先天性難聴の治療法とは?自然に治る?手術の期間・費用は?

1. 先天性難聴とは?

先天性難聴とは、生まれつき耳が聞こえない、もしくは聞こえにくい病気です。

耳の中にある蝸牛(かぎゅう)や前庭半規管(ぜんていはんきかん)などが、成長途中で止まってしまうことで難聴を引き起こします。(感音難聴)

先天性難聴の原因

先天性難聴は、以下のような原因によって引き起こされると言われています。

  • 妊娠中の風疹感染
  • サリドマイド(ヘルペスウイルスの一種)などのウイルス感染
  • 遺伝性難聴
  • 1500g未満の低出生体重児
  • 新生児重症黄疸

染色体の異常が原因となる場合もありますが、原因が分からないものもあります。

先天性難聴が与える影響とは?

先天性難聴によって、一番心配されるのは言葉の発達です。

耳が聞こえないと、なぜ言葉に影響が出るのでしょうか。

音が聞こえるメカニズムとは

まず音は耳介で集められます。

それが振動となって、外耳道から鼓膜、耳小骨のある中耳を通ります。

内耳から神経を通じて脳の大脳皮質に伝わることで、音を認識できます。

先天性難聴の場合、音の振動を伝える神経が働かないため、音を聞き取ることが難しいのです。

言葉の習得には耳を使う

赤ちゃんが言語(母国語)を習得するためには、まず母親など身近にいる人の言葉を聞きます。

繰り返し聞くことで、簡単な単語(いいよ、だめ、ばいばいなど)を理解していきます。

それから徐々に意味のある発語(まんま、わんわんなど)が話せるようになります。

しかし、耳が聞こえなければ、こうした言語の習得は難しくなるのです。

2. 自然に治るのか?

先天性難聴は、神経などが機能していないので、自然に聴力が回復することはありません。

難聴そのものは、命にかかわる病気ではありません。

しかし聞こえないまま放置してしまうと、言葉の発達に遅れが出てしまうので、早めの発見と治療が必要です。

3. どのような治療法があるのか?

先天性難聴そのものを治せる治療法は、残念ながらありません。

治療は、音が聞こえるように補聴器などの補助器具を使用しながら、聴覚言語訓練で、言語の習得を行います。

4. 手術の期間と費用

人工内耳手術

内耳が原因の難聴で、補聴器を使用しても十分に聞こえないために言葉の習得が進まない場合、人工内耳の手術となります。

手術可能年齢は1才6か月からです。

期間

入院期間は病院によって違いはありますが、2~3週間ほどです。

費用

人工内耳手術は健康保険適用です。

また各医療費助成制度の対象でもあります。

入院期間によって治療にかかる費用は変動しますが、高額になることはありません。

近所の耳鼻科の病院を
探す・口コミを見る