妊娠後期・臨月に夫婦生活でオーガズムを感じると早産になる?

1. 妊娠後期・臨月に夫婦生活をして大丈夫?

基本的には問題ない

妊娠後期から臨月を迎えるころには、お腹がかなり大きくなります。

そのため、夫婦生活をすることに不安を感じるママもいるようですが、基本的には問題がありません。

ただし、妊娠前と同じように、激しい行為を行うことはおすすめできません。

ママとお腹の赤ちゃんの負担にならないように、配慮しましょう。

2. 妊娠後期・臨月に夫婦生活をする際の注意点

夫婦生活の際に気をつけるべきこと

妊娠後期・臨月に夫婦生活をする際には、以下の点に注意が必要です。

時間は短めに

夫婦で愛情を確かめるために、夫婦生活が長時間になることがありますが、妊娠後期から臨月にかけてはNGです。

裸でいる時間が長ければ長いほど、お腹が冷えて張りやすくなってしまいます。

妊娠後期・臨月に夫婦生活をする際は、時間は短めに済ませましょう。

コンドームを着用

男性の精液の中には、プロスタグランジンという成分が含まれています。

このプロスタグランジンが、子宮収縮を促す可能性があるので注意が必要です。

また、感染症を防ぐという意味でも、コンドームを着用するのが原則です。

妊娠中は免疫力が下がっているので、雑菌に感染する確率が高まっているからです。

パパに、協力してもらいましょう。

挿入は浅めに

妊娠後期・臨月に夫婦生活をする際には、挿入もできるだけ浅めにすることが望ましいです。

お腹を圧迫する体位も、避けてください。

お腹が張ったら中断する

妊娠後期から臨月にかけては、お腹が張りやすくなっています。

もし、性行為をしていてお腹が張ったら、すぐに中断して、安静に過ごしましょう。

また、出血がみられたときにも、性行為を続けてはいけません。

乳首への刺激は避ける

妊娠後期から臨月に性行為をする際には、乳房や乳首への刺激を控えることを意識してください。

これは、乳房や乳首への刺激によってオキシトシンというホルモンが分泌されると、子宮収縮を促してしまうからです。

切迫早産につながるリスクもありますので、十分注意してください。

清潔を心がける

妊娠後期から臨月に性行為をする際には、夫婦ともに入浴やシャワーの後、清潔な状態で行いましょう。

それにより、膣からの細菌感染を避ける効果が高まります。

トラブルがあるときは我慢

妊婦健診で、切迫早産や前置胎盤であると診断されたときには、夫婦生活はしないようにしましょう。

体調が落ち着いても、お医者さまの許可が下りない限り、夫婦生活は再開しないでください。

3. 妊娠後期・臨月に性行為でのオーガズムについて

オーガズムを我慢する必要はない

妊娠後期から臨月に夫婦生活をする際に、ママがオーガズムを感じないように我慢するという話を、よく見聞きします。

ですが、妊娠後期から臨月に性行為をして感じたときに、オーガズムを我慢する必要はありません。

ただし、お腹が張っていないかどうかは、気にするようにしてください。

オーガズムが早産につながることはない

女性が性行為でオーガズムを感じると、子宮収縮が起こります。

そのため、妊娠後期から臨月の夫婦生活でオーガズムを感じると、早産につながりそうで怖いと考えるママも多いようです。

ですが、子宮収縮とひとくちにいっても、この2つの性質は異なります。

まったく問題ありませんので、夫婦のコミュニケーションを楽しんでください。

4. 妊娠後期・臨月に性行為ついて

性欲がなくなる夫婦もいる

夜の営みは夫婦にとって大切なコミュニケーションの一つですが、妊娠後期から臨月にかけて、性欲がなくなるひとも少なくありません。

これは、女性だけでなく、男性にも起こることで、お腹の赤ちゃんのことが頭をよぎったり、体の変化に対応できないなど、いろいろな理由があります。

どちらかが求めている場合には、適度に付き合うことも必要ですが、気乗りしないのに無理強いするのはよくありません。

双方の考え方に違いがあるときには、もめ事になる前に、二人で夫婦生活について、しっかり話し合っておくことをおすすめします。

量より質を大切にする

妊活中は子づくりに励むという意味でも、夫婦生活の量も質も多かったというご夫婦が多いのではないでしょうか。

ですが、妊娠を機に、女性の心身は大きく変化します。

見た目に変わりはなくても、つわりなどの症状が起こることもありますし、妊娠の家庭でさまざまなトラブルが起こることも多いです。

そのため、夫婦生活の回数が減ったと感じるご夫婦もいるようです。

ですが、夫婦の愛情は性行為の回数ではかるものではありませんし、ママの体の変化に伴って、行為にも制限が出てきます。

それを理解したうえで、心を満たすコミュニケーションとしての夫婦関係を楽しむ気持ちを持つことをおすすめします。

また、出産後もすぐに夫婦生活を再開することはできません。

ママの体の回復を待ち、育児の状況も踏まえたうえで、無理のない範囲で夫婦生活を再開してください。

妊婦ママに必要な栄養素に絞って格安に!!オーガニックレモンの葉酸サプリとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る