子どもの糖尿病とは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. 糖尿病はこんな病気

すい臓のβ細胞から分泌されるインスリンには、血中のブドウ糖をエネルギーに変える作用があります。

インスリンの働きが低下すると血中のブドウ糖が消費されにくくなり、血糖値が高くなります。

症状が進むと余分な糖が尿として出るため、糖尿病と呼ばれます。

本当に恐ろしいのは、糖尿病にともなう合併症

高血糖状態が長く続くと、さまざまな合併症があらわれます。

糖尿病の発症年齢が低いほど、合併症の発症年齢も早くなります。

糖尿病性神経障害

手足の血行が悪くなり、しびれや感覚の低下が起こります。

最悪の場合手足が壊疽を起こし、切断を余儀なくされることもあります。

糖尿病性網膜症

眼の血行が悪化して血管がつまり、視力に支障をきたします。

悪化すると、失明に至ることもあります。

糖尿病性腎症

腎臓でうまく血液をろ過できなくなり、悪化すると人工透析が必要になります。

血管の異常

血中の糖分などが血管内壁に付着し、動脈硬化を起こしやすくなります。

動脈硬化が悪化すると、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になります。

2. 1型(インスリン依存性)糖尿病

自己免疫反応の異常などによってβ細胞が破壊され、インスリンを分泌できなくなります。

子どもや若年者の患者が多く、かつては「小児糖尿病」と呼ばれていました。

2型糖尿病と異なり、肥満をともなうことはありません。

おもな症状

ある日突然、以下のような症状があらわれます。

風邪に似た症状をともなうこともあります。

  • のどの渇き
  • 頻尿(小さい子どもの場合、おねしょが増えることも)
  • 急激な体重減少
  • 疲れやすくなる
  • 脱水症状
  • 意識障害

1型糖尿病はケトアドーシスになりやすい

1型糖尿病の場合、ブドウ糖の代わりに脂肪やタンパク質をエネルギーとして使用します。

脂肪をエネルギーに変換すると、ケトン体という物質が発生します。

ケトン体が増えると血液が酸性に傾き、ケトアドーシスと呼ばれる状態になります。

ケトアドーシスになると体のさまざまな機能に支障をきたし、重症化すると昏睡状態に陥ります。

3. 2型(インスリン非依存性)糖尿病

日本人の糖尿病の9割以上は、この2型糖尿病です。

供給される糖分の量に対してインスリンの量が足りないか、十分に作用しません。

おもに食べすぎ・運動不足・ストレスなどが原因で発症し、肥満をともなうことが多いです。

中年以降で発症することが多いですが、近年は子どもでも2型糖尿病になるケースが増えてきました。

おもな症状

2型糖尿病の場合、初期の自覚症状がほとんどありません。

糖尿病の症状と気付かないことも多く、気付いたときにはかなり進行していることもあります。

  • 空腹感・のどの渇き
  • 頻尿
  • 疲れやすくなる
  • 眼がかすむ
  • 体重減少
  • 手足のちくちくした痛み・しびれ
  • 小さな傷が治りにくくなる
  • 風邪や感染症にかかりやすくなる

4. 糖尿病の検査

尿検査

糖尿病が進行すると、尿に糖が混じります。

2型糖尿病の場合、園・学校の尿検査で発見されることも多いです。

血液検査

随時血糖検査

食後時間を置いて採血し、普段の血糖値を調べます。

早朝空腹時血糖検査

検査当日の朝食を抜き、空腹時の血糖値を調べます。

ブドウ糖負荷試験

検査当日の朝まで絶食し、まず空腹時の血糖値を調べます。

その後ブドウ糖を摂取し、時間の経過とともに血糖値の変化を調べます。

HbA1c検査

HbA1cは血中のヘモグロビンとブドウ糖が結合したもので、血液検査で濃度を調べることができます。

HbA1cの濃度はおおむね一定ですが、過去1~2ヶ月の血糖値が高いとHbA1cの濃度も上がります。

5. 糖尿病の治療

1型と2型で治療方法が異なりますが、いずれも長期間の血糖コントロールが重要です。

親だけでなく子ども本人が糖尿病のことを理解し、自発的にコントロールしなければなりません。

また、子どもが通う園・学校などの理解も必要になります。

インスリン・薬物療法

1型ではインスリンが分泌されないので、自己注射でインスリンを補わなければなりません。

2型でも、必要に応じてインスリン注射を行います。

インスリン自己注射の方法

1日数回、食事前・就寝前などにペン型注射器で注射します。

小さいうちはパパ・ママが注射し、小学生くらいになったら子どもが自分でできるよう練習しましょう。

飲み薬による治療

2型糖尿病では、以下のような飲み薬を使うこともあります。

  • インスリンの分泌を促す薬
  • インスリン抵抗性(肝臓などでインスリンの働きが低下した状態)を改善する薬
  • ブドウ糖の吸収を抑える薬

食事療法

2型糖尿病では、食事療法が特に重要になります。

血糖値を一定に保つため、成長に見合ったカロリーを摂るようにします。

子どもの場合は、年齢に応じた健康的な食事を心がけましょう。

朝食抜きや夜遅くの食事などを避け、適切な時間に食べることも大切です。

1型の場合

1型の場合特に食事制限は必要ありませんが、成長期にふさわしい食生活を心がけましょう。

運動療法

食事療法と同じく、2型糖尿病に欠かせないのが運動療法です。

運動することでエネルギーを消費し、血糖値を下げるのに役立ちます。

医師と相談しつつ、子どもに合った強度の運動を行いましょう。

1型の場合

運動には特に制限がありませんが、運動後は必要に応じて糖分をおぎないます。

6. 日常生活での注意

低血糖に注意!

食事の量・タイミングやインスリンの効きすぎが原因で、低血糖状態に陥ることがあります。

低血糖状態になると脳のエネルギーが不足し、以下のような症状が起こります。

  • 冷や汗
  • 動悸が強くなる
  • 眠気
  • 頭痛・吐き気
  • けいれん
  • 意識障害

重症化すると昏睡状態に陥り、命にかかわることもあります。

ブドウ糖タブレットを携帯する

低血糖になったときのため、タブレットタイプのブドウ糖を常に携帯しましょう。

お菓子やジュースでもいい?

ブドウ糖タブレットがなければ、飴やジュースなどでブドウ糖を補給することも可能です。

ただし最近のお菓子は糖分をカットしたものが多く、糖分補給に適さない場合があります。

また、おいしいお菓子が手近にあると何となく口にしたくなります。

ただ甘いだけでそれほどおいしくないブドウ糖タブレットなら、つい手が伸びることもないでしょう。

シックデイの注意点

シックデイ(Sick day)は、糖尿病患者が糖尿病以外の病気にかかった状態をさします。

糖尿病患者の場合、風邪や下痢などの身近な病気でも血糖コントロールが乱れやすくなります。

血糖コントロールが乱れると体の回復がさまたげられて悪循環になるので、早めの対処が大切です。

こまめに症状を観察し、不安な点があればすぐかかりつけの医師に相談しましょう。

インスリン注射はいつも通り行う

血糖コントロールの乱れは、最小限に抑えなければなりません。

インスリン注射はいつも通り行い、できるだけいつもと同じカロリーを摂取しましょう。

医師の指示がある場合は、さらに追加注射を行います。

脱水症状に注意

血糖値が高いと、浸透圧の関係で脱水症状に陥りやすくなります。

水分だけでなく、電解質もこまめに補いましょう。

ただし、清涼飲料水を飲みすぎると血糖値が大幅に上がるので注意が必要です。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

7. 先輩ママの「うちの子の糖尿病体験談」

投稿者名非公開

3月上旬、「のどが渇いた」と言うことが多くなり、トイレの回数が極端に増えた。

夜もトイレに間に合わずおねしょを毎晩するようになった。

ときどきボーっとしたりぐずることが多くなり、おかしいと思い、かかりつけの小児科にて受診。

尿検査と血液検査をしたところすぐに紹介状が渡され「すぐに総合病院へ行ってください」と言われました。

すぐに総合病院に行き検査をすると、即入院、治療(点滴)が始まり、医師からは1型糖尿病であると告げられ、一生インスリン治療が必須になるといわれ、同時に10万人に1人の割合であること、小児に多いこと、飛行機事故にあうくらいの確立ですと言われました。

発症した糖尿病は1型なので、インスリン治療が必須であった。

また、発症した時の年齢が幼く、食事療法は好ましくないといわれた。

なぜなら、食事制限をすると成長に影響が出てしまう恐れがあるからだと。

また、運動療法は必要なく、好きなように動き、好きなものを食べ、食べた分だけ必ずインスリンを打つことが絶対条件だった。

(中略)

血糖値が安定したことで、本人の心も安定したように思う(怒りっぽくなくなった)。

引用元:治療ノート「糖尿病の体験談」