痛い?

病院の方針や子どもの様子によって、麻酔を使う場合と使わない場合があります。

麻酔をする場合は麻酔液を耳に入れてしばらく置き、その後鼓膜を切開します。

ただし、症状によっては麻酔が効きにくいことがあります。

子どもにとって、鼓膜切開は怖いもの

たとえ麻酔が効いていても、ほとんどの子どもは恐怖で泣き叫びます。

施術中に暴れて怪我をしないよう、しっかり子どもを押さえてあげましょう。

子どもは親の動揺を敏感に感じ取るので、冷静に対処しなければなりません。

切開が終わったら、「よく我慢できたね」とたっぷりほめてあげましょう。

5. 急性中耳炎のホームケア

むやみに耳を触らない

血や耳だれが出てくることがありますが、ティッシュや綿棒を耳に入れてはいけません。

どうしても気になるときは、耳の穴の外側を軽く拭くだけにとどめましょう。

もし出血量が多くなったら、再度受診しましょう。

入浴してもよい?

熱や痛みがなく機嫌が良ければ、入浴・シャワーは可能です。

ただし、お湯や石鹸の泡が耳に入らないよう注意しましょう。

運動・水泳はしばらく控える

医師から許可がおりるまで、運動・水泳は控えましょう。

鼻水が多い場合

自分で鼻をかめない場合は、専用の吸い取り器を使って吸い取ります。

自分で鼻をかめる子どもには、片方ずつゆっくりかむことを教えましょう。

6. 急性中耳炎の予防法

風邪をひかない

急性中耳炎そのものを予防することは難しいですが、風邪をひくと中耳炎のリスクが上がります。

こまめな手洗い・うがいや規則正しい生活を心がけ、風邪をひかないよう注意しましょう。

予防接種を受けておく

急性中耳炎予防には、肺炎球菌ワクチン・インフルエンザワクチンの接種も重要です。

肺炎球菌ワクチン接種時期のめやす

  • 1回目…2~6ヶ月
  • 2回目…1回目の接種から27日以上間隔をあける
  • 3回目…2回目の接種から27日以上間隔をあける(1歳未満)
  • 4回目…3回目の接種から60日以上間隔をあける(12~15ヵ月ごろ)

インフルエンザワクチン接種時期のめやす

毎年秋ごろに接種します。

13歳未満の場合、より高い効果を得るために2回接種します。

2回目の接種時期は、1回目の接種から2~4週間後になります。

受動喫煙を避ける

喫煙者の親を持つ子どもは、そうでない子どもより中耳炎になりやすいことが知られています。

タバコから出る副流煙が、耳管や中耳の粘膜を傷つけるためです。

さらに、中耳炎の一因となるアレルギー性鼻炎の発症率も上がります。

「換気扇の下で吸うから大丈夫」はウソ

喫煙後も体や服に有害物質が残るので、換気扇の下やベランダで喫煙してもあまり意味がありません。

喫煙習慣があるパパ・ママはすぐに禁煙するか、少しずつ本数を減らしましょう。

近所の耳鼻科の病院を
探す・口コミを見る

7. 先輩ママの「うちの子の急性中耳炎体験談」

千葉県・2才3ヵ月の男の子・たこちゃんママより

10ヵ月のときに、風邪がすっきり治らず、そのうちに中耳炎を起こしました。

鼓膜を切開して膿を出し、飲み薬と点耳薬を2週間続けました。

通院も大変だし、本人も耳をずっと気にして、かわいそうでした。

鼻水が続くと中耳炎を起こしやすいので注意するように言われています。

引用元:急性中耳炎で切開しました。完全に治るまでに時間がかかった

投稿者名非公開

風邪をひいた後、1週間程鼻水が続いたので、耳鼻科を受診すると滲出性中耳炎との診断でした。

その時は投薬と経過観察だったのですが、また風邪をひき、夜耳が痛いと言ったので、翌朝受診すると急性中耳炎になっており、切開手術をしました。

(中略)そのまま放置すると鼓膜が破裂し、その後の鼓膜形成にも影響があるという説明を受けたので、手術をしました。

切開後、溜まっていた水が綺麗になくなり、耳の痛みもなくなりました。

1週間程で鼓膜は回復し、その後1度も中耳炎になっていません。

引用元:中耳炎の体験談

参考:病院で処方される薬