りんご病は一度かかったら大丈夫?それとも何回もかかる?

1. りんご病はこんな病気

1. りんご病の症状

りんご病とは、頬に発疹(紅斑)ができるのが特徴的な病気で、別名「伝染性紅斑」ともいいます。

頬に紅斑がでたあと、全身にもレース状・網目状紅斑とも呼ばれる発疹があらわれることもあります。

2. りんご病の原因

りんご病の原因ウイルスは、ヒトパルボウイルスB19です。

比較的感染力が弱いウイルスです。

潜伏期間は?

ヒトパルボウイルスB19の潜伏期間は非常に長く、10~20日ほどと言われています。

感染する期間は?

りんご病の症状である紅斑があらわれた時には、すでに感染力はありません。

潜伏期間中にみられる軽い風邪の症状(微熱・せき・鼻水など)がでているときに最も感染力が強くなります。

感染経路は?

りんご病の感染経路は、飛沫感染がほとんどです。

りんご病の予防

りんご病の予防は、マスクの着用や手洗いうがいが効果的です。

また、規則正しい生活や十分な睡眠、適度な運動をして免疫力を維持することも大切です。

3. りんご病の治療

りんご病を発症しても、頬や全身に紅斑があらわれる症状だけなので、特別な治療は必要ありません。

健康な子どもなら、10日ほどで紅斑は自然に消えます。

2. りんご病は一度かかったら大丈夫?

りんご病は一度かかると抗体ができます。

しかし、りんご病は感染しても発症しないケースが約半数近くあると言われています(不顕性感染)。

このため、りんご病に対する抗体があるかどうかは分からないことがあります。

1. りんご病の予防接種はあるの?

現在の段階で、りんご病の予防接種はありません。

2. りんご病の抗体検査はあるの?

りんご病の抗体検査は、血液検査で調べることができます。

3. りんご病の抗体検査はどこでできる?

病院、中でも内科で抗体検査を受けることができます。

りんご病は妊婦が感染すると、胎児に影響がでる可能性があります(胎児の貧血、胎児のひどいむくみ、流早産のリスクなど)。

妊婦の場合、産婦人科でも抗体検査を受けることができます。

ただし、抗体検査は自費になります。

費用は大体6000円~8000円ほどです。

3. りんご病は何回もかかる?

りんご病の原因ウイルスであるヒトパルボウイルスB19は、一度感染すると抗体がつくられます。

しかし、りんご病に感染したことがある人も、再び感染したケースが稀にあります。

妊娠を望んでいる人は、抗体があるかどうか病院で検査するほうが安心です。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬