子どもが急性気管支炎のときお風呂に入れていい?家族にうつる?

1. 急性気管支炎は人にうつる?

急性気管支炎はうつらない

急性気管支炎は、乳幼児期から小児期にかかりやすい病気です。

その原因は、気管支にウイルスや細菌が入り込み、炎症を起こすことです。

そのため、急性気管支炎自体は、人にうつることはありません。

ですが、急性気管支炎の原因であるウイルスや細菌は、人に感染するので注意が必要です。

2. 急性気管支炎のときの入浴

熱が下がるまではNG

乳幼児は汗をかきやすいので、毎日入浴させるのが基本です。

ですが、急性気管支炎で発熱しているときには、子どもも体力を消耗しているので、入浴は控えましょう。

子どもがおむつをしている場合は、1日1~2回ほど、おしりだけを洗ってあげると、かぶれにくくなります。

熱が下がったら入浴OK

お風呂の湿気は、子どものせきや喉の緩和してくれるので、熱が下がったら入浴させてあげましょう。

ただし、体力を消耗させないために、短時間にするのがポイントです。

蒸気で呼吸を楽にしてあげるためにも、湯船にもつからせてあげてください。

3. 入浴後の注意点

浴室も部屋も暖めておく

急性気管支炎の子どもを入浴させるときは、前後に体を冷やさないことが大事です。

浴室や脱衣所、リビングなどはきちんと暖めるなど、湯冷めしないよう配慮しましょう。

水分補給もしっかりと

入浴後の子どもは汗をかき、喉が渇くものです。

喉が乾燥すると痰がかたくなり、切れにくくなるので、せきがひどくなることがあります。

それを避けるためにも、お風呂上りには十分に水分補給させてあげましょう。

お風呂上りに飲ませるなら、イオン飲料や湯冷まし、麦茶などがおすすめです。

消化に時間のかかる牛乳は、避けた方がよいでしょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬