点頭てんかんの治療法は?自然に治る?手術の期間・費用は?

1. 点頭てんかんとは?

点頭てんかんとは、生後3か月~1才の赤ちゃんに発症するてんかんです。

発症時期が最も多いのは生後5~6か月です。

まれにですが、2才を過ぎてから発症することもあります。

発作の特徴

両手をばんざいのように上げる

点頭てんかんの特徴は、発作を起こすと頭を垂れておじぎをするような動作(点頭)と、両手をばんざいのように上げる動きをすることです。

一般的なてんかんとは違い、発作を起こしている間は意識を失うことがありません。

一日に何度も繰り返す

この発作を5~10秒ごとに1度の間隔で、数十回繰り返すこともあります。

繰り返す発作をシリーズ形成と呼び、一日に数回から数十回くりかえすことがあります。

赤ちゃんの普通の動きと見分けるのが難しい

発作の動きが赤ちゃんの原始反射の一つ、モロー反射(びくっと動く)に似ているため、一般的なてんかんに比べると見分けるのは難しいと言われています。

発作が見られると、成長段階でできていたことが、できなくなります。

2. 点頭てんかんの治療法

点頭てんかんと診断されたら、抗てんかん薬を飲むだけでなく、発作の抑制効果が高いビタミンB6を大量に投与する治療がおこなわれます。

抗てんかん薬だけでは効果が期待できないときは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)療法が行われます。

薬以外にも規則正しい生活、十分な睡眠をとることも大切な治療となります。

3. 自然に治る?

てんかんは脳に何らかの傷がある状態です。

この傷が自然に治ることは、残念ながらありません。

しかし早く発見し、早く治療を始めると発達の遅れを食い止めたり、もしくは進行を遅らせることが期待できます。

4. 手術の期間と費用は?

小児てんかんに関しては、手術に対して消極的な対応も多くみられていました。

しかし最近は発作を繰り返すことで脳への悪影響を減らすために、手術が可能であれば積極的に手術を行う傾向にあります。

手術の期間は?

てんかん手術では、検査入院と手術入院を分けて行います。

検査入院では1~2か月をかけて、発作の原因や症状の状態を詳しく調べます。

手術入院は4~7週間で、手術の内容や経過によって入院期間は異なります。

手術の費用は?

手術と聞くと、やはり心配になるのは費用です。

手術費用は保険適用(保険により2~3割負担)ですが、先進医療での治療を利用した場合は全額自己負担となります。

医療機関や薬局の窓口で支払った金額が一定を超えた場合、高額療養医療費制度が利用できます。

点頭てんかんの場合、小児慢性特定疾患という治療研究事業という制度があります。

これに該当すると入院中の医療費が全額公費によって援助されます。

参考:病院で処方される薬