妊活とは?何から始める?妊娠するために大事なことまとめ

1. 妊活とは?

妊活の意味は?

妊活という言葉の意味は、基本的に次のように認識されています。

  • 妊娠に関する正しい知識を身につけ、自分の体の状態を把握し、妊娠に対して前向きに活動すること
  • 将来、自然に妊娠しやすくするための体つくりや生活スタイルをととのえること

「○活」という言葉が流行

最近、「就活」「婚活」「終活」などの「~活」という言葉が、よく言われるようになりました。

中でも「妊活」は、2011年の流行語大賞第2位に選ばれたこともあり、女性のみならず男性にも大きな関心が寄せられている言葉のひとつです。

「妊活」という言葉をつくった人は誰?

「妊活」は、ジャーナリストの白河桃子さんという人が提唱した言葉です。

白河桃子さんは、ライフプランや不妊治療などの女性の生き方をテーマに、多くの経済紙や女性誌で活動されている人です。

また、「婚活」という言葉をを生み出した人でもあります。

妊活が広く知られるようになったわけは?

「妊活」という言葉は、今や知らない人はいないほどです。

それはなぜなのでしょうか?

不妊治療体験者の積極的な発信

かつて、中々妊娠しないことを公にするのは、大変恥ずかしいという考えが大半を占めていました。

しかし、芸能人などのメディアに携わる人々がこのような風潮を変えようと動き出しました。

自身の不妊治療体験などを、ブログやテレビなどを通じて積極的に発信し始めたのです。

この活動は、子どもがほしくても中々妊娠できない夫婦に大きな共感と安心感を与えました。

これにより、芸能人だけではなく個人でも妊活ブログなどを開設し始める人が増え、妊活ブームが一気に広まっていったのです。

晩婚化の影響

近年は女性の社会進出などにより、晩婚化が進んでいます。

一人目の子どもを出産した女性のうち、5人に1人が35歳以上というデータもあります。

女性は35歳以上になると、卵子の質の低下などにより妊娠する力が落ちます。

また、男性も40歳を過ぎると、精子の活動量が落ちるということが最近分かってきています。

これにより、妊娠するために前向きに活動する男性や女性が増え、妊活が広まっていったのです。

2. 妊活は既婚女性だけ?男性も?

妊活は、既婚女性だけが対象になると思われがちです。

しかし、妊活の対象になる人は既婚女性だけではありません。

パートナーである男性

最近では、パートナーである男性も妊活の対象になっています。

妊活は、女性ひとりの力では決してできるものではないからです。

また、不妊の夫婦の約半数に、男性側に原因があると言われています。

将来子どもがほしい女性

今は結婚をしておらず子どもも望んでいない女性が、将来子どもがほしいと思ったときに備えて、妊娠しやすいからだづくりをすることも妊活の対象になります。

ごく最近では「卵子凍結」の技術も急速に発達しています。

卵子凍結とは、若いときの卵子を取り出し、いったん冷凍保存しておきます。

そして将来子どもがほしいと思ったとき、冷凍保存した卵子を使い、体外受精をして妊娠する方法です。

3. 妊活は何から始めたらいいの?

妊活をしたい!と思っても、まず何から始めたらよいのか分からないものです。

妊活の第一歩は、自分のからだのことをよく知ることから始めましょう。

特に、生理周期をきちんと把握し、排卵するタイミングを知ることが大切です。

また、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送るように心がけることも重要です。

4. 妊活の基本① 基礎体温をつける

基礎体温は、女性のからだの状態を知る上で、非常に有効な手段になります。

基礎体温で何が分かるの?

基礎体温をはかると、おおよその排卵日を知ることができます。

また、低温期と高温期に分かれているのかを知ることができます。

基礎体温のグラフはどのようになる?

健康な女性の場合、基礎体温をはかると低温期と高温期に分かれます。

低温期は、排卵するまでの期間をさし、大体2週間前後続きます。

排卵するとホルモンの影響で基礎体温が上昇し、高温期に入ります。

高温期も、低温期と同じく2週間前後続きます。

低温期と高温期の差は、だいたい0.5度以上です。

基礎体温で排卵日が分かる?

低温期の最終日あたりに、体温がガクッと下がる日があります。

この日は排卵日にあたると言われていますが、排卵のタイミングは個人差が大きいので、必ずしもこの日に排卵がされるわけではありません。

また、基礎体温は外気温やアルコール、睡眠時間の影響を受けやすいものです。

そのため、ガクッと下がるタイミングをとらえるのは難しいです。

したがって、基礎体温だけで排卵日を特定するのは無理があるでしょう。

基礎体温のはかり方は?

基礎体温とは、からだが活動していないときの体温のことです。

起きてすぐ、からだを動かさずに基礎体温計を口に含んではかります。

就寝前に、枕元に基礎体温計を置いておくといいでしょう。

基礎体温計はどこで手に入る?種類はあるの?

基礎体温計はドラッグストアで購入できます。

基礎体温計は色々な種類があります。

予測体温タイプ

10~20秒ほどで計測できるタイプの基礎体温計です。

実測体温タイプ

3~5分ほどかけて計測するタイプの基礎体温計です。

単機能タイプ

基礎体温をはかるためだけの基礎体温計です。

多機能タイプ

グラフ表示・メモリー機能・アラーム機能がついている基礎体温計です。

予測体温は、実測体温に比べて短時間ではかれるメリットがあります。

実測体温は、予測体温に比べてはかるのに時間がかかりますが、より正確にはかることができます。

5. 妊活の基本② 排卵検査薬を使う

排卵検査薬とは、排卵される約72時間前に分泌されるホルモンを検出することで、より正確に排卵日を知ることができるツールです。

何回か使用することで、生理が始まってから大体何日目で排卵するのかが分かるようになります。

排卵検査薬の使い方は?

排卵検査薬は、生理開始から約12日目前後に使用します(生理周期によってかなりの個人差あり)。

排卵検査薬の検知部分に尿をかけ(尿を入れたコップに浸し)、陽性反応があれば約48時間以内に排卵します。

基礎体温と併用することで、より正確な排卵日を知ることができるでしょう。

排卵検査薬はどこで手に入る?

排卵検査薬は、処方箋を扱うドラッグストアにて販売されています。

また、海外製の排卵検査薬はネットで購入することができます。

排卵検査薬はどんな種類があるの?

排卵検査薬はたくさんのメーカーが販売しています。

尿をかける方法はどれも同じですが、判定部分の表示が違うものがあります。

  • 線の濃さで判断するタイプ
  • 専用のマークが表示されるタイプ

専用のマークが表示されるタイプは少し価格が高いですが、分かりやすくて使いやすいでしょう。

排卵検査薬を始めて使う人にはおすすめです。

6. 妊活の基本③ 生活習慣を見直す

妊娠する確率をあげるためには、健康なからだづくりが最も大切です。

自分たちの生活習慣を一度見直してみましょう。

栄養バランスのとれた食事

インスタント食品や外食が多い人は、栄養バランスがどうしても崩れがちになります。

できるだけ自炊をするようにしましょう。

「妊娠するには○○を食べるといい」という情報がたくさんありますが、健康なからだをつくるためにはバランスのとれた食事が何よりも大切です。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足はからだに不調をもたらします。

からだに不調があると、人間の生殖能力は落ちてしまう傾向にあります。

睡眠をしっかりとり、毎日元気に過ごすようにしましょう。

遅くとも0時には眠るようにしましょう。

ストレスをためない

ストレスは、脳の視床下部に大きな影響を与えます。

視床下部は排卵や精子をつくるための司令塔です。

視床下部がダメージを受けると、うまく排卵されなくなったり健康な精子がつくられにくくなります。

ストレスを発散させる方法をみつけて、ためこまないようにしましょう。

適度な運動

運動をすることで血行が促進され、子宮や卵巣・卵管などに血液がいきわたります。

血液の循環が活発になると、これらの生殖器官も活発になり、妊娠する力がアップします。

できるだけ毎日、適度な運動をするように心がけましょう。

7. 妊活の基本④ ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、妊娠出産に影響するような婦人科系の疾患がないか、妊娠するためのホルモン値に異常がないのかなどをチェックするための検査です。

ブライダルチェックはどんな検査をするの?

ブライダルチェックは、婦人科系の疾患の有無を調べたり、血液検査をしてホルモンの状態をチェックすることができます。

超音波検査

子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮奇形の有無を調べます。

子宮がん検査

子宮頸がんや子宮体がんの検査を調べます。

血液検査

カンジダ、B型肝炎・C型肝炎、性病(クラミジア・梅毒・トリコモナス・HIV)、甲状腺の病気、風疹の抗体の有無、貧血の有無、甲状腺の病気の有無、ホルモンの状態を検査します。

尿検査

糖尿病の有無を検査します。

診察

生理の状態(生理周期、生理の量、生理痛の有無など)、健康状態、生活習慣、家族の健康状態などの質問に答えます。

男性もブライダルチェックをするの?

先程も述べたように、不妊に悩むカップルの約半数が、男性側に原因があると言われています。

希望すれば精子の状態を検査することが可能です。

ブライダルチェックはどこで受けられる?

ブライダルチェックは、ほとんどの婦人科や産婦人科で実施しています。

しかし、病院によって内容が異なる場合が多いです。

どのような検査を実施しているのか、事前に問い合わせてから受けるようにしましょう。

8. 妊娠するために大事なことは?

妊活をスムーズに進めていくため、大事なことがいくつかあります。

1. 妊活は自分たちのペースで

周囲の人から、「子どもはまだ?」「早く産んだ方がいいよ」と言われることもあると思います。

悪意はないものの、妊活中のカップルにとっては焦りを感じてしまうでしょう。

しかし、妊活を焦るとストレスの原因になります。

妊活は自分たちのペースで進めていきましょう。

2. からだを冷やさない

冷えは血液の循環を滞らせてしまいます。

血液の循環がうまくいかなくなると、子宮や卵巣などの生殖機能がうまくはたらかなくなってしまいます。

特に女性は、からだを冷やさないように注意して生活しましょう。

食べ物や飲み物は常温か温かいものを

冷たい食べ物や飲み物をとりすぎると、冷えの原因になります。

食べ物や飲み物は、常温か温かくしてから口に入れるようにしましょう。

エアコンによる冷えを予防する

エアコンがききすぎている場所に長時間いると、からだが冷えてしまいます。

羽織るものを持参するなどして、エアコンによる冷えを予防しましょう。

適度な運動をする

運動をすると、血液の循環がよくなり冷えの予防につながります。

ストレッチやヨガ、ウォーキングなどの運動を心がけましょう。

湯船に15分ほどつかる

お風呂をシャワーのみですませていると、からだがなかなか温まりません。

入浴時は、湯船に15分ほどつかるようにしましょう。

お湯の温度は、38~40℃くらいが最適です。

湯たんぽで寝るときにカラダが冷えないように

夜寝るときに冷えてしまうという方も多いです。

そういうときは、湯たんぽが使えます。

今では電気式のものも売っていますが、身体の中への熱の浸透や火傷のリスクを考えると、昔ながらのお湯を入れるタイプの物が一番オススメです。

助産師監修!骨盤・子宮まわりを温める妊活用の湯たんぽとは?

3. 妊活は夫婦で一緒に取り組む

まず、家族計画について事前に夫婦でしっかりと話し合っておきましょう。

  • 子どもは何人望んでいるか
  • 不妊治療をするかしないか
  • 住まいはどうするか
  • 出産後の仕事はどうするか

夫婦の考え方にずれがあると、スムーズに妊活をすることができません。

妊活についてお互いの意見を出し合い、夫婦二人三脚で進めていきましょう。

お互いを思いやる気持ちを忘れないことが、なによりも大切です。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る