百日咳のウイルスの感染経路と対策は?予防法は?

1. 百日咳を引き起こす原因は?

感染力の強い細菌が引き起こす

百日咳は、百日咳菌という細菌に感染することで起こります。

とても感染力の強い細菌で、家庭で一人が発症すると、80%の確率で家族にうつるといわれています。

赤ちゃんから高齢者まで、年齢を問わずに感染します。

赤ちゃんがかかると重症化しやすい

百日咳は、2歳までの乳幼児によくみられます。

体力のある大人は百日咳にかかっても、時間がたてば自然治癒します。

しかし、予防接種を受けていない乳児が百日咳にかかると重症化しやすく、命の危険をもなうこともあります。

2. 百日咳の感染経路は?

せきにより飛沫感染する

百日咳は、かかっている人のせきやくしゃみ、つばなどから、飛沫感染します。

百日咳菌は治療をしなくても、1週間程度で喉からはいなくなります。

しかし、百日咳菌が出す毒素が血液中に長く残るので、特有のせきが続くのです。

百日咳特有のせきとは?

百日咳にかかると、コンコンと長く連続するせきが出ます。

ひどくなると、顔が真っ赤になるまでせきが続き、最後に笛を吹くような「ヒュー」という音とたてて、息を吸うようになります。

生後6カ月以内の赤ちゃんだと、せき込んだ後で息がうまく吸えなくなり、チアノーゼを起こすこともあります。

3. 百日咳の予防接種とほかの予防方法

生後3カ月を過ぎたら予防接種を受ける

赤ちゃんの百日咳への感染を防ぐためには、予防接種を受けるのが一番です。

生後3カ月を過ぎたら、できるだけ早く四種混合(DPT-IPV)ワクチンを受けましょう。

1回目の四種混合(DPT-IPV)ワクチンを受けたら、3~8週間ごとに3回、3回目から約1年後に4回目を摂取するのが基本です。

手洗いとうがいを徹底する

百日席菌は、くしゃみからも飛沫感染します。

百日咳の感染者が、くしゃみを押さえた手のひらでドアノブや手すりなどを触ると、そこから二次感染する可能性があります。

家族全員、外出先から戻ったら、手洗いとうがいを徹底しましょう。

特に、風邪の症状が出た時は注意してください。

せきが出たらマスクをする

パパやママにせきや鼻水の症状がある時には、必ずマスクを着用しましょう。

そして、早めに病院を受診して、百日咳でないことを確認することをおすすめします。

赤ちゃんの兄弟に風邪の症状がみられた時にも、マスクをさせるように心がけてください。

赤ちゃんが触るものはこまめに消毒する

赤ちゃんは、手に取れるものは何でも口にいれます。

つかまり立ちを始めれば、テーブルやドアに触る機会も増えます。

だからこそ、赤ちゃんが触るものは、こまめに消毒する習慣をつけ、二次感染を防ぎましょう。

消毒用エタノールを使うと、手軽に百日咳菌を退治できます。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る