水ぼうそうウイルスの感染経路は?対策はどうすればいい?

1. 水ぼうそう(水痘)とは?

水ぼうそう(水痘)は、軽い発熱と赤い発疹や水ぶくれが体中にできる病気です。

小さな子どもがかかることで知られていますが、大人も感染することがあります。

発症した場合、しっかり治るまで登校や登園はできません。

2. 水ぼうそうの原因ウイルスとは?

水ぼうそうは、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染して起こる病気です。

ウイルスの感染力がとても強いので、免疫を持たない人がかかると、水ぼうそうを発症します。

どんな症状が出るのか?

感染すると2週間ほどの潜伏期間があります。

37℃ほどの熱が2~3日ほど続き、かゆみがある赤い発疹が全身に出ます。

水ぼうそうで大変な症状は発疹

赤い発疹は、徐々に水ぶくれ(中身はウイルス)となります。

水ぶくれになる頃は、かゆみが最も強くなっていますから、かき壊したりしないよう注意が必要です。

1週間~10日ほどで茶色のかさぶたとなります。

発疹のすべてがかさぶたになると、完治となります。

3. 水筒・帯状疱疹ウイルスの感染経路

ウイルスが体に侵入するパターンのは次の通りです。

空気感染

空気中にただよっているウイルスを、吸い込んでしまう場合です。

飛沫感染

ウイルスを持っている人が、せきやくしゃみをすることで、ウイルスが飛び散り、それを吸い込んでしまうことです。

接触感染

ウイルスがついた手で何かを食べたりすることで、ウイルスを体内に入れてしまいます。

4. 水ぼうそうの予防対策

水痘・帯状疱疹ウイルスは感染力が強いので、一般的な予防策では十分とは言えません。

予防に最も効果的なのは、水ぼうそうワクチンの予防接種をすることです。

水ぼうそうワクチンの予防接種とは

水ぼうそうワクチンは、水ぼうそうウイルスを弱めてつくる生ワクチンです。

生ワクチンを接種すると、体の中で水ぼうそうに感染した状態となります。

すると、体内で水ぼうそうに対する抗体が出来上がるのです。

注射の回数は?

予防接種は2回受けます。

1回目を受けたら、間を3か月空けて2回目を接種します。

どうして2回受けるの?

ワクチンを接種しても、免疫を得られない場合があります。

2回接種することで、免疫をしっかり獲得できるようにするためです。

水ぼうそうは公費で接種が可能

以前は任意接種で、自己負担額も高いことから、接種する人はそれほど多くありませんでした。

2014年から水ぼうそうワクチンは、乳幼児の定期接種の対象となりました。

ワクチン接種率が上がったことで、以前より乳幼児の水ぼうそう感染率は下がりつつあります。

水ぼうそうワクチンは、1才から受けることができますので、対象年齢になったら必ず接種しましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬