急性気管支炎になったら保育園に行けない?いつから行ける?

1. 急性気管支炎は人にうつる?

急性気管支炎自体は感染しない

急性気管支炎とは、気管支の粘膜にウイルスや細菌が侵入し、炎症を起こすことで起こる病気です。

もし、我が子やそのお友だちが急性気管支炎にかかっても、それ自体は人にうつることはありません。

原因のウイルスはうつる

ですが、急性気管支炎のそもそもの原因は、ウイルスや細菌に感染することです。

せきや痰、発熱などの症状があれば、原因であるウイルスや細菌を人にうつすことはあります。

2. 急性気管支炎だと保育園に行けない?

登園禁止の可能性はある

急性気管支炎は、学校保健安全法で登園が禁止される病気ではありません。

ですが、発熱を伴うせきや痰の症状があるときには、保育園への登園は見合わせるのが普通です。

また、急性気管支炎の原因が、第二種の感染症である「インフルエンザ」「百日咳」「麻疹」「風疹」などの場合は、確実に登園停止になります。

3. いつから保育園に行けるの?

症状が安定すれば登園できる

せきや発熱などの症状が治まり、食事や水分もきちんと摂れるようになれば、保育園に行けるようになります。

治癒証明書の提出が必要

とはいえ、子どもを保育園に行かせるかどうかの判断は、家庭ではできません。

また、子どもの急性気管支炎の原因が感染症のウイルスである場合は、医師の治癒診断書の提出が必要なのです。

急性気管支炎の原因を保育園に連絡すると、用意されている書式を渡されることが多いです。

それをかかっている病院に持って行き、お医者さまに記入しえもらいましょう。

通常、医師に診断書等を書いてもらうと有料ですが、地域の学校指定医であれば、無料で書いてくれます。

治癒証明書を提出し、保育園の許可をもらってから、登園させてください。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬