赤ちゃんの細菌性髄膜炎の原因・症状・治療法は?後遺症は?

1. 細菌性髄膜炎の原因とは?

髄膜炎はこんな病気

髄膜炎は、赤ちゃんや小さな子どもに多い病気です。

脳や脊髄をおおっている髄膜が細菌・ウイルスに感染し、さまざまな症状があらわれます。

細菌性髄膜炎の原因

髄膜炎は、大きく分けて細菌性とウイルス性の2種類があります。

細菌性髄膜炎のおもな原因菌は、以下のとおりです。

新生児~3ヶ月

  • B群溶血性連鎖球菌
  • 大腸菌

ママが妊娠中にB群溶血性連鎖球菌に感染すると、分娩中に赤ちゃんに感染する恐れがあります。

3ヶ月以降

  • ヒブ(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型)
  • 肺炎球菌
  • 結核菌

2. 細菌性髄膜炎の症状

おもな症状

1. 38~40℃の高熱

急激に高熱が出て、しばらく持続します。

2. 食欲不振・嘔吐

食欲がなくなり、嘔吐を繰り返します。

3. 強い頭痛

強い頭痛も、髄膜炎の特徴です。

ただし、赤ちゃんの頭痛を大人が判断するのは難しいです。

他の症状の様子も、あわせてチェックしましょう。

4. 首が曲がりにくくなる

首がこわばり、前に曲げにくくなります。

仰向けに寝かせておへそを見るような姿勢をとらせると、上半身全体が曲がります。

赤ちゃんの場合、縦抱きを嫌がることもあります。

5. 大泉門が盛り上がる

大泉門(赤ちゃんの額にある、頭蓋骨のつなぎ目)が盛り上がります。

通常はへこんでいるので、さわるとすぐにわかるでしょう。

6. けいれん・意識障害

症状が進むと、意識障害が起こることがあります。

以下の症状が見られたら、すぐに病院へ行きましょう。

  • ぐったりしている
  • ぼうっとしていて、呼びかけにあまり反応しない
  • すぐにうとうと眠る

7. 機嫌が悪く、激しく泣く

赤ちゃんは、「頭が痛い」「気分が悪い」などと言葉で伝えられません。

かん高い声で激しく泣いたり、ずっと不機嫌だったりする場合は、不快症状のサインかもしれません。

細菌性髄膜炎は重症化しやすい

細菌性髄膜炎は重症化しやすく、治療が遅れると命にかかわることもあります。

すぐに適切な治療をすれば、死亡率は10%以下になります。

新生児・免疫不全などで抵抗力が低い場合や治療が遅れた場合は、より死亡率が高くなります。

3. 細菌性髄膜炎の治療法

髄液検査を行う

髄膜炎が疑われたら、まず髄液検査を行います。

髄液検査の結果によって、細菌性かウイルス性かを見極めます。

入院して治療を行う

原因菌にあわせた抗生物質を投与して治療します。

抗生物質は2~3週間ほど投与しつづけなければならず、ある程度長期間の入院が必要になります。

抗生物質の投与と同時に、それぞれの症状をおさえる対症療法を行います。

4. 細菌性髄膜炎の合併症・後遺症

細菌性髄膜炎の合併症

細菌性髄膜炎の合併症として、重い病気にかかることがあります。

細菌性髄膜炎の後遺症

ヒブが原因であれば約20%、肺炎球菌が原因であれば20~30%の確率で後遺症があります。