急性気管支炎は大人でもなるの?大人がなったときはどうしたらいい?

1. 急性気管支炎は大人でもかかる?

急性気管支炎は年齢を問わずにかかる

急性気管支炎とは、ウイルスや細菌が気管支の粘膜に侵入し、炎症を引き起こす病気です。

そのため、赤ちゃんから高齢者まで、年齢を問わず、かかる可能性があります。

急性気管支炎の原因

急性気管支炎の原因の大半は、ウイルス感染によるものです。

インフルエンザウイルスやRSウイルス、アデノウイルス、麻疹風疹のウイルスなどです。

症状が悪化すると、細菌に二次感染することもあります。

原因となる細菌には、肺炎球菌やインフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、マイコプラズマ菌、百日咳菌などがあります。

2. 急性気管支炎の症状

せきや痰がひどくなり発熱する

最初は「コンコン」という乾いたせきや、鼻水が出ます。

その後、「ゴホゴホ」という痰がからんだせきに変わり、熱が38℃以上出ます。

熱は3~4日で下がることが多いですが、せきはなかなか治まりません。

重症化すると、肺炎になることもあります。

3. 急性気管支炎の対処法

治療は対症療法が中心

ウイルス性の急性気管支炎の場合、ウイルスに効く薬はありません。

そのため、鎮咳薬や去痰薬、気管支拡張剤、解熱鎮痛剤を使って、せきや痰、熱などの症状を和らげる治療を行います。

そして、細菌には二次感染した場合は、抗生物質を飲むことになります。

急性気管支炎のとき出社してOK?

インフルエンザに感染すると、出社停止になる企業は多いです。

では、急性気管支炎のときはどうかというと、会社によって対応が異なるようです。

発熱している場合は休むのが基本ですが、熱がなければ出社してかまいません。

ですが、せきや痰が出ているときにはきちんと病院で処方された薬を飲み、マスクを着用して出かけるようにしましょう。

参考:病院で処方される薬