子どもが麻疹になったら食事や家でのケアはどうするべき?

1. 麻疹ってどんな病気?

麻疹とは、麻疹ウイルスに感染して10日前後の潜伏期を経て、以下のような症状が出る病気です。

麻疹の症状

カタル期(初期)

  • 熱・せきなど風邪に似た症状が出て、いったん下がる
  • 口の中に白い発疹が出る(コプリック斑)

発疹期

  • 39℃以上の高熱が続いた後、全身に赤い発疹が出る
  • 下痢や結膜炎といった症状が出ることもある

回復期

  • 徐々に発疹の赤色が薄くなります。
  • 熱も下がっていきます。

麻疹の合併症

麻疹は重症化すると、中耳炎肺炎などの合併症を引き起こします。

まれに、完治から数年後に脳炎を発症することがあります。

2. 麻疹の治療はどうするの?

ウイルスに直接効く薬などはないので、安静にして過ごします。

感染症による全身症状が出るので、常に全身状態を観察します。

長くせきが収まらない、熱が下がらないなど様子がおかしい場合は、合併症の危険もあるので病院へかかりましょう。

3. 麻疹にかかった時の食事やケアはどうすればいい?

麻疹のときの食事

麻疹にかかると、のどが痛み、食欲も無くなりますが、ほうっておくと脱水症状になってしまいます。

こまめな水分補給と、以下のようなやわらかくて消化の良いものを食べさせてあげることが大切です。

  • おかゆ
  • スープ
  • プリン、ゼリー、アイス
  • 果物のジュース

無理をして食べる必要はありません。食べられる範囲で食べさせてあげてください。

ただ、水分は必ずとるようにしましょう。

高熱と発疹への対応

薬が処方されている場合は、医師の指示通りに使用をします。

高熱時は太い血管がある、わきの下や足の付け根を冷やすと落ち着きやすい

入浴やほかの行動は?

入浴はせきや熱、発疹が落ち着いてからにしましょう。

体の抵抗力が落ちているので、症状が落ち着いても人込みなどにはすぐに出かけない

麻疹は体力や抵抗力も落としてしまうので、症状が落ち着いても無理をしないことが大切です。

保育園にはいつから行っていい?

熱が下がって3日以降なら登園・登校が可能となります。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬