人工授精後の後はどんな風に過ごすべき?腹痛や出血に注意!

1. 人工授精とは?

人工授精の方法

人工授精とは、女性の排卵のタイミングに合わせて、あらかじめ男性から採取していた精子を、器具を挿入して子宮内に直接注入して妊娠を目指す方法です。

タイミング方法で妊娠できなかったときに、勧められる不妊治療の一つで、妊娠までのプロセスは自然妊娠と変わりません。

人工授精後の着床時期

人工授精してから着床が成立するまでにかかる期間は、自然妊娠と同じです。

人工授精した精子が卵子と授精するまでに1~3日、受精卵が子宮内膜に着床するまでが約7日かかります。

受精卵が子宮内膜に潜り込み、着床が完成するまでには、約2週間かかるのが目安です。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

2. 人工授精後の過ごし方で妊娠の確率は変わる?

妊娠の確率は自然妊娠とほぼ同じ

人工授精での妊娠の確率は、約5~10%といわれています。

タイミング法での妊娠の確率は約3%ですので、それほど高い訳ではありません。

そして、妊娠までのプロセスも自然妊娠と変わらないので、人工授精後の過ごし方で格段に妊娠の確率があがるとは考えにくいです。

そして、人工授精で妊娠したカップルの多くは、3~4回の治療を受けて成功しています。

そのため、人工授精を5~6回試しても妊娠に至らなかった場合は、次のステップに進むことが多いです。

3. 人工授精後の確率をあげる方法は?

年齢が若いうちにチャレンジする

不妊治療の成功率は、年齢と反比例します。

人工授精での妊娠の確率は、自然妊娠と変わりませんので、1歳でも若いうちにチャレンジする方が、成功する可能性が高くなります。

避妊を止めてもなかなか赤ちゃんを授からない場合は、いち早く夫婦で不妊検査を受けて、早い段階で人工授精を試してみることをおすすめします。

4. 人工授精後に心がけたい過ごし方は?

妊娠しやすい体づくりを心がける

人工授精の成功率を上げるためには、日ごろから妊娠しやすい体づくりを心がけることが大切です。

冷え体質の改善

女性は男性と比べると、冷え体質の人が多いです。

ですが「冷えは万病のもと」といわれるように、体にとってよいことではなく、血流が悪くなることで、子宮内膜の成長にも悪影響が及びます。

冷え体質が原因で、生理不順となり、妊娠しにくくなる女性も多いので、日ごろから冷えの改善を意識しましょう。

睡眠時に腹巻をしたり、普段から足首を冷やさないように靴下を重ね履きする、日ごろから温かい飲み物を意識して飲む、適度な運動を行うことで、冷え体質を改善しやすくなります。

食生活の見直し

着床しやすい子宮環境を整え、妊娠率をあげるためには、体調を整えるために、栄養のバランスがとれた食生活を心がけることが大切です。

そして、子宮環境を整える意味では、葉酸の摂取が効果的です。

お腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを避ける意味で、厚生労働省は妊娠している女性に葉酸の摂取を推奨していますが、妊活を始めた時点から飲み続けることが望ましいです。

妊娠しやすい体づくりにもつながるので、積極的に葉酸サプリメントを摂るようにしましょう。

適度な運動

体内の血行をよくして、冷え体質を改善する意味でも、適度な運動はおすすめです。

人工授精後も、ウォーキングやストレッチなどを行うように心がけましょう。

ただし、マラソンなどの激しい運動はよくありません。

あくまでも、心地よい疲れを感じる程度の運動にとどめましょう。

ストレス発散

人工授精後は、妊娠したかどうかが気になり、神経質になる女性が少なくありません。

ですが、妊娠する確率をあげるためには、ストレス解消も重要な要素です。

日々の生活の中でストレスをすべて排除するのは難しいものですが、1日の中でリラックスタイムをつくるなど、ストレスコントロールを意識することが大切です。

人工授精後に避けたいこと

人工授精後に酩酊するほど深酒をしたり、夜更かしを続ける、喫煙するという週間を続けていると、妊娠の確率は下がります。

健康な体をつくるという意味でも、こうした生活習慣は避けましょう。

人工授精後の夫婦生活

人工授精後の夫婦生活については、受診している病院によって考え方が異なるようです。

基本的には、人工授精後に夫婦生活をもっても問題はなく、妊娠に影響を与える可能性は少ないと考えられます。

ですが、お医者さまによっては、妊娠の妨げにならないよう夫婦生活を控えることを勧めることがあるので、事前に確認しておきましょう。

5. 人工授精後の腰痛や出血について

腰痛と出血には注意が必要

人工授精は、基本的には痛みを感じることはないものです。

ですが人工授精の際に、器具を使って精子を子宮内に注入するため、終了後におりものに血が混ざったり、腰痛を感じることがあります。

症状が軽ければ問題ありませんが、出血量が多かったり、激しい痛みを感じるときは、すぐに病院に連絡してください。

まれに感染症にかかることがあるので、腰痛や出血には十分に注意しましょう。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

人工授精専門の病院を
探す・口コミを見る