ヘルパンギーナは大人でもなるの?子どもと大人の違いは?

1. ヘルパンギーナとは?

ヘルパンギーナは、エンテロウイルス群を原因とする夏風邪の一種です。

赤ちゃんや未就学児に多く、おもに以下のような症状が起こります。

  • 発熱(39~40℃)
  • 痛みをともなうのど・口の中の水疱
  • 脱水症状

2. 大人がヘルパンギーナにかかると…

ヘルパンギーナは子どもに多い病気ですが、大人がかかってしまうこともあります。

大人のヘルパンギーナは子どもに比べて症状が重く、発熱や水疱に加えて以下のような症状が出ます。

  • 悪寒
  • 倦怠感
  • 手足の発疹
  • 関節の痛み

子どもの場合は1週間ほどで症状がよくなりますが、大人の場合はそれ以上に症状が続くことも多いです。

3. 大人のヘルパンギーナのおもな感染経路

ヘルパンギーナのおもな感染経路は、以下のとおりです。

  • 接触感染(便や唾液に混じったウイルスに触れて感染)
  • 飛沫感染(せき・くしゃみや会話で飛び散ったウイルスに触れて感染)

症状がおさまっても2~4週間はウイルスが排出されつづけるので、注意が必要です。

子どもを看病しているうちに…

ヘルパンギーナにかかった子どもを看病しているうちに、子どもから感染してしまいます。

小さい子どもがいるパパ・ママは要注意!

ストレスや疲労で抵抗力が落ちて…

ヘルパンギーナの原因となるエンテロウイルス群は、どこにでも存在します。

小さな子どもが身近にいなくても、エンテロウイルス群に感染する可能性は十分にあります。

抵抗力が十分にあれば、ウイルスに感染しても症状は出ません。

しかしストレス・疲労で抵抗力が落ちていると、大人でもヘルパンギーナにかかることがあります。

4. 仕事はどうしよう?

基本的に、熱が下がって症状がおさまれば出勤してもよいでしょう。

ただヘルパンギーナの原因ウイルスは感染力が強く、無理に出勤すると周囲に迷惑がかかります。

しっかり休んで元気になってから、また仕事にはげみましょう。

直属の上司に相談し、会社の規定に従う

ヘルパンギーナの場合、法律で出勤を禁じられることはありません。

ただし、会社独自の規定で休業を命じられる場合があります。

直属の上司に電話で相談し、指示をあおぎましょう。

5. 大人のためのヘルパンギーナ予防法

1. 手洗い・うがいの徹底

外出後や食事前は、しっかり手洗い・うがいをしましょう。

水洗いだけで済ませず、ハンドソープでしっかり洗いましょう。

2. タオルの使いまわしは避ける

一部のオフィスや飲食店では、洗面所にごく普通のタオルが備え付けられています。

いつ誰が使ったかわからないタオルの使用は避け、できるだけ自分のハンカチを使いましょう。

3. 生活リズム・栄養バランスに注意

ヘルパンギーナが流行する夏は、夏バテや冷房病などで体調をくずしやすい時期です。

抵抗力が落ちていると、ヘルパンギーナにもかかりやすくなります。

暴飲暴食や無茶な仕事は避け、生活リズムと栄養バランスに注意しましょう。

4. むやみに人ごみに行かない

イベントが多い夏ですが、むやみに人ごみに行くのは避けましょう。

5. 家族がヘルパンギーナになったら

患者との接触は最低限にとどめ、タオル・食器の使いまわしは避けましょう。

看病する人だけでなく、家族全員が手洗い・うがいを徹底しましょう。

家の中でもマスクをつけ、できるだけウイルスが体内に入らないようにしましょう。

赤ちゃんの場合は、おむつ替えの後にしっかり手を洗いましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬