髄膜炎は一度かかったら大丈夫?それとも何回もかかるの?

1. 乳幼児に多い髄膜炎とは?

脳や脊髄をおおう髄膜が、ウイルスや細菌に感染して起こります。

初期症状は風邪に似ていますが、首が曲がりにくいなど特有の症状があらわれます。

髄膜炎の症状

髄膜炎のおもな症状

一般的な髄膜炎の症状は以下のとおりです。

  • 高熱(38~40℃)が続く
  • はげしい頭痛が起こる
  • 食欲がなくなり、何度も嘔吐する
  • 首が曲がりにくくなる
  • けいれん・意識障害
  • わずかな音・光にも敏感になる

子どもの髄膜炎に特有の症状

赤ちゃんや小さな子どもの場合、さらに以下のような症状が起こります。

  • 大泉門(頭蓋骨のつなぎ目)が盛り上がる
  • 縦抱っこを嫌がる
  • 機嫌が悪く、激しく泣き続ける

ウイルス性髄膜炎と細菌性髄膜炎

髄膜炎は、ウイルス性(無菌性)髄膜炎と細菌性(化膿性)髄膜炎に大きく分かれます。

髄膜炎が疑われたら、まず髄液検査によってウイルス性か細菌性かを見極めます。

一般的に細菌性のほうが重症化しやすく、後遺症が残る確率も高くなります。

2. ウイルス性髄膜炎は再発する?

ウイルス性髄膜炎は、すぐに再発する可能性は低いです。

ただし抵抗力が落ちているときにウイルス・細菌に感染すると、また髄膜炎にかかるおそれがあります。

この場合は、再発というより再感染といったほうがよいでしょう。

3. 細菌性髄膜炎は再発する?

ウイルス性髄膜炎同様、抵抗力が低いときにウイルス・細菌に感染すると再び発症するおそれがあります。

日ごろから抵抗力をきちんとつけて、再感染防止につとめましょう。

他の病気から髄膜炎に移行した場合は注意!

中耳炎や副鼻腔炎などの病気から細菌性髄膜炎に移行した場合は、特に注意が必要です。

髄膜炎のもととなった病気を治さないと、そこからまた髄膜炎になるおそれがあります。

そうした病気がないのに何度も髄膜炎になる場合、原因を調べて対処する必要があります。

4. 退院後すぐに無理をすると、症状がぶりかえすことも

症状がある程度おさまって容態が安定すれば、退院して自宅で療養します。

このときに無理をすると、おさまったはずの症状がぶりかえすことがあります。

動けるからと無理をしないで、しっかり休養をとりましょう。

登園再開はいつから?

小さな子どもが集団生活する保育園・幼稚園には、病気のもととなるウイルス・細菌がたくさんいます。

体力が完全に戻らないまま登園すると、新たにウイルス・細菌に感染する危険があります。

また、久しぶりの登園で興奮していつも以上に疲れてしまうかもしれません。

体力がしっかり戻るまでは、自宅でおとなしく過ごさせましょう。