ヘルパンギーナのウイルスの感染経路と対策は?どうやって予防する?

1. ヘルパンギーナとは?

乳幼児に多いヘルパンギーナは、夏に流行する病気のひとつです。

手足口病と似ていますが、ヘルパンギーナには以下のような症状がみられます。

1. 発熱

感染後2~3日で、39~40℃の高熱が出ます。

2. 口の中~のどの水疱

口の中やのどが赤くなり、直径1~5mmの水疱ができます。

水疱がつぶれると痛みをともない、ものを食べたり飲んだりすることが難しくなります。

3. 脱水症状

高熱のためたくさん汗をかき、体内の水分が少なくなります。

痛みのために水分を摂りにくくなり、脱水症状を起こしやすくなります。

2. ヘルパンギーナのウイルス

ヘルパンギーナは、おもにコクサッキーウイルスA群に感染して発症します。

コクサッキーウイルスA群のほかに、10種類以上のウイルスが原因となります。

一旦症状がおさまっても、別のウイルスに感染すれば再び発症する恐れがあります。

3. ヘルパンギーナのおもな感染経路

1. 接触感染

ウイルスが含まれた患者の鼻水・唾液に触れて感染します。

乳幼児の場合、遊具やおもちゃに付いた唾液からの感染に注意しましょう。

このほか、食器やタオルの使いまわしも危険です。

2. 糞口感染

便に含まれるウイルスにも注意しましょう。

おむつ替え後の手洗いを十分に行わないと、ウイルスが周囲に広がりやすくなります。

症状がおさまった後も、数週間~1ヶ月は便とともにウイルスが排出されつづけます。

3. 飛沫感染

せき・くしゃみや会話によって、ウイルスが周囲に飛び散ります。

飛び散ったウイルスは床やテーブルの上に落ち、そこに触れることで感染が広がります。

4. ヘルパンギーナの感染予防対策

1. 手洗い・消毒をしっかり行う

外出後や食事前に、しっかり手洗い・うがいを行いましょう。

水洗いだけで終わらせず、殺菌効果のあるハンドソープを使いましょう。

赤ちゃんの場合、おむつ替え後の手洗いを忘れずに行いましょう。

2. タオルや食器の使い回しを避ける

家族や親しいお友だち同士でも、食器の使いまわしは避けましょう。

見落としがちなのが、洗面所やトイレなどのタオルです。

できるだけ人数分のタオルを準備し、こまめに洗濯しましょう。

3. プールの時期は特に注意!

ヘルパンギーナは、おもに夏に流行する病気です。

症状がおさまってもしばらくはプール遊びを控え、プールの水からの感染を防ぎましょう。

4. 日ごろの生活習慣に注意し、抵抗力をつける

もしウイルスが体内に入っても、抵抗力が十分にあれば発症を防げます。

日ごろの栄養バランスに注意し、夜はしっかり睡眠をとって抵抗力をつけましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬