子どもがおたふくかぜのときお風呂に入れていい?家族にうつる?

1. おたふくかぜってどんな病気?

おたふくかぜとは、耳下腺と呼ばれる耳の下が腫れ、発熱する病気です。

感染力が非常に強く、小さい子どもがよくかかります。

2. おたふくかぜでもお風呂に入れる?

おたふくかぜのときでも、基本的にお風呂に入ることはできます。

また、シャワーで体の汗や汚れを流すだけでも問題ありません。

おたふくかぜでお風呂に入れるメリットは?

お風呂のメリットでもある、体が温まり、血行がよくなります。

体が温まることで、免疫力が高まります。

結果的におたふくかぜの完治を早めることができます。

3. おたふくかぜでお風呂に入れないケース

おたふくかぜに感染すると、人によって38度前後の高熱が出ます。

高熱が出ているときには、お風呂に入れてはいけません。

また、吐き気や下痢、頭痛やめまい、倦怠感があるときにも、同様にお風呂に入れてはいけません。

体調が思わしくないときには、お風呂には入れないようにしましょう。

お風呂に入れない場合の対処法

発熱して汗をかいている場合には、濡れたタオルで体を拭く方法があります。

また、汗をかくと体を冷やしてしまうため、こまめに着替えをさせましょう。

4. お風呂に入れる場合の注意点

温度はぬるすぎず熱すぎず

お風呂の温度がぬるいと、逆に体を冷やしてしまう恐れがあります。

逆に温度が熱すぎると、体力を余計に消耗して負担がかかってしまいます。

長時間のお風呂は避ける

お風呂の温度が適温でも、長時間お風呂に入ると、体力を消耗してしまいます。

お風呂は最後に入れる

家族内に、おたふくかぜに感染していない兄弟や姉妹がいる場合、感染者は最後に入れましょう。

また、一緒にお風呂に入れるのは絶対に避けましょう。

おたふくかぜは、せきやくしゃみによる飛沫感染、タオルなどを経由して感染する接触感染があるからです。

タオルは共有しない

前の内容でも書きましたが、タオルからの接触感染により、感染源を拡大します。

また、服からも感染するため、脱いだ服はスグに洗濯機に入れましょう。

風呂あがりは湯冷めに注意

お風呂から出たら、すぐに水滴を取って、湯冷めさせないようにしましょう。

また、部屋を暖めておくことも大切です。

シッカリと水分補給を

お風呂あがりは、汗などで体中の水分が少なくなっている状態です。

シッカリと水分を補給しましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬