子どもが百日咳のときお風呂に入れていい?家族や兄弟にうつる?

1. 百日咳でもお風呂に入れていい?

体調がよければ入れてOK

百日咳にかかっても、熱がなく、せきが軽くなってきたら、お風呂に入れて大丈夫です。

2. 入浴させるかどうかを見極めるポイント

平熱である

熱を測って平熱のときは、入浴させてかまいません。

平熱より高めのときは、全身の状態をみて判断しましょう。

機嫌がいい

せきが続いていても、子どもが機嫌よく過ごせているなら、入浴して大丈夫です。

お風呂に入れることで、喉が潤うと痰がきれやすくなります。。

せきで眠れていないときは入浴させない

夜中にせき込んで、よく眠れていない子どもは、無理してお風呂に入れないようにしましょう。

入浴は、大人が考える以上に体力を使います。

濡れたタオルやガーゼで体を拭いてあげれば、1日くらい入浴させなくても大丈夫です。

3. 百日咳の子どもをお風呂に入れるときの注意点

湯温は38~40度に!

せきで体力を消耗している子どもをお風呂に入れるときは、お湯の温度を少しぬるめにするのがおすすめです。

38~40度のお湯でさっと温まる程度で、あげてしまいましょう。

入浴後に子どもが顔を真っ赤にし、汗をかくところまでいくと温め過ぎです。

お風呂上りにも注意!

ぬるめのお湯にさっとつかる程度では、十分に体が温まりません。

湯冷めすることがないように、脱衣所や部屋をしっかり暖めておきましょう。

手早く拭いて、着替えさせるのがポイントです。

水分補給もしっかりと!

お風呂から上がったら、水分をしっかり補給します。

脱水症状とともに、乾燥で痰が硬くなり、出しにくくなるのを防いでくれます。

体が温まっていると眠りに入りやすいので、お風呂上りに水分補給をし、髪をしっかり乾かしたら、早めに寝かせてあげましょう。

その際、寝室も暖めておくと入眠効果があがるはずです。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る